冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ チキンの僕は、なにかと理由をつけて小さい滝の方で満足した

鈴ヶ滝の小



鈴ヶ滝の小さい方、でも落差は38m



滝から沢



小さい方の鈴ヶ滝から沢へと流れる



村上市の山奥にある鈴ヶ滝は大小の二つの滝がある。
落差55m大滝の方への接近はあきらめたものの、僕はここでなら誰でも撮れる鈴ヶ滝の落差38mの小さい方で満足したのだけど、
とはいえ、大きい滝の方から「こっちは撮ってくれないの~、冷たいのねえ。」などと言われているような後ろ髪を引かれる気持ちもありありだったが、

あえて言うまい o(TヘTo)

関連記事

Newer Entry◆ 山のグラデーションとは関係のない話

Older Entry◆ ロング&ワインディング・ロードのドキドキの先

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎 さん
滝は おろか
噴水の水さえ 綺麗に撮れない
私にとっては 神聖な程の水の流れに感じます

小さな滝のようには 見えないけれど・・・
臆病なようには思えないけれど・・・・
見事な光景に感じるけれど・・・・
私のような写真初心者の言葉では 駄目ですか・・・・
敢えて言いたいです
EditRe: 香月りらさん こんにちは
> 滝は おろか
> 噴水の水さえ 綺麗に撮れない

ご謙遜を、こんなのは目の前に三脚を立てて撮っとら誰でも撮れる、
かえって、僕はりらさんのタッチは到底真似できません。

ふたつ滝があるひとつの落差38mの滝、
滝壺には岩で足場が悪いし、苔も生えているの近づけないので
離れて撮る形になるのですが、それゆえに危険でないのでりらさん撮れます^^

マジに滝を撮ろうと思ったらそこだけにじっくりと時間をかけてられればいいのですが、
ついつい移動の事が頭にあると、ちょちょちょと撮ってしまいがち、
りらさんのような性格の方なら、もっともっと綺麗に、聖水が流れるようにも撮れますわ (*^^)v


Edit
小さな滝には小さな滝なりの良さが有り、大きな滝には大きな滝なりの良さが有るんでしょう。まあ、今回は時間が押していたということにしましょう。
すごい自然があるところはそれなりに撮り手も大変なんですね。ご同情申し上げます。
EditRe: AzTakさん こんばんは
遠くから見たとはいえ、大きい方の滝は迫力が違います。
それを見てから目の前に落差38mあっても、
気持ち的に見劣りしているように見えてくる。

単独でこんな滝があったらもう満足なんでしょうがねえ^^

自然の写真を撮ってブログなので拝見してますが、見えてない苦労っていうのもあるのでしょうかねえ^^
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >