冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 銭湯のある風景

銭湯風景



銭湯の煙突


今はまだあるのだろうか、奈良県奈良町にある銭湯前のれんの揺れるシーンが印象に残っている。
新潟市のとある銭湯の前を通ると夏の日差しに当たるのれんが揺れていた。
そしてついつい目線は「あれ?脱衣所ばかりか浴槽までまる見えじゃん!」と眺めている僕はビックリ、こんな風に覗いていいのだろうか?
それともまる見えにしているこの銭湯が悪いのだろうか?などと思いつつ、よく考えると”(たぶん)開店前”、銭湯の奥にちらりと見える洗い場の光が夏だった。


窓から見える銭湯の扇風機


学生時代は銭湯通い、そして開店時間に行って一番風呂、窓からは明るい光が差して気持ち的に「贅沢しているなあ。」と思えてくるのが気持ち良かった。


関連記事

Newer Entry◇ 夏祭り monochrome

Older Entry◇ 上大川通を歩く

 

Comments
Edit
にゃん太郎さん、こんにちは♪

いい風景ですね、銭湯懐かしい!
のれんの隙間から奥見えますね。
でも男湯だ、にゃん太郎さん、ざんねーん(笑)
いや、まだ準備中だったんですね。

右側の壁に出来ている影もよい感じ^^素敵な一枚です。
3枚めの上の方にちらりと写っている扇風機もツボに♪

お写真見ていたら色々思い出せて楽しかったです。
ロッカーもあったけどおばあちゃんとかは
脱衣カゴ使っていたなとか、靴箱の鍵は木だったとか・・・
なんだかのんびりしていていよかったなぁ。
って、書くといつの人なんだい?って思われちゃうかな(笑)
Edit
最近近くの古い銭湯(容輝湯)によく行ってますが、のれん1枚でソトとウチが仕切られているだけ、昔はオープンだったんですね。最初は驚きでしたが、慣れてくると、裸なんてそれほど隠すもんでもない、きゃーっなんて言って隠す方がナンセンスだなんて思ってしまいます。笑
ならまちに行ったときは、まだ銭湯が開いている時間じゃなかったからのれんがどうとかはわからないのですが、煙突はいくつかあって、どこも良い感じでしたね。

Edit
銭湯はなんとかして残って欲しい文化ですねえ。この先どうなっていくことでしょうか。
我が故郷にも勿論ありました。漁の間、入浴などできなかった船員たちが身も心もさっぱりしたくて、とるものもとりあえず、広い銭湯の浴槽に入りに来ていました。
あの銭湯もいまは無くなってしまったようです。時代は変わってしまいました。
Edit想い出すね~
”にゃん太郎”さん、おはよう

銭湯・・・この懐かしい響き。暖簾を潜り十円玉を番台に出す。扉越しに女風呂脱衣場が見え隠れ・・・

小学低学年の頃は銭湯に行っていた。
湯の温度が高く入るには手間取った。
そんな時、近くの威勢のいいオジサンが、「男だろう~、〇〇玉、ひん握って入れ!!」と・・・

昔は、現在と違い大人も子供もコミュニケーションが出来ていたね~。
こんな些細な事だが事件を防いでいたのでしょうね。
EditRe: Mikaさん こんにちは
男湯とはいえ、奥まで見える、、、「こんなん見えていいんかい!?」と思いつつも
陽に当たる入口がなんか良くって撮って見たんですが、開店前なら店の横にもまわりカメラを向けていましたが
あれが営業中だったら男湯とはちょっと撮れんかもしれませんわ。

当初、Mikaさんのブログを訪問始めた頃は、「20代?」かと思ったんですが
最近は年齢を足したり引いたりしえ修正しておりますわい。

銭湯の下駄箱なんですが、いつもいくと良い数字って埋まって(使用中)ますよねえ。
「3」とか「7」とか、そんな番号が空いていたりすると
今日は良い日だと思ったりしてましたわ(笑)

映画になった銭湯漫画「テルマエ・ロマエ」、あれを見ると実に銭湯では
みんな同じような感覚でいただと思いました。
風呂上がりのフルーツ牛乳をプッチとフタをあけてゴクリと飲む旨さ (* ̄O)◇ゞ ゴクリゴクリ
しっかり片手が腰に行っている。

EditRe: いろもりカラスさん こんにちは
手足を自由に伸ばせる銭湯は、家に風呂があっても行っている人が多いようですね。
そしてスーパー銭湯なるものまで最近はあちこちにできてますが、
昔から銭湯がやっぱりいいですね。
僕も以前新潟市に銭湯巡りをしてたんですが、ほとんどなくなりました。
今から思えが行っておいて良かったと思いますわ。

とはいえ、僕はやっぱり隠すものは隠しますよ、
つうか、こんなもんお見せしてお恥ずかしいと思えてますわ。

銭湯なのでが、これも関東と関西はどうも違う違うようですね、
昔京都の風呂屋に行ったおりカルチャーショックでした、
関東は壁にそって湯船があるのですが、京都では洗い場の中心にありました。

関係ありませんが、風呂が気持ちよくなって来た今日この頃、秋でしょうかねえ。




EditRe: AzTakさん こんにちは
戦闘を残すにはみんなが行かなければならないですよね、
商売も合わないので後継者も出来にくい。
グーグル・マップ・ストリート・ビューで学生時代に通った銭湯、
ことごとくなくなってましたわ。

今は銭湯はほとんど行かなくなりましたが、こちらは田舎なので
車を走らせれば温泉の共同浴場がありますので時々行っておりますが
銭湯はなくなっているのに、温泉の共同浴場はいつも混んでますよねえ^^
EditRe: 想い出すね~ 夢旅人さん こんにちは
男なら一度は番台に上がってみたかったですよね。

風呂が家にまだなかった子供の頃は近所に銭湯があったんですが
今はどこの家庭も家に風呂があるようになり銭湯も減りましたね。
そういえば「もらい湯」なんてのもありました。
これも当時の人情の賜物でしょうか。

銭湯にいくといつも深くて暑い浴槽に入ってました、
今日は「熱いなあ。」と我慢して浸かってましたが、多分今は同じ温度なら絶対入れませんわ(^^ゞ
Edit
こんばんは
すでに絶滅危惧種の銭湯ですね。ずいぶん減りましたが、私も学生時代はお世話になりました。
危なっかしくもメチャメチャ補強された煙突がすてきです。
EditRe: ややさん こんばんは
銭湯入浴=風呂のない家、アパート住まいとかだったんですが
今では、どこの家庭も風呂はあるし、アパートも今は風呂付きが当たり前、
しかし、今ままでに何人かの銭湯に行ったことがない女子と話をしたことがありましたが
どことなく上から目線のような口調で「私、お風呂屋さんて行ったことないのですよねえ。」と言ってくる。
それって私は若いから知らないし、昔から家には風呂があったんだと言いたいのでしょうが、
人種が違うな僕は感じました、、、それえにややさんの学生時代にお世話になった、、、実によいお答えですわm(_ _)m

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >