冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 路地でのやつとの戦い

路地の猫


路地でやつと俺は、対峙した。
離れているからと気安く俺が一歩足を踏み出そうすると腰を上げるような体制、俺が止まるとやつは腰を低く下し、そしてちらりと脇見をする。
すると俺は一歩右足をそっと前に出し、カメラを構えもう一歩行けそうかと左足を前に、するとやつは腰上げる。そんな繰り返し。
やつの”間(ま)”に耐えられなくなって負けた俺は、「このへんで勘弁して撮らせて下さい。」とシャッターを切った。
写真は戦いであった、、、、、、、、、、、(* ̄O)◇ゞ ゴクゴク



関連記事

Newer Entry◇ My Summer vacation

Older Entry◇ Life、脈々と

 

Comments
Edit
おはようございます。
すてきな距離感で、緊張感が伝わってくるような。「知らない人間なんかに、簡単になびかないも~ん」みたいなプライドも感じられてすてきです。
Edit
お早うございます。

 奥行きが不思議ですね。
 今にも逃げ出しそうな
 腰の浮いた状態は
 諦めるしか無いのがよく分かります。

  溜息が出たのでは・・・(笑)
EditRe: ややさん こんにちは
本来ならもっと近くても大丈夫なのかもしれませんが、
狭い路地ですかねえ、猫に警戒心を抱きやすいのかもしれませんね。
そんなことが僕にもわかったので離れているから大丈夫とは思えず、一歩一歩が気軽に前に出ませんでしたわ。
猫は気軽に近づけるものと、離れていても逃げていく猫がいますよねえ、先日も海辺で逃げられましたわ。
EditRe: higemajinさん こんにちは
同じ猫でも広いところだったら状況が変わったのかもしれませんし、
やっぱり同じだったのかもしれませんが、正直猫は性格は読めません、猫撮り難しさですね。
もっとも路地と猫がテーマのような場面だったんで近づく必要もなかったんですが、
もう少し前と行こうとすると腰をあげて逃げ腰体制、それなら逃げる前に一枚と撮りました^^
Edit
路地の向こう、遠くにいながらも、なかなか存在感を感じさせる奴ですね。
と言うより、遠くにいるからこそ、印象的なのかもしれません。
Edit
こんにちは ^^

ドキドキして 読みましたよ
にゃん太郎さんの様にプロフェッショナルな人でも 
シャッターチャンスは戦いなんですね

私はいつも 手振れとの戦いですが ^^ 
Editほんと
猫とのあの間の取り合いは毎日のことですね。
まじでうけました。
そして私も100戦、100敗です。
猫はたくましいですからね~
そうですか、犬山にゃん太郎さんでも負けるなら
私に勝てるわけがありませんね。
たまによってくる猫が居たりすると、
思わず狼狽したりします。
猫は人のいうことを聞いてくれませんしね。
またお邪魔します。
EditRe: Wansukさん こんばんは
猫も心の準備っていうのが必要なんでしょうかねえ、
見知らぬ人が誰もいない路地の向こうから静~かに近寄ってくる
「俺は狙われた!」とやっぱり野生の記憶残す猫はそう思って逃げていく
でも人間世界に暮らしている猫は気持ちの半分は「待てよ、このオヤジの様子を見よう。」かと
中腰だったり腰を落としたりと猫の葛藤があったのかもしれませんね。


EditRe:まりさん こんばんは
猫って難しいですねえ、実は猫撮影の上手い人がいるんですが、
ブロブは海外へと行っているので休業中、9月頃には復活するかと思われますがので
そのときはお教えしますわ。、、、、まるで猫使いですが、
僕は遠く及ばす、離れた猫さえも逃げていきますわ。

写真の被写体は、止まっている動かない静物は誰でも撮れますが、
動くものはちょっと難しい、特に猫は思うようなポーズを撮ってくれら儲け物ですわ。

手ブレ、、、それも味があればそれもありですよ。



EditRe: ほんと・・・・kozoh55さん こんばんは
猫、目の前撮らせてくれる猫いれば
近づくことさえ許してくれない猫もいますよねえ。
おっしゃるように足元に慣れなれしく寄ってくるのもいる。
このあたりの人間様の頭で読めない行動をする猫が面白のでしょうねえ。

本日、とある史跡に行きました。
猫が池の周りに飛んでくる鳥を狙ってました、その姿はまさに虎、ライオンでありました。
案の定獲物を逃がして帰っていく姿も猛獣でありました。

変な話猫が自分よりも小さいので余裕で見てられるんですが
虎並みの大きさだったら、、、こんなんでも命がけの撮影ですね

Edit犬山にゃん太郎さん
路地にある 夏の日差し
左右にあり家並みのダークな色
石畳の先にいる 主役の存在感が顕著です
EditRe: 香月りらさん こんばんは
アップで撮れる猫いれば、近づくことも許してくれない猫もいる。
猫は気ままなのか、まだまだ野生を忘れていないのか、
昔は猫はあんまり好きでなかったのですが、今では写真を撮ったりして
それ以前に、ハンドルネームにまで「にゃん太郎」ですからねえ(笑)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >