冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◆ 小春日和の小さい旅

東中通り



旭町通1番町

儲け物のようなお天気で、予想と違って暖かく歩いていると汗がにじみ出てきたりして、
でもそれが気持ちの良い11月の休日の街歩きだった。

雪でも積もったら自転車なんて乗れない移動時間自転車で10分が徒歩で30分以上にもなってくるので、中には雪なんてもろともしない猛者もいるけれども、
それってさあ、車運転している人には、えらく気を使わせれるのよねえ。


そして本日12月(師走)突入の公園夕景、

公園

毎日毎日がだんだん冬の色になってきて、昨夜も雷ピカピカどんどんと近くに落ちた、PCをどうしようかと迷ったが映画を観ていたら止めれず、
ついつい最後まで、その頃には雷様もどこかへ行っていた、そんな12月の始まり。


関連記事

Newer Entry◆ 五泉市蛭野

Older Entry◆ 暦の上ではディセンバー、でもハートはサバイバ~♫ ・・・ついに12月。   

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎さん
一枚目のお写真
坂道にある 右手駐車場のフェンスの影
その道をいく自転車の男性
左手は飯田旅館
このあたりは 観光の方の旅館街なのでしょうか

二枚目のお写真
自転車でいく 女性の背後
小道に先は 食べ物屋さんのようですね
お寿司屋さんのように見えますが
行き止まりにある 暖簾が 素敵です
Edit
御地の雷鳴は厳しい冬の到来を告げるものなんですねえ。今のうちに運動不足にならないよう、少しだけ動いてくださいね。
EditRe: 香月りらさん こんにちは
自転車いいですよねえ、たまに乗ると実に気持ちいいし、
行動範囲も広くなる、カメラ持って出掛けたりもしますが、
目線は車以上、歩行以下、車よりも「いいなあ」の発見は増えますが、歩いている速度での発見率より下がる、
その分を行動範囲でカバーって所でしょうか。

とはいえ、雪国はこれからそんな自転車も走りにくいような雪であります、
本人は大丈夫と思っていても車のドライバーからしたら、雪道のふらふらのろのろ、いつ転ぶかわからいような自転車は、そらあ神経を使うもんであります。

新潟はこういった旅館があちこちにありました、
遠方から前日到着して翌日に佐渡へ渡航、そのための宿泊やおっしゃる通りの新潟観光もあるのでしょうが、
今は、佐渡汽船も本数は増えているし、ジェットフォイルなら小一時間で行けるので
宿泊までする必要もなくなっているしホテルもあちこちできてこんな風景は減ってきてます。

こんな旅を感じさせるような風景を見つけると、「なるほど~」と撮ってしましまいます^^
寿司屋、、、僕も奥行きのある先の行き止まりの暖簾の掛かる店の光景って好きです。
EditRe: AzTakさん こんにちは
雷鳴は冬のお告げであり、春先には春のお告げだったりしてます。
季節の変わり目、気温差のある気候などになると雷なども発生しやすいのではと思うのですが。

そして本日は、空は晴天であります、、、、土日に、これが欲しかったですわい。

Edit
う〜ん
最後の写真
好きですね。
まさに冬への移り変わりが見えますね。
EditRe: higemajinさん こんばんは
3枚目、師走だし今年一年の思い込めて撮りました・・・・なんてウソですが(ヾノ・∀・`)ナイナイ

これで4時過ぎ、明かり、太陽が欲しいと思う反面、デジタルもそんな瞬間フィルム風になるのだと
わかってからは、ヌッシシシの時間でありますわ(´ε` )
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >