冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 雨に濡れても

北方文化博物館の藤



雨の藤



藤よりも傘だね



ライトアップの藤の花



北方文化博物館の母屋屋根

藤の花に夕方6時からライトアップする北方文化博物館に2年ぶりに行った。
午後6時まで暇を潰している時は晴れていたのに、公開間際6時前からポツリポツリ雨が降り出した。

雨の撮影、三脚に傘、「やれやれ。」の日だったが藤の花よりも傘の方が目立った日だったが、情景派の僕にはこちらの方が良かったのかもしれない。

関連記事

Newer Entry◇ 初夏、沼垂逍遙① 「鉄」

Older Entry◇ さよならの緑の光景、、、、見納めかな。

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎さん
藤の花と傘
それは 雨の日ならではの光景であり
情緒があります
北方文化博物館で貸出された傘をさしている方もいますね

最後のお写真
瓦屋根が複雑に入り組んだ造形美
素晴らしいと感じます
雨に濡れた瓦屋根や木々の葉の色も
独自の世界観があります
Edit
昨日、菖蒲園に行きました。その一角がフジのゾーンでしたが、まったく花は残っていませんでした。今頃まで残っていたとしても、見るに堪えないかも、などと自分を慰めてきたのですが、…。
フジの花もいいですが、この建物はよりいっそう素敵ですね。
Edit
紫陽花に傘はよく見ますが、藤の花もよいものですね。
3枚め、藤の葉と緑の傘が並んでいるのが、なんだかおもしろくて好きです。^^
Edit
こんにちは、お邪魔します。
雨の雫に濡れてとてもきれいですね。
幻想的な雰囲気が溢れてますよ(*^_^*)
Edit
にゃん太郎さん、こんばんは♪

藤の花のシャンデリアですね。
とてもきれい、このまま部屋に飾りたいです^^

最後のお写真は博物館の屋根ですか?
重なり具合が不思議な感じがします。
どうやったらこんな風になるんだろう・・・
中はどうなっているんだろう・・・色々な疑問が(笑)
煙突が出ているところもいいですね。
お写真を拝見していて、瓦屋根ってやっぱりいいな
と、改めて思いました♪
Edit
あれっ にゃん太郎様は私より遅く行った筈なのに 
咲き始めな感じの1枚目
3枚目でようやく あっこういう事かと納得 緑の
傘が蛙ぽい 4枚目が涼やかで素敵です。

この屋根は撮ってないです いいですね~
気づきませんでした
右上隅の屋根は台所のです 台所は面白かった
一日1俵の米を炊くとか 豪農ならではですね
EditRe: 香月りらさん こんにちは
僕は「花撮り派」ではないので、
どうしても目線がこうなります、まして雨なら傘へと目が行く。
本来なら藤の花が主題なのでしょうが、
藤と傘が主題になってます、
雨が降っても傘のいらない程度の小降りだったら
当然別のように撮っていたでしょう。

問題は、やっぱり傘の色、、、これがぴったりの傘色は現れませんでしたが
緑色の傘、、、これが「雨の日のアマガエル」のように目線が行きました。

2年前に行った時は藤の花が重そうなくらい満開でしたが
今回は散り始め、雨、、、気分は萎えていつもよりも早く帰りましたが、
でも、、、最後に見落としはないかと眺めて、、、、母屋の屋根を見つけましたわ^^

EditRe: AzTakさん こんにちは
写真のデータは遅れ気味なので、撮影は5月中旬でありました。
出来たら満開を見たかったんですがねえ。

藤の花は、咲いていたらそれでいいってもんでなく、
見上げるように咲いている花は正直どこを撮っていいのかと、
花と人の顔入りでは、ちょっとねえ、、、、ですが、傘がなんとかカバーしてくれました。
EditRe:いろもりカラスさん こんにちは
雨は桜の頃と違い、さして寒くもないので
雨に濡れても平気なんですが、カメラの事を思うと傘が必要
普段使わない三脚とそこに傘、時折「スイマセン」なんて謝りながら移動したりして
「やれやれ」な撮影日和でありましたが、傘が時折いい具合にポーズとってくれました(笑)
EditRe: ジャムさん こんにちは
雨といっても小降りで助かりましたが、
傘がいらないのかと傘を閉じるとしっかりカメラは雨に濡れ
「ありゃりゃ!」と傘をさして撮影、
>幻想的な雰囲気が溢れてますよ(*^_^*)
それがそんな風に感じてもらえてなによりですわ。
EditRe:Mikaさん こんにちは
いいですねえ、
>藤の花のシャンデリアですね。
僕の発想にはそんな洒落た言葉は浮かんできませんでした。
浮かぶのは「藤の花と傘」くらいでありましょうか、
あと、は、、レイ、、、、、、\(//∇//)\

この家は豪農だった家でして新潟平野の見渡す田んぼの大大庄屋の屋敷、
立派なお庭があり映画のロケでも使用されてます。
当時のお金持ち、家にお金がかけ方が違う、
建築の木材は隣県福島会津から川に流して運ばせたとかで
スケールが違いますわ。
新潟にそんな豪農の家があちこちにありますが、
ここ北方文化博物館が一番多いようです。

EditRe: モズライトさん こんにちは
咲き始めの感じように見えますが、、、、、みんな散り始めていので
そんなポイントを探してつつ花を盛ってみまいした(笑)

出来たらもう一週間早く行きたかったんですが、行けず残念でありましたが
もし行っていたらモズライトさんとニアミスしてましたかねえ\(//∇//)\

傘がカエルぽいというか、雨なので花と傘に主題を置いたら
この傘がまさにアマガエルのように見えてきて
良い場所に立ってくれるようにと狙ってました。

屋根ですが、雨が良かったんですねえ
晴れていたら、あんなふうにしっとり感はでなかったですねえ。
しかし、、、今年から100円徴収は驚きました。
Edit
雨の中でライトアップされた藤棚と木造の建物、良い風情ですね。
無精な私だったら夕方降っていたら億劫になって撮りに出るのを止めちゃうかも。
EditRe: ☆Monetさん こんばんは
最初から雨を想定していると、想定外で降られるのって
撮り方が変わってきます、そして「俺ってなんで貧弱な脳みそなんだ。」と
良い発想の撮り方が浮かばない自分に腹が立ち、傘をさしえて三脚移動に腹が立ったり、
億劫というよりは気持ちの脳みその出来のようですわヽ(;▽;)ノ

竹原・尾道の記事楽しみにしてます^^
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >