冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 海・情景  

◇ 海と港の見える神社

神社から港を望む



寝屋の集落と鉾立岩



寝屋の神社



寝屋の神社の石段

あちこち海辺の集落をまわってみると、気づいてくることがある海 → 集落 → 神社仏閣の位置関係になっていることが多い。
海を前にして集落の後ろが山だったりする場合には、神社仏閣はだいたいは集落よりも高さの上の山にある。神聖しされていることもあるのだろうが、
高潮、台風、津波などの緊急時の場合の避難の場所にもなる。

僕はそんな石段を登り、「はー、はー。」とへばっては、後ろを振り返った。

こんな光景が見れるのも落葉した冬だから。

関連記事

Newer Entry◇ 港旅情

Older Entry◇ 正月の日本海と港を望む

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎さん
海と鳥居と階段
愛着ある被写体
様々な アングル考慮され 撮されていますね
自分の好きな 被写体
それは 撮影に飽きることがありませんよね
時間がたつのも忘れてしまいます
最後のお写真
そのお好きな被写体へと至る階段の一段目からのご撮影ですか・・・・
Edit
高いところから神様が見守ってくれているということでしょう。これで海の男達は安心して海に挑むことができたのでしょう。
Edit
最近の写真見てると行ってみたい所ばかりで羨ましいです!
あくまで風景と人物の組み合わせですが(笑)

でもほんと魅力的な場所です。無いものねだりですかね?(笑)

>、「はー、はー。」とへばっては
心中お察し申し上げます(笑)!
EditRe: 香月りらさん こんにちは
街の中の神社も良いですが、
海を舞台にしたような神社はまた別な信仰心があるようで、
またそこからの俯瞰が、なんともいえません。

けれども、葉っぱの茂った時期だとここまでは見えない
冬場の今だからこそですね。

ここではありませんが、同じような神社でそこの狛犬がえらくかっこよく
海を背景にと思ったら葉っぱがしげり、わざわざ冬を待って撮りに行ったことがあります。

こんな風景が日本の原風景になるのでしょうがねえ。
とはいえ災害でも起これば一時避難はここになるのでしょうが。

EditRe: AzTakさん こんにちは
海辺の神社仏閣はだいたい高台にありますよね。
逆に安芸の宮島のようなのはかえって珍しいくらい。
いざ、何かあれば避難地にもなるとは思っても
石段を登るだけで「はーはー」ですから、
これを神社を建てる建材、石段を運んで建てるなんてスゴイことだと思うのでした。
EditRe: Wドラゴンのパパさん こんにちは
人物の組み合わせ、Wドラゴンパパさんはファミリーで撮影でしょうか、
狭い路地でも、人通りないって寂しい光景だなあと思うことがあります。
そんな時に、人でも通ってくれたらと思うのですが、
「通らんのですよねえ。」その点パパさんなら心配がないですね。

三浦半島の三崎、ここもなんかありそげなと思ってたんですが
下調べをしましたが、ちょっとコース的にハード(移動時間がかかる)のようななので他のコースを検討中です。
Edit
一連の寝屋集落の写真素晴らしいですね。
広角でのモノクロームも雰囲気抜群で
心惹かれます。
こんな所で商人宿みたいな宿に転がり込んで寒風の中、撮影に出歩くなんていうのが私の夢でもあります^^
。。。ちっちゃいかな(笑)
Edit
お世辞でも何でもなく、にゃん太郎さんの町風景写真シリーズはお気に入りです。
自分の撮り方とどこが違うのか毎回勉強させてもらってます。
Edit
三浦半島にも似たような風景はありますが、
こちらの階段は凄すぎます。
はーはーしながら撮っていただいたおかげで
良い風景をいながらにして楽しませて頂いています。
ありがとうございます。
EditRe:watermindさん こんばんは
正直、こんな風景に気がつたのは一昨年あたりから
県内あちこち駅舎を撮り歩くと辺鄙な駅、山あり海あり、川ありですが、
そこにはなんとも言えない集落・家々がありました。

なるほどあちこち自分の行動範囲の一線を超えたらこんな風景があるのだと
いつも通っていた道のもう一本奥に入ってみましたが、
想像以上に良かったんです。
でも、県下まわってますが、こんな海辺の雰囲気は村上市あたりのようですわ。
この辺のオバチャンたちは「おかぶり」と言って忍者の覆面のようなものを被ってますが、
これを初めて見た時は驚きでしたが、ここ漁港だけあってここでは見ないです。
こんなのを知ったのもカメラのお陰であり、
watermindさんとこうやって知り合えたのもカメラのお陰であります。
これからも宜しくお願い致すます。
EditRe: ☆Monetさん こんばんは
ありがとうございます、
なんと言いましょうか、やっぱり自分の目の前の光景惚れることでしょうかねえ(^^ゞ
特に初めて訪れたり、知ってはいてもよく知らなかったりしてた場所に
行った時の発見とそれを探すドキドキ感がいいんですよねえ。
今度は季節を変えてまた行ってみることしますわ^^
EditRe: aunt carrot さん こんばんは
三浦へと行けないので、代用を見つけて我慢って所でしょうかねえヽ(;▽;)ノ

三崎の街も坂がある、路地がある、そして人もそれなりにいる、近くは港と城ヶ島、
三浦半島の畑、そして遠くには房総が見える。
そんな光景を僕よりもはるかに気軽に撮影ができる羨ましいです。

僕は仕方がないのでこんな高台から海を眺めえ三浦半島のことを思うことにしましょうかねえ。
Edit
にゃん太郎さんの考察…
自然と人間と神様の関係を、うまく表現されていると思います。
都会のビル街で生活していると、なかなか意識されにくいことですよね。

ちなみに我が家は、下は川、上の山に神社… 
というロケーションです(^o^)
EditRe: ta-raちゃんさん こんばんは
人間の営みからきているのでしょうが、神・仏様は浮世とは違って尊いもの
ひとつ別の世界があるってことでしょうか。
、、、と言っても家の隣が神社、お寺なんてのもあるでしょうが、
それも遠くまで行くよりも近くに神社を建てたものなのか、
神社の方まで時代と共に家々が建っていったものなか、そういう歴史も調べるとまた風景も違ってくるのかもしれませんが
犬山にゃん太郎はとり合えず、感じたままを撮るだけの人でありますわい (><);
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >