冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 冬のお気に入り風景

荒井浜風景




荒井浜の漁師小屋




荒井浜の漁師小屋風景



荒井浜の漁師小屋



荒井浜に並ぶ船小屋


数日前のモノクロ「荒井浜」をカラーで。

雪が降ったり、解けたり、普段なら「またか、本当に春は来るのだろうか?」などと思うことあった。
空を見上げては「オー・マイ・ゴッド!」などとつぶやいたこともある、「雪は、もういらね。」と思うのだが、ここの雪風景だけは別で、
枯れた草と砂浜を覆った白い雪の風景、海と船小屋、沖には海洋油ガス田が見え、あまり好きでない冬も「たまには、いいもんだ。」と思わせてくれる、
時に荒波だったりして寒さで涙が流れ、鼻水もたれることもあるが、それが冬である。

関連記事

Newer Entry◇ 雪上の貨物ターミナル風景

Older Entry◇ 荒井浜では、あらイイ浜だといつも頭にダジャレが浮かぶ

 

Comments
Edit
憧れていた 新潟の冬の海
やっと 連れてきて頂いた感じです
寒風で耳たぶが千切れそうに痛い
とても良く 伝わってきます
旅情を味わえた気がします
にゃん太郎さん どうも有難うございます ^^

mariko
Edit
おはようございます。
つぃ 石狩挽歌を思い出してしまいました。
いい写真ですねぇ。 好きだなぁ〜  ごろぉ
Edit
寂れた浜の荒涼とした感じが、雪で一層増幅された感じです。昔は活気があった時代もあっただろうに、…。
EditRe: まりさん こんにちは
そうですか、僕も新潟の浜辺の原風景はこんなかと感じます、
春、夏、秋、冬とシーズン毎に出掛けてます。
しかし、交通の便が悪いので県外の方が見つけるのは難しいかもしれませんね。
それゆえにか、あんまり知られてないのかもです。

特別に風が強くなければ、
多分想像されるよりも温かく感じるかもしれませんし、
僕としてはこんな光景を眺めながら写真を撮っているとけっこう楽しく時間も短く感じますです^^
EditRe:ごろぉさん こんにちは
歌で有名な「石狩挽歌」、
当地も「新潟挽歌」、「越後挽歌」とかそんな有名な歌でもあれば
「これぞ越後挽歌!」と言われるのでしょうがねえ(>ω<)さみしぃ

もっとも観光客どころか地元の新潟の人間でも素通りするような所ですからねえ。
有名になって人が集まるようになると、僕としては困るのでありますが(^^ゞ
EditRe: AzTakさん こんにちは
誰もいないから近づけるってこともあるのかもしれませんね、
活気があったら威勢の荒い漁師さんに「じゃま、じゃま、じゃま!」なんて立ち入れないかもしれません^^
EditRe: 鍵コメさん こんばんは
1枚目の赤いのは、工事なので使うカラーコーンです、
浜辺というので何らかの目印にとなっているのかもしれません。
通常通りに砂浜に置けば、風で飛ばされた砂で埋もれる場合もあるので、
一段高くしているようです。
Editイイね~!!
”にゃん太郎”さん、こんばんは

最初の写真、荒涼とした雪景色に、赤い傘 ?
この小さな赤い点景が画面を引き締め、廃屋とのコントラストが見事ですね。

そして、殺伐とした雪景色の中にも、逞しく生きている人の気配が垣間見れてとても素敵な一枚です。
こんな風景写真は、大好きです!!
EditRe: イイね~!!・・・・夢旅人さん こんばんは
赤い傘は、カラーコーンであります、何かの目印なっているのかもしれません。

まさに荒涼としているような漁師小屋の風景ですが、
ときたま僕は行って癒しを貰ってます^^

ちなみに、ここは基本的に海水浴場ではないなので、夏でも海水浴客は皆無でありますので
夏にカメラを持ってぶらついても、何ら怪しがられないので僕にとってはありがたい場所であります^^

多分月日とともに、こんな漁師小屋、ひとつひとつ崩れて行く風景が増えていくのではないでしょうかねえ。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >