冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ 階段の途中の気になっていた家

階段の上から



田中町の階段の気になる家は空家なのか?


ここを通るたびに、ここは空家なんだろうかと人気(ひとけ)が感じられなかったけれど、冬になってみてやっと「空家だな。」、「たぶん空家。」と思えてきた。

どうも窓の開き方が不自然のようにも見える、季節だって冬の1月だし。


とはいうものこれは先々週撮ったもの、
リアルに本日の外気温11℃、家の中よりも外の方が暖かった、別に太陽が出ている訳でもなくただの曇りなのに、ポロシャツの上にコート、手袋なし、
冬の1月なんてありえない、積雪だってゼロ!、この暖かさ「台風の前の静けさ」とかにならなければいいけれども。


◆ブログのコメント欄とコメント管理が合わない症状が出ておりコメント反映もされない場合もあるようです、コメントに関して不手際がありましたら、お許し下さい。


関連記事

Newer Entry◇ 街の照明屋さん

Older Entry◇ 冬の晴れ間は、何だって綺麗に見えてくる時がある

 

Comments
Editおはようございます
私も街撮りをしていて
古い昭和の家
蔦に覆われていたり 板壁だったりする古い家が
取り残されているように
佇んでいるのを撮るのが好きです

NULLにコメント頂き有難うございます
これからもよろしくお願い致します

こちらかもリンクさせていただきました
Edit
お早うございます。
1枚目、ツボに来ました
宜しいですね。

 路地を通って奥の遠近感が気持ち良いです。
EditRe: plateauさん こんにちは
昭和の香りとか良い言い方もありますが
僕としては、ただ「渋い」とそんだけであります。
新しい住宅街っていうのも歩きますが、
全然触手が動かいただの住宅の風景にしか見えません。
昔からある木造、トタン張りの住宅に光加減もあってか目に留まると
時折「渋いねえ」と感じると撮ってます。
そんな光景を撮って歩くとやめられませんね^^

リンクありがとうございます。
EditRe:higemajinさん こんにちは
1枚目、路地、階段、ちょっと気になる家
僕のお気に入り場所であります、通ると必ず撮ってます。
同じ構図ばかりではと目線を変えてたりしてますが、
そんな別目線構図が、他でも「ここはこう見たらどうなの?」とそんな視点でも撮るようなりました。

路地、あちこちまわってますが、路地だから良いって訳でなく
撮りたいと思えるような路地を見つけると「やったー」って感じになります。
EditRe: 鍵コメさん こんにちは
気にされないで下さい、
わざわざコメントありがとうございます m(_ _)m

今後共宜しくお願いと共に、貴ブログ楽しみにさせて頂きます。
Edit犬山にゃん太郎さん
一枚目のお写真
左手 陽のあたる家
右手 陽の当たらない家
狭い階段を挟んで 建つ家
それだけでも 物語性を感じます
その上 右手にある 家の個性
犬山にゃん太郎さんが興味を持たれるのは
私も理解におよびます
お好きな 被写体に巡りあうことができてよかったですね
町めぐり やめられませんよね
EditRe: 香月りらさん こんばんは
街巡りなんですが、本日もお天気が悪い中に出掛けて
「今日はダメだなあ。」と早々に諦めて家と戻ると青空でありました。
「やれやれ、バカみたい。」と思っていると今度は雪。
安定しない冬のお天気とはいえ、振り回されている感がありますわ。

海辺と行ったのですが、まさに冬の日本海でありました、
浜辺と向かう中、強力な向かい風あと、あと体重が5kgも軽かったら
凧なみに飛んだかもしれませんでした。

Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >