FC2ブログ

◇ フレッシュ本町通り、夏

犬山にゃん太郎

赤いダクトのある路地



梅屋小路



フレッシュ本町のテント風景


麦わら帽を買った、以前からある帽子屋の前を通ると気になってものがあった。
自分がかぶったらこんな感じだろうかと想像しつつ、「いいじゃねえか。」と思っていたが、踏ん切りついてやっと帽子屋の扉を開けて店内に入った。
省エネ中なのかエアコンはついてなく、もわーとしていた、省エネというより節電だった。
店の外から見ていた帽子、近くで見るとなーんか違った。「他にありませんか。」と聞くと奥へ案内、ガラスケースにズラリと良いのばかり。


フレッシュ本町のアーケード



フレッシュ本町の露天商



「パナマ帽です。」と勧められたのは軽くて色といい形といい、まあまあグッドだった。
「これいいなあ。」と言ったら、かぶってみてくださいと言われ、かぶろうとする前に一応値札を見たら2万4千円だった。
僕は、「えー!」と大想定外の値段に僕は声をあげ驚きつつ、試しかぶりもしなくて「もっと安いのはないですか。」と云った。
そしてある言葉を思い出した。
「骨董店では高価で貴重な物は、店の奥の店主の脇にある。」、帽子店も同じ良い物は奥にしっかり目の届くガラスケースに入っていた。

結局僕の買ったのはつばの大きい7千円の麦藁帽を買ったのだけれども、それよりも僕の中ではパナマ帽が「2万4千円」が印象に残り、
買った帽子をかぶり街を歩いてしばらくの間パナマ帽の人を見るたびにこの人のは「2万4千円をかぶっているか!」とじろりと目線でみた。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 8

There are no comments yet.
和 八葉

このおじさんが買った帽子は、ダイソーからです。

  • 2014/07/31 (Thu) 06:46
  • REPLY
AzTak

あはは、対面販売の一番厳しいシーンかもしれませんね。
会社の年下の同僚で、あれこれ店の人に確認し、いろいろのものを出させ、挙句の果てに『また、来ます』というのが得意な奴が居ました。一緒にいるときにそれをやられると、焦りました。
にいがたも、暑い暑い夏が到来したようですね。

kanageohis1964

こんにちは。

確かに、上物はむやみに目に付く場所に置いておかないのが日本の伝統的な商品陳列でしたね。反物なんかも上客にしか見せない、なんてことがあったと思います。
今はどうでしょうね。店の作り方も全然違いますし、売り物を陳列しないなんてあり得ない、なんていう方向に変わってきているんでしょうね。

  • 2014/07/31 (Thu) 07:40
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 和 八葉さん こんにちは

昨年買った帽子、4千円もだしたのに、100均並みの出来、
いいなあと思っても昨年1年でお陀仏になりましたので、今年は良い物を、、、でも2万4千円(税別)は手が絶対にでませんヽ(;▽;)ノ

  • 2014/07/31 (Thu) 10:13
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: AzTakさん こんにちは

大人になって減りましたが僕は、ひやかしがまずはできない、お客についてくる接客サービス。
そうなると店に入ったら何かを買わないと出れような、申し訳ないような塩梅、
近年時代がお客に勝手に見て選んでもらうようになって安心して買えるようになりましたが、
店員さんに聞きたいことがある時に限っていないですよねえ。

  • 2014/07/31 (Thu) 10:18
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: kanageohis1964さん こんにちは

反物、、、、全く縁がないので知りませんでした。
しかし、自分自身でも大事なものは手に届く所に置きますもんねえ、
店先で時折雨が降ってきて高い物が濡れたら売り物なりませんもんねえ。
以前は店に入ると店員さんがついてくる、これが嫌でした(笑)
それがいつしか、時代なのかついてこなくなってありがたくなりました。

とはいえ、予算があって、それの何倍もものを見せられてもて、、、、手がでない時はあっさりお断り、、、
昔はこれができず、気に入らないデザインを勧められて・・・「買わされた」、、、そんなんでありました。
その点今は、お客放任主義的なスタイル、、、汗をかいて買う事が減りましたわ。


  • 2014/07/31 (Thu) 10:25
  • REPLY
香月 りら
犬山にゃん太郎さん

麦藁帽 とうとう買ったのですね
これで 二人は麦藁帽繋がりですね
それもつば広繋がりでもあります

最後のお写真
右手パナマ帽の男性入れ込みがいいですね
この男性のパナマ帽のお値段が気になります

犬山にゃん太郎
Re:香月りらさん こんばんは

麦藁帽、気になっていたパナマ帽は買えませんでしたが、
とりあえず昨年あちこち探しまくっていた形の帽子に出会えました。

キャップなのはたくさんあるのですが、パナマ帽は持ってませんが、、、いい勉強になりましたわ。

つうか、僕は帽子で2万4千円も出す程のオシャレではないのだなあと、
ちょっとばかり自分にがっかりしました。

暑い日が続いております、どうかりらさん夏の太陽には気をつけて下さいね。

  • 2014/07/31 (Thu) 22:21
  • REPLY