冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 東京・情景  

◇ 空の広い、芝増上寺あたりを歩く

芝・増上寺の梅



定番・増上寺本堂と東京タワー



増上寺本堂前



東京タワーの土台



言わずと知れた東京タワー



愛宕神社の石段



愛宕神社の出世石段



愛宕神社の石段を登って「やれやれ。」


かねてからこの辺りへ行ってみたかった。久しぶりの東京タワー、そして一緒に見る東京タワーと増上寺の光景、有名な石段はどんなものなかと思った愛宕神社、
グーグル・ストリート・ビューで何度も確認してるけれども、残念ながら正面が写ってないのでどんな石段か想像するしかなかった。
そんな気になっていた光景と愛宕神社の階段。増上寺では「これこれ、これだよ、やっと来たぜー。」と外見は冷静にしていたけれど、内心は小躍りの僕だった。
愛宕神社の出世の石段を目の前にしてここでも、「やっと来たぜ。」と感激もあったが階段の急勾配に驚いたが、僕はまだまだ若い、軽いものんだと思って登ってみたものの八分目あたりで、足が止まり大きく深呼吸をして、「ふぁー、きつい。」と口から漏れた、
「ファイトー、一発!!」のCMような青春が似合いそうな石段だった、こんな石段を毎度一気登れる人は、出世もするだろうなあと納得した。

都会の空は狭いと思っていたが、増上寺から見た空は広くて芝公園あたり木々は太く大きくが数も多い、京都的な雰囲気がした。


関連記事

Newer Entry◇ 夕刻の万世橋あたり

Older Entry ◇ 新宿・四谷荒木町に梅が咲いていた。

 

Comments
Edit
早うございます。
階段は上から見ると
不思議な感じがします。
どこか別世界に誘われたような気になるのです。

 私も今年は
 東京タワーを見に行きます。
Edit懐かしい!
この階段登ったのは何十年前だったか?
学生の頃、社会人になった頃?

一気に登っても決して出世しませんでした(泣)
今はスカイツリーなどがご時世ですが東京タワーはやはり良いですネ!
Edit
おはようございます。
遠くまで行かれたんですね。
にゃん太郎さんが撮られるとどこの風景も懐かしさを感じます。
行った事ないのに昔行ったような気になります。
梅の花が満開だったのですね。
そちらもまだまだ梅が見頃なのでしょうね。
Edit
2枚目のあの構図は、最高ですよね。色んな所から見える東京タワーですが、意外に全身隈なく見えるスポットが殆んどありません。東京にも空があったんだという気になり、嬉しくて仕方がありません。
愛宕神社の石段は、にゃん太郎さんなら走って上り切ったのかと思いました。(ΦωΦ)フフフ…
私は下の道をバスで通り過ぎるばかり。神社に行ったことがありません。(^_^;)
EditRe: higemajinさん こんにちは
出世の階段、、、舐めてかかると正直キツっす!
一気に登れるかと思ったら途中で足が、、、呼吸が、、、きつくなりました。

こんなキツイ石段を登れる根性とファイトある人は、出世するはなあと納得しました。

スカイツリーにすっかり人気取られてますが、しっかり東京タワーファンがいますね、
こうやって下から見上げると写真やテレビで何度見ているかわかわからない光景に嬉しさが湧いてきましたよ^^
が、、、登ってませんがね(^^ゞ

EditRe: 懐かしい!・・・marukeiさん こんばんは
凄いっすなあの坂を、一気登ったんですか Σ(゚д゚lll)
僕は頂上を目の前にして足が止まりました、、、「あーあ、出世の道は潰えたか。」とがくりとしました。

でも、思いました、こんなきつい坂をモロともしない根性があれば何事も前へと進める、
そんな人がやっぱり出世するんだとなあと答えが出た次第でありました。

登るのは、一度や二度ではダメ、何度も何度も登らないとダメなのかもしれませんね、
障害は何度も越えた人間の方がいいですもんねえ。
出世、、、登る回数が少なかったんだと思いましょう^^

タワーと言ったらスカイツリーが主流のような感じですが、
ここはここの良さってとうか落ち着きがありましたよ。
EditRe:ちっちさん こんにちは
遠くったって新幹線で2時間ですからねえ、、、、でもなかなか行けないのだから遠いっすねえ。
でもその遠さが、長い冬の新潟から、脱出するのにこのところ毎年今時期に行ってますが、
季節感が全く違うです、梅まで咲いているのを見ると(実際は散り気味)嬉しくなってきますわ。
とはいえ今は桜の便りがあるというのに、こちらはやっと「梅」、
写真を撮ってなければ素直の喜べるのですが、写真を撮っている二番煎じ三番煎じになってしまう(笑)
その分みなさんの撮り方を参考に撮らせてもらってます^^

EditRe: AzTakさん こんにちは
東京は空が狭いのですが、このあたりは空が広いなあと感じました。
この感じが京都を歩いたような感じ似てました、ビルばかりかと思うとそこには広いお寺があった、
そんな感じでしょうかねえ、なんとなく空気も違ったように感じました。

愛宕神社、今度石段を登ってみてください、
ブログ以外にも気持ちを「あんたの気持ちがわかった!」と共用するものができますよ(笑)
虎ノ門へと抜ける裏の階段、これがまた凄いですねえ^^
Edit犬山にゃん太郎さん
五枚目のお写真
東京タワーの切り取り 大胆で新鮮です
芝増上寺と東京タワーのコラボもいいですね
愛宕神社の石段
お写真では 素敵ですが
私は 上る気にはなれません
犬山にゃん太郎さん すごい パワーだと思いました
先日 千葉まで行っただけで 今でも疲労が 残っています
見習いとは思うのですが・・・
いつも思うだけになってしまいます
EditRe: 香月りらさん こんばんは
さすがに有名であり、歴史に東京タワーであります、
どう撮ろうかと迷っても、やっぱりどこかで見たことのあるような光景になりますわ(^^ゞ

愛宕神社の石段、湯島天神同様に男坂、女坂のように脇に少し緩やかな階段もありました。
そしてお社のうらには車道兼ゆるやかな坂道もありした。

すごいパワー、、、それは通常来れないゆえの”頑張り”なのではないでしょうかねえ。
いつでも来れる、そんな環境ならそこまで頑張っていないのではおもいますよ^^

旅の疲労も、それも旅のうちなのでは、疲れのない旅はなんの発見、喜びもないのではないでしょうかね。
本日新潟は、晴天でありました(東京の旅の時よりちょっと劣る)、
その中3時間ですがカメラをぶら下げて歩きましたが、
くたびれました、東京の歩き方からしたらなんでもない行程のようですが
ともかく「つかれた~」って感じ休んでましたが、気力もあるのではと
滅多来れないと思うと頑張るし、いつでも来れると思うと気力もパワーも100%出力ってないのかもしれませんね。

見習うのではなく、いつもと違う行動が、頑張り度をましてくれるのでは思います( ⊙‿⊙)

Edit
この階段の傾斜、半端ないですね。
また撮り方が良いので怖さ倍増!
でもね、私達家族は、階段の段数には
驚かないです。
なんせ、子供達は通学に、私は通勤に、125段の階段使ってましたから。
谷戸の上に学校があったので子供も大人も階段のおかげで丈夫でしたよ。
やっぱり、タワーは東京タワーです、永遠に!(笑)
EditRe: aunt carrot さん こんばんは
当地は平地なので坂、階段のある風景というは憧れます。
憧れと体力は別物っていうのも知っております、
たぶん階段、坂などの体力と精神的抵抗力はaunt carrotさんにきっと負けているはずでありますが、
憧れる気持ちは負けませんよ( ´艸`)ムププ
ですが、”谷戸”響きいいですよねえ、鎌倉を知り谷戸、切通しを知った時から
「なんかいいなあ」とセンスを感じてました^^


Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >