冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 三浦・情景  

◇ 僕のはじまりの場所は、ここ「三崎町1丁目の石段」だった

三崎一丁目小桜姫坂



路地から見上げる三崎一丁目の小桜姫坂



路地から見る小桜姫坂



本瑞寺前小桜姫坂からの三崎港風景


僕が、ここ三崎の町を意識しはじめたのは、もう何年前か忘れたが映画「亀は意外に速く泳ぐ」だった。
それもこの本瑞寺前に階段だった、一目惚れするような風景がしっかり舞台になっていた。
「なんかいいなあ。」から始まり映画に出て来る場所場所に気になってしょうがない風景ばかり、だがそれも時間と共にに忘れていのたが、
ちょうど1年前に放映された、ドラマ「泣くな、はらちゃん」が、「えーーーー、何」と眠っていた光景を思い出たせて、尚且つここはどこなのよ?と僕を調べさせ、
それがあの「亀は意外に速く泳ぐ」と同じ舞台になっている三崎の町だと知ると、ぐうーーと行って見たい思うのだった。

鎌倉は何度か行っているが距離的にその一寸先なんだけれども、交通の便からしたらまだ鎌倉より1時間強はかかるので、新潟から新幹線の1番電車でも、
旅の反日がもう終わってるような到着は11時時間になるので、2泊3日でもするような機会があるまではとあきらめていた。

それが、偶然調べた高速夜行バス、川崎に朝に6時半に着き、京急本線に乗り換え、三崎口、そこからバスで三崎港へとで到着が朝の8時だったので、
これは行くしかないでしょうと、心に決めた「しめしめ」とその人を待つのであった。


ともかく、僕にとっては、始まりの場所だったが、新しそうな電柱が、、、、、、。


関連記事

Newer Entry◇ はるばる来たぜ、三崎。

Older Entry◇ 三浦海岸の河津桜と黄色い花

 

Comments
Edit
さすがに漁船だけはたくさんいる感じですね。ここにも漁船の数がちょろちょろくらいしかなくなってしまうと、日本の食文化の行末は危なさそうな気がします。頑張ってほしいものです。
目の前にどでかい城ヶ島大橋が見えますね。苦手なんですが、大好きな城ヶ島へ渡るためには絶対に渡らなくてはいけません。
三崎の街で、マグロなどを食べさせる店を冷やかすほうが平和かなあ。
EditRe: AzTakさん こんにちは
思った以上にマグロの店ばかり、マグロ船当たり前に停泊中でありました^^
城ヶ島の僕の滞在時間は5分でしょうか、
バスから降りてトイレ、そして城ヶ島大橋へと。
そこから歩き、三崎港の町へと、行く前はコースには決めていたのですが、
目的の場所へと到着すると、やっと来れたぜと嬉しさと、こんなものかあという気持ちありました、
つうか、電柱が僕のイメージにはありませんでしたが、でも晴天とやって来れたことで、「良し」でありました。

Edit
高速バスで三浦半島にようこそ!
三崎の街が犬山にゃん太郎さんの手にかかると
こんなに素適な画になるのですね。
感動しています。
↓の河津桜、、、最高です!
電車の中から撮ったのは初めてみました。
頭を3発くらい殴られた思いがあります。
素晴らしいすぎます!!!!!
EditRe: aunt carrot さん こんばんは
人生あきらめるものではないですねえ^^

まさかのルートがありました。しかし家を出るときは雪がちらつき
途中休憩の小千谷パーキングでは10センチの雪、せっかく早く着けるコースを見つけたのに、
到着は1、2時間の遅れを覚悟しましたが、定時到着でありました、
それどころではなく、空は快晴でありまし。時間といいお天気といい儲けもの旅でありましたが、
三浦海岸、桜が咲いているのはわかってましたが、時間に余裕などなく、
それが京急の車窓から、、、これも儲け物でありましたわい。

こんなところのお近く住んでられるなんてなんて羨ましいんでしょうかねえ。

Edit犬山にゃん太郎さん
三浦半島までお出でになっていたのですね
その行動力 びっくりしました
高速夜行バスですよね
全てのお写真に階段が写りこんでいますね
一枚目 二枚目 三枚目 同じ階段のようですが アングルを工夫され 異なる階段の
ごとく 撮影されています
質問です
最後のお写真は その階段を上り
俯瞰撮影されたのでしょうか

EditRe: 香月りらさん こんばんは
まずは、質問の答えから、高台になっている光念寺から俯瞰というか
ただの眺めであります、お分かりかと思いますが、僕はこんな所が好き、たまりましぇん(>ω<)
これってバカとなんとはなのでしょうかねえ。

映画「亀は意外に速く泳ぐ」の場面の名所であります、
ここが気になって三浦を意識するようになったといってもかごんでありません。
なので撮り方はこう撮ろうか、あー撮ろうかと決まっていたのですが、
でも、後悔しないよういろいろの角度から、、、、そして後でもう一度撮り来るんですよねえ(笑)

しかし、新潟と関東ではお天気が違う、
バスにしろ、宿にしろ、新幹線で行くにしても、まえもっての予約なので
最低でも一週間先のお天気を読む、、、、同じ日本でも難しいですなあ、
あえて雪の中に出発した甲斐がありました、、、、つうかあまりのお天気の違いに驚きでした。



Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >