冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. そこにある日常風景の旅 2代目。 

Sort by 05 2015

Category: 富山・情景  

◆【駅シリーズ】 富山地鉄の旅、、、、と言っても車でまわる旅。

電鉄黒部駅

ここ富山地鉄「電鉄黒部駅」の良い点は、駅ホームの端というかすぐ脇が一般道の踏切なので、こんな位置からでも気軽に撮影できるのがお得のような嬉しい駅なのである。


電鉄黒部駅とスノーシェッド

そしてJR奥羽本線の「大沢」、「峠」、「板谷」駅のスノーシェッドとは規模は違うけれども僕的には十分お気に入りのホーム風景、映画のロケ地にもなった訳である。


富山地鉄 東三日市駅

駅舎がお気に入りの東三日市駅、待合室内を撮ろうかと思って中へと入ると、高校生の宴会中(おでんパーティ、当然アルコールなし)だった。


荻生駅

例によって僕は訪れ目の前に昭和の哀愁を感じるような駅舎が見えた時は「ここかい?ここ~ぉ。ここが駅ぃ~」と期待以上の光景で嬉しとテンションも上がってくる。


富山地鉄本線荻生駅

ここでの物語りが始まる映画の駅のセットのような、どこか懐かしい駅舎風景の荻生駅。


舌山駅

舌山駅。


舌山駅上りホーム

富山地鉄本線が単線のため舌山駅で列車通過待ちの風景。


長屋駅

↓ 下の駅舎と似ているが、ここは「長屋駅」、レッドアロー号通過。


若栗駅

ここは「若栗駅」、駅舎は似ているとけれども白馬連山風景が近づいてくる。


栃屋駅と黒部の山

ここまで来て時間は午後4時20分、帰りの時間を考えると4時が限界だろうかと引き上げ時間だと決めていたのだけれども、ナビを見ると「すぐそこじゃんか。」と
ひとつ、もうひとつとキリがなくなってきて、ここの緑の小さい駅舎風景でこの日の撮影をやめた。


スポンサーサイト



Category: 日記・情景  

◆ 階段のある風景 筒石

筒石階段




筒石の階段




筒石の坂道




筒石路地奥




路地の階段


私的には路地だの裏路地がある所が好きである、平野の新潟住む僕としては階段、坂のある風景に惹かれるようである。
ここ筒石は、路地が、階段が、坂がある。そして路地のような狭い通りをはさんで3階建ての家が並ぶ風景がある。
ついでながら魚港もあり、印象深い舟屋風景、そして筒石駅である、当然僕にとっては大好きな町となる。

筒石の通り

この路地を歩いたのがお昼頃だったせいか、カレーの匂いがした、「昨晩残りかねえ。」と歩いていると若い世代の味の料理の匂いもしてきた、
お昼ってこともあるのか煮物とか焼き魚とはしなかった、それだけでここに住んでいるのはお年寄りばかりでなくしっかり若い次の世代が受け継がれているのだと知った。


県道 筒石橋からの風景




県道 筒石橋橋脚




筒石地区通り


僕の好物山盛り状態、4時間もかからなければもっと通うはずの筒石の風景。
地元上越の高田の方からコメント頂き 「こちらでは、つついし、でなく つづいし という。」と濁るのだとか。

あっ、ついでにいうと海も山もあった。


Category: 日記・情景  

◆ 糸魚川市 筒石の鯉のぼりの季節

筒石廂間




筒石橋




筒石2区 




筒石路地


昨年訪れた時は7月、路地のような筒石地区の通りのあちこちの軒先には七夕飾りがあった。
そして今回はGWに訪れたので鯉のぼりだった、昨年の七夕飾りのことなんてその時見たら僕の記憶から消えているはずだったが、
この鯉のぼりを見て、「そうだった、前に来た時は七夕飾りがあった。」とそしてぶら下がった短冊を読んで歩いたような記憶まで蘇った。
七夕飾りは家族構成に関係なく家の前に飾れるせいか鯉のぼりの数よりも七夕飾りの家が多かった。



旧国道端


路地入ると奥には階段があり登っていくと山すその道に出る、聞くと昔はここが国道8号線あり、その左に見えているのは旧国鉄時代の北陸本線だったそうで、
現在は旧国道は地区の駐車スペースになり、旧北陸本線部分は直江津から糸魚川までの久比岐自転車道(くびきじてんしゃどう)になっている。


筒石シロアリの看板のある風景




筒石の辻

そして国道は海岸線に新しく建設され、北陸本線はトンネル駅となり、そして今年からはえちごトキめき鉄道に変わった。
ただただ写真を撮りたいと訪れているだけなのに、段々と賢くなっていく自分だけれども、七夕の話同様にすぐ忘れてしますのであった。


Category: 日記・情景  

◆ 筒石漁港の南に位置する(新しい方の)舟屋

漁港側の舟屋の船




筒石漁港側の新しい方の船屋




舟屋の内部




船屋内部




今の船屋の出入口

古い方の舟屋は2度目だけれども、新しい方というか筒石の南にあるここの舟屋は初めて、今年になってからこんな所があったんだと知ったが、
でも漁港なんだから存在することに「そうだよなあ。」と至極納得がいった。


車の免許が更新がある、確か写真の提出があったようなと、せっかくカメラがあるのだから自分で撮るかと、撮った。
レンズは50mmだなとなどと三脚にセットして自分でレリーズボタンを押す自撮りである。
けっこう緊張するものである、体の向きは良いか、目線は良いか、襟元は整っているか、髪はと、そして”こんなもんか”とレリーズのボタンを押すと
シャッターが「ポシャリ!」、実に良い音なのである。あとは免許更新通知書のはがき待ちだったが、誕生日ひと月前になっても中々届かないのである。
催促の電話をいれるかと、ついでに免許番号とか聞かれた困るなと運転免許を用意して電話、その前に免許証を見ると
「平成28年の誕生日まで」だった、
あれ、今年は平成28年だよなあ?、、、、となんか違うようなと感じつつ家族に「今年何年だっけ?」とボケたような質問した。

あと、1年じゃん。しかし、5年期間は長いわ、人相だってかなり変わるぜ。


Category: 日記・情景  

◆ 筒石の北側にある(古い)舟屋の風景

現役かどうかわからない筒石の船屋




IMG 筒石の旧船屋




筒石の旧船屋のボート




筒石の旧船屋




筒石海岸の旧船屋


筒石漁港に舟屋が2ヶ所ある、こちらは昔からのもの、すぐ後ろを国道8号線を車がバンバン通っている。

夏場の海はこんなものだが冬の荒れた日本海なら船を繋げるどころか、こうやって吊るしておかないと波でボートが持っていかれるか、
波を被って沈んでしうまうかもしれない、またここは現役なのかどうかわからない。
当然乗り降りの利便性もあるのだろうが、長い生活、歴史で考えられたものなのだろう。


Category: 情景・モノクロ  

◆ えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン 「 筒石駅 」

ETR えちごトキめき鉄道 筒石駅 下りホーム




筒石駅 連絡路の階段




ETR えちごトキめき鉄道 筒石駅 上りホーム


ここ もともとはJR西日本なので大阪駅が起点でここから富山方面が上りになる、入って来たのは直江津方面の下り列車、
当然JR東日本だったら東京駅が起点になるのでこの電車は「上り」になるのだが、めったに電車に乗らないとはいえ上り下りが逆にはちょっと抵抗があった。


下り 直江津行き



JRの名残りのある 筒石駅 上りホーム


今年3月から北陸新幹線開業で運営はJR西日本から「えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの筒石駅」になった、実に長い名前である。
口に出して言うだけでも口がくたびれるほど、もっとも日常は「筒石駅」で通るのだろうが。
そんな駅を昨年夏JR西日本の風景をと、北陸新幹線開業までにはと訪れたのだけど、今年行ってみると変わったのが「えちごトキめき鉄道」と案内板以外変わりなかった。
入場券は140円だったし、記念のポストカードもくれた。入場券の切符も記念にもらって良いかと聞くと「どうぞ。」ともらえたし、
地上駅舎から地下の上下ホームへと降りたり登ったりの疲れるも同じ、ただこの時300段くらい降りたホームで撮影中カメラのバッテリー切れで、
車まで予備を取りに戻ったりで300段を2往復した。ひんやりとしたトンネルの中でもさすがに引き上げ際には汗が大量に流れた。

ともかくJRの名残りのまだまだあった地下のホーム風景だった。
ちなみに新潟県内は地下のホーム駅は2ヶ所、ここ「筒石」駅と、ほくほく線「美佐島」駅、両方とも初めて訪れた時は新潟にもこんな所があったんだと感動した。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >