冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◆ お寺のある風景、慈光寺

慈光寺の菊水橋



慈光寺の石段



慈光寺

今では平気でどこのお寺でも石仏でもカメラを向けられるけれども写真が趣味になる前は、
「お寺」、「お地蔵さま」、「お墓」だのを写真を撮るなんて考えれなかった。
それも京都だの奈良へと行けば平気で普通にお寺を撮っているし、東京浅草へ行けばやっぱり撮りたくなってくるお寺の風景がある、
ましてお寺で撮影禁止だのと”断り”があったら、「なんで?」と言ったりもするもするが、流石に国宝級の仏閣は写真も撮れて触ることさえも出来てスリスリとさわると得したような幸せ感があるので必ず触っているのだが。

けれども地元のお寺になると「なんだかなあ?!」って感じがしてカメラを向けにくかったり、撮りづらかったのだが、このお寺がそんな”僕のわだかまり”をとってくれた。


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/07(木)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<◆ 暗い慈光寺、、、、お寺が暗い訳ではなくて | ホーム | ◆ 杉並木の参道のモスグリーン>>

コメント

しっとり落ち着いた風格のあるお寺さんですねえ。その佇まいを魅力あふれる感じで撮っている。さすがです。

私は京だとか地方だとかはあまり気にせず、めったやたら行く先々で撮りまくっています。駄作ばかりで、困ったものですが。(^_^;)
  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. AzTak #xZCYq0Xc
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

五泉にこんな立派なお寺があったのですね。
苔が見事で一度行ってみたいです。
訪れる人も少なそうで、静かな佇まいがまた魅力ですね。
  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

Re: AzTakさん こんにちは

歴史を聞くと越後の曹洞宗の修行でもあったらしいです。
いまだに座禅場があります、でも山の麓なので空気感が街のお寺と違いますし、
静かです、静寂って言葉、サンクチュアリって言葉が浮かびます。
お寺ってこういうものなのかと、地元新潟にもあるんだと発見したお寺でもあります。
  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

Re: masaさん こんにちは

慈光寺、これからピークです、すぐには「銀杏の里」があり
銀杏の木があちこちにあり、金色の風景になり「黄金の里」などと言われてます。
これからは、カメラマンや観光で天気の良い土日は人がたくさんです。

雪さえなければ、参拝客はたくさんではないですがいますよ、
たくさんの人が来るよりも、僕はいいですがね^^

今度こちらにこられたら是非どうぞ、銀杏は見所ありますが、ダメでもギンナン買って帰り
家で焼いて食べると、、、これがお酒のつまみにいいですよねえ(*´ω`*)
  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

犬山にゃん太郎 さん

橋の両側にある苔
階段の両側にある苔
お地蔵さんの前にある苔
一枚目 二枚目のお写真
苔の美しさが 一際 目を惹きます
三枚目のお写真
緑の濃淡の中
水の流れが清らかです

慈光寺
趣があり 心安らぐ お寺のようですね
撮影された 犬山にゃん太郎 さんも
心 穏やかなるものを 感じられたと思います
  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. 香月 りら #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

Re:香月りらさん こんばんは

すっかりこちらは紅葉の季節になりましたが、そちらはどうでしょうか。

正直、撮りすぎました。有名な場所ではないただの山の風景なので
どこがどこなのかと同じような写真ばかりにも見えなくもないです。

そんな紅葉に比べたら、ここ慈光寺では撮るものがまとまってあるし
人も通るけれども誰に気兼ねすわけでなくのんびりと撮影できて、
時折通る参拝者の方と「こんにちは」なんて挨拶までして
なんとなく普段のストレスを忘れさす癒しがあります。

これから紅葉が終わって雪が降っても出掛けてしまう、僕の癒しの地であります。
ちなみに、雪の時期にカラーで撮ったものとモノクロで撮ったものが区別つかない風景のところでもありますわ。

  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎 #-
  4. [ 編集 ]

にゃん太郎さん、こんにちは♪

青い苔が本当に美しいですね。
杉並木と苔が自慢のお寺なのでしょうか?
石仏が訪れる人々を見守ってくれているように見えます。
冬はどんな感じになるのかな・・・
ここの雪景色を撮られるご予定はありますか??
あっさり雪景色なんて言ってしまいましたが
きっとここまで来るのは大変なんでしょうね。
  1. 2013/11/07(木)  
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

Re: Mikaさん こんばんは

苔が自慢ってことはないと思います、
僕がここの苔が好きで勝手に撮ってるだけで
石仏を撮っているかたは見ますが、苔の撮影は見たことがありません。

以前に悩み事があって、ここの石仏全部に頭を下げて手を合わせたことがありますが、内緒ですよ(笑)

ここの雪風景は何度撮ってますが、タイミングが難しいです。
山のなので平地と違う降り方で、大木の杉でちらちらと雪が舞って白い風景に出会うタイミングは難しいです、
なので僕の行くのはドシャーと積もってからの方が多いです、
雪景色がキレイというよりも「よくまあ、雪降ったなあ」の風景であります、
まあそれも僕は好きなのでがまた行きますよ^^
  1. 2013/11/08(金)  
  2. URL |
  3. 犬山にゃん太郎          #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyanta2030.blog.fc2.com/tb.php/669-4670087b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1134)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (21)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (123)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (18)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (37)
奈良・情景 (50)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村