冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 筒石のメインストリートと家並

筒石メインストリートと長靴干し



筒石の廂間



筒石の家並



理髪店のある風景



筒石廂間


筒石で下町風景を見た。
狭い路地に向かい合った家、隣のさんまを焼く匂いまでもしてくる、ともすれば隣の家のテレビ・ラジオの音が聞こえてくる下町の風景があった。


筒石の屋根風景


それでいて時折三階建ての家がある、僕の見る筒石の町並みはにやけるほどのだったが、端から端まで集落をあるいてもたかが知れただろうが、
この後も駅撮り周りに頭がいっぱいで足早撮影だったを今は後悔している(このあと17駅とホテルチェックイン時間6時の時間制限)。


関連記事

Newer Entry◇ JR筒石駅の「上り」と「下り」

Older Entry◇ 筒石(つついし)の船小屋

 

Comments
Edit
どうしてか漁港がある地区は建てこんだ感じがありますね。今ならば、車で他所から駆けつけることも可能なんでしょうが、昔はいち早く船にたどり着く環境が最優先されたのでしょうね。
斯くして、隣の食べ物も、会話も、何もかも筒抜け。いいのか悪いのか、よくわからない住環境が現出したのでしょう。
EditRe: AzTakさん こんにちは
筒石に行ってみればわかるかと思いますが生活圏の土地が狭い、
前は海、後ろは山、そこ中心を新潟と富山を結ぶ国道が走るので土地が限定され
ある意味土地を有効に使うので船小屋形式同様に3階になったのかと、だいたい本来は1階は漁関連の物置が始まり、
2、3階が生活区、、、今では、立派な港も近く出来たことでそれが変わってきたものだと、歩いてみて感じました。
Edit犬山にゃん太郎さん
狭い土地を有効に活用しているようですね
それは 実用性ゆえのことでしょうが
その煩雑さゆえの美も感じます
この地に住む方にとっては ご苦労も多いかと思いますが・・・
被写体としては 魅惑的ですよね
EditRe: 香月りらさん こんばんは
やっぱりここは訪れてこそ「なるほどなあ。」と思えるくらいいいのですが、
それがブログでは伝えられないのがちょっと悲しいですわ。

下町と漁村が一緒になったような所であり、
ボクとしては見たことがなかったので感動的でありました。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >