FC2ブログ

◆ 西会津の森でのお願い

犬山にゃん太郎

軌跡



杉の森



杉並木の森

西会津の山道の苔むした岩の上に石ころが上がってた、これはみんなのお願いだった。
一生に一度の願いは三年つづけてお参りすれば、なじよな願いもききなさる「野沢の山の神様」と耳してはいた、こんな美味しい話があっていいのだろうかと
欲深い僕は、震災のあった2年前に登ったのだった。
看板だのには所要時間1時間などと書かれてあるので毎日の日課で1時間ウォーキングをしているので楽勝だろうとタカをくくっていたが、平地と山道では違った。登ってみると1時間どこか前へと足がでなくなるくらいの坂、階段、進んでは休みちょっと進んでは休み玉の汗を拭き「こらあ騙された~」とご気楽に登った僕は後悔しまくったのだった。
そうやって山道を2時間、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)の御本社にへと状態で到着したのだった。


せせらぎ



大山祇神社

そしてそうやって登って来た者だけの権利「願い事をした」、駐車場に車を置き西会津の山を登るまでは「金、金、金だろう。」とお願いするはずだったが、
登っては腰をかけて座り休憩そんな状態でへとへとになるまでになって御本社で自然に浮かんだお願いは、「この度の震災にあった東北地方に安泰を」だった。
「ややや」、驚いたは僕自身欲深いはずの僕の「金、金、金」はどうなったんだと「それと~、たんまりとお金が入ってきますように」と追加したのだった。
そんな2011年の初夏から始まって今年3度目のお参りをすました、当然三年続けての「願い事」は、初年度と同じ「東北地方、ひいては日本の安泰」と、あとにはやっぱり「金、金、金」だった。

1年目はヘトヘトだったが2年目の去年はゆっくり焦らず登ることで初年度よりも楽に、そして今年はホームセンターで買った竹を杖にして、へばりはしたが初年、昨年よりもずっと楽に登れた。

そんな途中の杉並木であり、せせらぎで顔を洗い、そして水を飲む、「うまし~」の森、そん森の大きい苔むした石の上に願い事なのか小石が積まれていた。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 10

There are no comments yet.
Mika

にゃん太郎さん、こんにちは♪

水もきれいで、神様がどこからか見ていて
願いをかなえてくれそうな・・・
そんな雰囲気たっぷりの森ですね(^^)

にゃん太郎さんのおっしゃる平地と山道の違いでへとへと~
よ~くわかります(経験者、笑)
でも、にゃん太郎さんは、三度も登られたんですね。
段々と楽になっているというところがすごいです。
「野沢の山の神様」きっと願いを叶えてくれるのでは・・・♪

.napo.

岩の上の石ころはみんなの願いごと・・・
そうだったんだぁ。知らなかった~
いい感じだなって思ってみてました。

水・・・キレイ。とっても。
水のせせらぎ撮ってみたいな・・・
山の自然の写真が私は好きかも♪

この歳になっても、ひとりで行くのは
ちょっと怖くて、敬遠してしまうのですが。

AzTak

ふふふ、わずか1時間強の行程でも大変ですよね。
私も平地の散歩を続けていたので、ちょっとくらい長い山道でもno problemだろうとタカをくくっていました。最初から大汗かいて、苦労するとは思いもよりませんでした。
今なお東北のことを気にかけていただいて、大変ありがとうございます。

犬山にゃん太郎
Re: Mikaさん こんにちは

普段1時間ウォーキングをしているので
所要時間1時間と案内板に書いてあったら「楽勝だろう」と思いますねえ^^

最初は下っていくので問題もなかったのですが、今度は登り、
きついなあとは感じていたのですが、徐々に足が前にでなくなり
ひいては休憩休憩ばかり、最初は緑の山を見る余裕もありましたが
最後はいい加減のようなありさま、写真で撮って後で見よう、、、そんなんでしたわ(笑)

でも、そんな中で飲んだ沢の水、うまかったですよ、
まだ登りがなければもっと飲んでいたかもしれません。
昨年は、今度は普段歩くよりもゆっくり、これがよかったのか休憩は減り
今年はそこに竹のインスタント杖、馬鹿にしてましたが200%役立ちました。

しかし、3度登ってタイムはやっぱり2時間強、、、あの所要1時間はなんだったのか、
神の道は、そう簡単ではいけないよってことなんでしょうかねえ。

  • 2013/09/30 (Mon) 12:46
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: .napo.さん こんにちは

苔むした岩の上に小石、だれかが始めたのでしょうが
そんな小石が山になっているというのは、それだけのお願いがこの石の上に乗っているってことでしょうか、
僕は、単にそれだけ人がここに着たんだという証に見えました。
とはいえ僕は撮るだけで小石は載せてませんがね^^

平地で歩いていて健脚だと思っていても、山道はまったく違います。
まさに階段をずっと登っていくような感じ、
もしも山へと行かれるのなら普段歩くよりもゆっくり登る事をお勧めします。
そして疲れた乾いた喉を沢の水で満たす、、、生き返りますヽ(^。^)ノ

けれども.napo.さんのお住まいの地区ならせせらぎどうか知りませんが山野辺があるじゃないですかい (^^)v

  • 2013/09/30 (Mon) 12:53
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: AzTakさん こんにちは

普段なんともない歩く時間が、山では違った、
3年目になると、あれこれとわかってくるのか所要時間は変わらないですが
へとへとはありますが、度合いが違います、山は山の登り方があるんですねえ。
途中背中の荷物の重さでひっくり返りそうになったりして(笑)

ともかく3年詣でました、ともかく「やれやれ」感の達成が嬉しいですわ。

  • 2013/09/30 (Mon) 12:58
  • REPLY
夢旅人
願い事は

”にゃん太郎”さん、今晩は

会津・大山祇神社にお参りですか~、
神社は願い事、寺院は供養だから、誰でも神社の方がイイよね~。
だって、「欲と二人連れ」は誰でもだから・・・

大山祇神社の総本山は瀬戸内海の大三島にあり、
此処は、国宝や重文の所蔵が日本一だとか。
まぁ、ここら辺りは水軍の本拠地でもあり、戦利品も沢山あったのでしょうね。

  • 2013/09/30 (Mon) 19:05
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 願い事は・・・夢旅人さん こんばんは

僕は国宝フェチなんです、
国宝重文が日本一とか聞くと見捨てて置けないのですが
ちょっと遠いので、西会津の大山祇神社で満足しておきますわ。

10何年前初めて来た時は、山の下にある神社がそうなのかと
ここを3年かあと思ってましたが、結局通わずじまい、
そして改めて御本社が山にあるのだと知って「え~。」と思ってましたが
まさかにそんな「え~。」の大山祇神社の御本社に3年続けて詣でるとはホント思ってませんでした。

  • 2013/09/30 (Mon) 22:07
  • REPLY
香月 りら
犬山にゃん太郎さん

今回のお写真 拝見させて頂き
苔には これだけ異なる 美があるのだと感じました
1枚目のお写真に見る
石と共にある 光による苔の輝き
3枚目のお写真に見る
巨木の根にある苔
根と共に生きるかのような苔
お写真の下方に見える
その苔の輝きも見逃せません

犬山にゃん太郎
Re: 香月りらさん こんばんは

すいません、山登りだったんで普段のカメラではなく
ちょっとは軽いものを持っていたカメラでしたが、それでも1kg強はあり
またふらふら状態だったのでうまく撮れてないというか、
「これでいいだろう。」的に撮ったもの。
本来ならもっと小石を上げた人たちの気持ちがわかるように撮ればよかったのですが、
精神的肉体的に余裕がありませんでしたわ。

普段は待ち歩きばかりしていると、
こんな緑に囲まれた山道をあるくとやっぱり癒され感じでした、
9月の中頃だったのに蝉が鳴いてました。

ヘトヘトでしたが、逆に無心なれましたよ^^

  • 2013/10/01 (Tue) 22:52
  • REPLY