冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 東京・情景  

◇ 荒木町・柳新道通り

車力門通りと杉大門通りに挟まれた柳新町通り



柳新道通り



車力門通りと杉大門通りに挟まれた柳新町通り



柳新道通り


荒木町の「車力門通り」と「杉大門通り」に挟まれた「柳新道通り」へ、目の前に「カサブランカ」の文字、僕もボギーになったような気分で通り(路地)へと入っていった。
すると向こうから携帯で話しながら配達先を探しているピザ屋のお兄さん「来たんですが、どこなんでしょうか、わかりません、えっ2階から手を振っている?」と
通り中に声が響いた、だったら僕だって気になって探すじゃないですかねえと、目線があちこちへとやったがわからなかった。


杉大門通り



外苑東通りから車力門通りへと


その隣の「杉大門通り」赤い幟旗の通りは雰囲気があるのだが、「なんか違うなあ。」とパスした。


関連記事

Newer Entry◇ 荒木町、都会の空は狭かったのかも

Older Entry◇ 荒木町の奥で迷ってみたりして

 

Comments
Edit
柳新道通りはなにか雰囲気のある通りですねえ。ピザ屋のお兄さんでもわからなくなるような猥雑さが好きだったりします。
Edit犬山にゃん太郎さん
どの通りも 食べもの屋さん
飲み屋さんで溢れていますね
その通りには 植物が置かれていることが多いです
エアコンの室外機や空調設備が通りから 見えていますね
おしゃれな街とはいえませんが
親しみやすい街ともいえます
「杉大門通り」のお写真ですが
私は 通りの上にある 煩雑な電線が面白いと感じました
Edit
故郷の函館に、「大門通り」というところがあるんです。
写真のような街並みでした。
「カサブランカ」というお店もあったような・・・
懐かしく拝見しました~♪
Edit
路地にある花好きさんの植木鉢が好きなのですが、
2段重ねがありました。
しかも、しっかりとガスのメーターを利用して倒れない配慮。可愛いですねぇ~♫
AKAMARU ZINGISUに客が入って煙がもくもくと
太い配管から出る頃、この路地が動き始めるのでしょうね。あちこちに灯りがともりころが見たい感じです。それにしても電線がすごい!テレビにネットに電話に、、、凄いことになりながら、これがまた良いですねぇ~♫
EditRe: AzTakさん こんにちは
これぞ東京って感じでした。
新潟の街風景と比べて3倍は密度が濃いかもしれませんね。
住所が分かっても行けるとは限らない、携帯電話必須が都会の商売のようでありますね。

とはいえ、お昼の日差しがビルの谷間に差し込んで、路地がいい光景でありました。
EditRe: 香月りらさん こんにちは
活気のある通りっていうのは歩いていても気持ちがいいもんです。
実際には、「そうでもないよ。」と商店街の人は云うかもしれませんが、
さみしい風景になってしまった街、通りから比べたら
歩く方だっても胸を張ってあるけるような気持ちなります。
昔賑やかだった街、通りを歩くと、見てはいけないような変わり様の光景もあります。

とはいえ僕は街歩きが好きなので、こうやって歩いてますが、
歩いているからこんなことも分かってくるってことでしょうか。

「杉大門通り」新潟にあれば十分メインストリートでやってけそうですよ^^

EditRe: くぅ さん こんにちは
へえ、、、、偶然でしょうか。

でも「カサブランカ」って哀愁のある名前ですよねえ
どこにもあっても、不思議ではないですね。

「カサブランカ」、僕はボギーの映画を連想してますが、
意外に花の名前から取ったとかだったりしたら、
ちょっと僕はがっくりですね (゜д゜)
EditRe: aunt carrot さん こんにちは
京都では景観を考えて電柱をなくしいると所もある・・・・京都だけではありませんが。
写真を撮っていた頃は邪魔だなあと感じていたのですが、
なくなってスッキリすると、「何だかサッパリしすぎたなあ。」そんな思いもありました。
それからすると電線・配管など邪魔に見えて、これもやっぱり風景のひとつなのかもしれませんね。

この時間帯は、営業中の所はなかったのですが、日も暮れて看板に灯りがついた頃には、
ジンギスカンの匂いや、他のいろんな匂い、音などが聞こえてきて別の街になっているのかもしれませんな。

路地の鉢植え、、、人情を感じますわ^^


Edit
最初の
1・2枚目
良い奥行感ですね。
なにやら奥の方をじっと見つめたくなりますね。
EditRe: higemajinさん こんばんは
こういう風景が大好きなんですよね、
もっと奥になにかあるのでは?と足を踏み入れたくなるんです。

陽の当たる奥路地、、、雪国の人間には羨ましい光景が普通にありました。


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >