冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ JR筒石駅の「上り」と「下り」

筒石駅の水道蛇口



糸魚川方面上りホームと反対下りホーム




出口


この駅で、「おやっ?」と思った、上りと下りが逆だったのはミステリアスだった。
今までは、JRは東京駅へと向かっていれば「上り」、東京駅から反対方面に向かっていれば「下り」なんだと思っていたが、
ここ筒石駅から東京駅とは逆の富山駅方面が「上り」だった、


駅表札




糸魚川方面ホーム待合室



それで新潟県直江津・長野方面が「下り」、どう考えても東京駅までの到着時間は近くて早いはずだで、それが「上り」が自然なのではと思うが、
それはこの駅の管轄がJR西日本だからか、一度富山経由で東京を目指すってことで富山方面が上りのなるのだろうかと思った。

だったら今度開業になる北陸新幹線はどうなるのだろか、やっぱりその場合は富山・金沢方面は東京から出発なので「下り」となるはず、、、、などなどちょっとばかり気になった。



関連記事

Newer Entry◇ JR筒石駅

Older Entry◇ 筒石のメインストリートと家並

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎さん
一枚目の俯瞰撮影されたお写真
一際 印象的です
まるで 自分がそこにいて
落ちてしまいそうな気さえします
ミステリ小説に登場しそうな気配のするところ
右手蛇口入れ込みが さらに不思議な世界を醸しだしています
Edit
ホームの幅の狭さが印象的です。怖がりの自分だったら、壁のシミと言われそうなくらい、壁にひっついていることでしょう。(^_^;)
書いておられた通り、『上り』『下り』は首をひねる事例が結構ありますね。例えば、磐越東線は何方が上りなんでしょうか。
EditRe:香月りらさん こんにちは
駅舎周りをしていて、嬉しい、感動するのは
それまでも見たことがない駅(外観、システム)、
そして改めて地域密着的構造なのかと納得したりして、
「なるほどなあ。」と驚きしつつも納得したりする。

地下鉄に乗り慣れている関東の方なら、ある意味ではなんも珍しくないではないかと思われますが
ほぼ100%地上ホームの駅ばかり見ている僕は新鮮であり、
そんな階段に突然のように水道の蛇口、清掃等で使用のものなのでしょうがミステリアス気分を増加させました。

EditRe: AzTakさん こんにちは
>ホームの幅の狭さが印象的です。怖がりの自分だったら・・・・
まずないです、珍しさにまずは「ほー、ほー。」と周りを見渡す、
帰りに階段と坂で「いやあー、きつい。」と思うくらいです。
>例えば、磐越東線は何方が上りなんでしょうか。
だいたい〇〇方面は何番線の表示でした、かえって上下の表示がややこしくなりそうですね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >