冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 海・情景  

◆ 「いいねえ。」の通りを歩く

気になるブロック塀



通りの酒屋



通り



海岸線国道345号


海辺の集落、海岸線に沿って住宅が建つ、それゆえにか集落のメインストリートは真っ直ぐではなくごにょごにょと曲がっていて、
真っ直ぐがあったかと思うと狭い直角カーブがあったりして、車でも通ってみたが20km以上の速度なんて出せないし油断ができないが
運転席から見る集落の光景は「ここいいねえ!」、「この奥、後で行ってみよ。」などと気になる光景が満載で、だいたい速度なんて出せやしなかった。
早くどこかに車を停めて撮りたいと、急いてくるのだった。


関連記事

Newer Entry◆ 浜辺集落の寺院風景

Older Entry◆ 路地から海が見える風景

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎 さん
一枚目のお写真
駐車場にある
注意の言葉
その言葉の中の書いた方の優しさ
ユーモアのセンス感じます
アートとして見ても素敵な煉瓦風な壁です
二枚目のお写真にも見えますが
一枚目のお写真とそれとは 異なるように
見えますが 違う場所にあるものでしょうか・・・
Edit
「無断駐車○万円いただきます」という中、
「無断駐車OK」って・・なんて寛大なお宅♪ ^^*
Edit
良く見えないのですがボンヤリ。

まさか” 〆張鶴”でしょうか(酒屋の看板)
これ美味い酒、中条出張の際は必ず村上による
知った酒屋でこれを買う、久保田も買う、干した鮭も買う・・・懐かしさと覚えている味覚が騒ぐ!
写真と関係ない話でゴメンナサイ!
EditRe: 香月りらさん こんにちは
酒屋さん隣との境にブロック塀を建てたのでしょうが、
凸凹形状、ここのカーブからして死角を生んで事故でもあったのかもしれませんね。
かと言って、商売柄車で買いに来くるお客の駐車スペースの確保も必要であり、
注意を兼ねて目立っていた威圧感のない壁にしたのかもしれませんね。

それゆえに、注意、警告ではなく、「お願い」ってことなのではと、
こういうのの発見も、「街歩き」の楽しさですね。

1枚目2枚目、酒屋さん間口のお北側と南側です。
EditRe: .napo.さん こんにちは
ほんとこの通りは道が狭いです、
重い酒類を販売するには車でくるお客さんの事を考えて、
かといって関係ない人まで置かれたのでは困ったものですが、
狭い集落の酒屋さんですから、小さいことにこだわっていたのではいけないってことでしょうか、
本来(昔からの)の奈良の町は道路は狭いですが、大和郡山を運転してビビった記憶もあります。
ここの集落も同様に狭いです。
EditRe: marukeiさん こんにちは
> まさか” 〆張鶴”でしょうか(酒屋の看板)
地元村上ですから、〆張鶴の文字であります。
かなり以前に、銘柄を隠して越乃寒梅と〆張鶴を飲んでテストされた記憶がありますが、
旨いと感じたのは〆張鶴でした、
そんな銘柄をご存知ってことはmarukeiさんはかなりのお酒好きですかね(笑)

今、入手が難しかった越乃寒梅も、スーパーで買えるして、ともするとコンビニだってある場合もあります、
色んな銘柄が出てきているし、寒梅だってプレミアがついても製造者の販売価格は変わらない、
それに日本酒ばなれ、、、日本酒の県新潟も嗜好が変わってきているってことでしょうかねえ。

Edit
1枚目、おもしろいです。
塀とポールのおもしろさもあるのですが、軽トラが顔をのぞかせているのもいい感じです。^^
Edit
無断駐車OKなんて思いっきり優しい町ですね。
よそ者にも旅人にも、上がってお茶でも飲んでって、
なんて言葉をかける気の良いひとが住んでいる気が
してきます。
いいね!
EditRe: いろもりカラスさん こんばんは 
町探検いいですよ~、それも都会的でない日本を感じる場所。
たぶん、ありえませんがマンションだの、アパートだのが見えるようになったら、
ここは撮らなくなるどころか行かなくなるでしょうねえ。
そんな日本がまだまだ残ってますわい ヽ(・∀・)ノ
EditRe: aunt carrot さん こんばんは
よそ者、旅人、、、いるんでしょうか(。-_-。)
でも集落を歩いてみた感じ、「こやつ怪しい?!」って雰囲気はあんまりありません。
自然に「こんにちは」と挨拶してくれます。
お茶飲んでいけってないですけれども、
こんな感じで三浦半島へと行ってみたいのですが、、、、、死ぬまでに実現できるかでありますわい(。-_-。)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >