冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◆ 柏崎番神岬

柏崎市番神神社




赤い鳥居のある番神岬




番神岬


恥ずかしい話、カメラを始める前は歴史だとか、神社仏閣にあんまり興味がなかった。
そんな訳で、情報とかは入ってきても興味がないから耳に入っても相手に合わせるように僕の返す言葉は「(力の抜けた)へえ~。」だった。


番神岬の岩場


カメラを始めてまもない頃、買ったは良いけど仕事以外で何を撮っていいのかわからず宝の持ち腐れ状態、それがある日柏崎に行かないか、
番神岬に、番神堂、柏崎の街を撮ってみようではないかと誘われた、番神堂なんてわからない頃で、誘われたがまったく興味なく初めは断ったが
「昼飯をおごるよ。」とかなんとかで乗せられた、「しょうがねえなあ。」と来たのがここ番神岬だった。
当時はここがどんな所かも知らず、僕には何故に海辺に神社があるんだろう程度だった。


柏崎市西番神海水浴場




西番神海水浴場


それがいつしかカメラにハマると見る目、聞く耳が変わり、3度目だったかで、番神岬に佐渡に島流しされた日蓮上人が、放免になったが戻ってくる船が難破
そしてどうにか日蓮上人が泳ぎ着いたのがここだったらしい。
カメラは写すだけなく知識も広げてくれるものだとわかっていたら、もっと早くカメラを始めていたのに。

日蓮上人の頃、当然ここまで海水浴場なのでレジャーしていなかったはず、日蓮上人が難破し泳ぎついた浜辺が今は海水浴場に、
そんなそんな事を全く知らない、興味のなかった僕も、時の流れでそれなりの情報得て、時間というのは不思議に思う事がある。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/05(水)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ JR月岡駅で貨物発車される

羽越本線月岡駅貨物列車発車




月岡駅の貨物列車




JR月岡駅貨物列車発車




JR月岡駅


羽越本線の月岡駅に貨物列車が止まっているのが見えた。
その「月岡街道踏切」で一旦停止して左右確認していると「どうしようかなあ。」と迷ったが、「いっちゃれ~。」って感じでハンドルを切って月岡駅へと向かった。
月岡駅では何度か貨物列車が停車しているの撮ったことがあり、だいたい夏場が多いので、この日青空の下撮ることで夏を早取りでもしようか思ったのである。

しかし、駅が見えてくると「え、え、えっ!」、貨物が動き出した、「さっきまでどーんと止まっていたにの僕が来たから発車ってそらねえだろう。」と仕方なく
駅改札口前の窓を空け顔を出して撮り何とかセーフ、そしてその時頭には以前にここでトワイライトエクスプレスを撮り来て午後8時で暗い中撮影で
ブレブレを量産、お陰リベンジまでしたことを想い出し、あれもこんな昼間に通過だったらブレブレも心配なかったのに~と思い浮かべた。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/03(月)  00:04 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 田んぼだって風景は変わる

荒川送電線とハト




新発田市荒川畑風景




荒川地区田んぼ


いつの間にやら田んぼの風景が変わっていた。
正確には”田んぼが”ではなく、その向こうに見える山に太陽光パネルで埋まっていた。「あんなんがいつ出来たんだ?」とその光景は
ただの田んぼの風景が太陽光パネルとは関係なくてもこの田んぼにはハイテクの仕掛けでもあるのでや?と見えてくるからおかしなものである。


荒川田んぼ風景




新発田市荒川地区田んぼ風景




新潟平野の見える本田田んぼ風景


新発田市本田の小高い所路から見た新潟平野の端っこなる、新潟市の高層ビルだの煙突だのが見えるが視界が良ければ佐渡島まで見える。
要するに平らでそれも田んぼだらけで視界を遮るものがないって事になる。
そんな平野の端っこの田んぼから湧き水が湧いて出ている、、僕の撮り始めた時はだれもいなかった、そこらの風景を撮ってからその田園風景撮ろうと思ったら
あらよあらよと車2台水汲みに来た。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/02(日)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◆ 荒川遅め田植えの頃

荒川地区田んぼ風景




田んぼのカーブミラー




新発田市荒川地区田んぼ


新潟県平野部にある新潟市付近の田植えは大体GWの連休を利用して大体行われる、農協推奨はもう少し後だと聞いたことがあるが、
会社勤めと農業も営むいわゆる兼業農家は、休みがまとめて取れるのでGWに行われるらしい。


荒川地区の田んぼ




新発田市荒川地区


当然、その時、人の手も必要になるので親戚、知り合いなのどに「手伝ってくれ~」となれば、尚更連休とかが尚良い。

ただ新潟県は広く南北に長いので一概に全部がそうとは言えないし、平野部の端っこのちょっと山に入った地区の田んぼでは、そんな平野部に比べて
遅め(遅いのか農協推奨時期なのかわからないが)。

ともかく平野部からちょっと山へ入った新発田市荒川地区の田植えが終わったばかりの山あいの田園風景。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/01(土)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

◆ 荒川剣竜峡の流れ

若葉




剣竜峡の若葉




剣竜峡のキャンプ場の机と椅子


土砂崩れのため通行止めになって人も来ない剣竜峡で、ひとり三脚を立てて撮影、奥院入口へと行くと、”熊出没注意”看板にやっぱり目が行った。
その瞬間から、どこかの木陰からこちらを見ているような熊視線を感じて来た。


熊注意


「いるとすると、あそこあたりか。」とカメラのレンズ越しで木陰をのぞいていると、何やら動いた。
そしてカメラでなく肉眼で確認すると、何もいない。「オイ、オイ、オイ。」と背筋がヒヤリとしてきて、足の重心は後へ。

そしてゆっくりと再度その方向を確認すると暗めの色の服を着た女性だった、こんな所を一人で?と驚いたが、もう一人出てきた、娘・母親だった。
熊の看板でビビっている僕は「女ふたりで怖くないのか。」と不思議に思いつつも、ビビっていた僕は人間恋しく、この親子に近づいて行ったが、
僕を避けるように二人はいなくなった。


せせらぎ聞こえ




剣竜峡の流れ




荒川川


僕はともかく、せせらぎ聞こえる荒川剣竜峡を撮って撮り引き上げようした時、デカいステンレスの案内板を子供の腕ほどの木の枝で「ゴーン、ゴーン!」と何度も叩いた。
熊除け、猿除けだったが時おり、離れた所から物音が聞えるとビビっり、持っている三脚でどう対処するかと頭の中でシュミレーション始めた。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/30(金)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 新緑の荒川川

剣竜峡のせせらぎ




荒川川水面




キラキラ光る水面




荒川川


新緑でも撮るかと荒川の奥の剣竜峡へいったら、途中で車両通行止めになっていた、予想もしなかった。
「なんだ、なんだ?」とその先は車は行けないが徒歩なら行けるらしかったので、歩いて剣竜峡をめざした。すると土砂崩れあったらしく
その場所にブルーシートに覆われていた。それを見て「この先はだいじょうぶだろうか?」とちょっと心配になってきて、徐々に人のない山道に心細くなり。
猿なら良いが人間の気配なくなった所へ熊でものっそりと顔を出さないだろうかとそんな事を考えてだしたら、足の進む速度が落ちた。


荒川川




荒川




剣竜峡にある参道


普段なら、人の姿、車とか見掛けるし、時折バードウオッチングのおっさんたちにも出会うのだが、よく知っているはずの山道だが誰もいない光景に
目に見えない視線を感じたのだった、、、、それは僕jがビビっていたからだと思う。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/29(木)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◆ 芽吹きの頃

芽吹き



五十島




阿賀野川




阿賀野川河畔




五十島の芽吹き


僕はこんな芽吹き始めた新緑が好きなので撮っているけれど、そんな僕の姿を見ているだろうに、車は止まらず通り過ぎて行った。
1台くらい車から降りてきて 「いいですねえ。」と言ってくる人、僕よりもちょっと先に車を止め、降りてチャチャチャとスマホで撮影ととか、
そんな光景があっても良さそうだがと思ったが、そんな光景は最後までなかった。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/28(水)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1134)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (21)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (123)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (18)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (27)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村