FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 沼垂(ぬったり)・浅平小路(あさへいこうじ)

沼垂東・浅平小路



沼垂東の商店街




浅平小路


中央区沼垂の町を探検して、「浅平小路」を歩き商店街の通りへ出る時に、黒い日傘のバアサンが前を歩いていた、
この日のここ沼垂の町探検の中で発見した「いいなあ」の光景ベスト3には入るのじゃないかと感じカメラを構えて数枚撮った時、
僕は、「オレって、バアサンのストーカーになっているな。」と思った、、、もっとも、そこの通りに出るまでの20mのプチ・ストーカーだった。

関連記事

Newer Entry◆ 沼垂東・カッコいい建物と朗小路(ろうこうじ)

Older Entry◆ 夏の名残り

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎 さん
商店街へと行くことが出来る道
その道の両側は 殆どが民家であり
一軒の医院の看板でさえ 華やかに見えるくらいです
その街並みは まるで残暑を遮るかのように見えます 
その中には 緑の自然の遮りもあるようです
その道を歩く人は 商店街へと その足を運んでいるのでしょうね
黒い日傘は やはり残暑の日差しを遮ってはいますが 
その足運びは 軽やかのように思えます
盛夏とは違う何かを・・・・・・・ 
身体も心もおのずから知っているのでしょう
秋の訪れを その足運びに 見ることが出来るかのようです
何気ない光景のようでありながら 
季節の移り変わりを感じずには いられません
Edit
故郷の『掻槌(才槌)小路』等と同じ昔からの小路のようで、今の感覚からすると、結構幅広の道のようですね。これくらいの幅があると、飲み屋さん密集の雰囲気ではなくなりますね。
お姐さんではなく婆さんがひょこひょこと歩いているさまも絵になりますね。
EditRe: 香月りらさん こんにちは
本日は雨であります。
8月もあっという間に通り過ぎたなあとヒシヒシと感じますが、
こんな風景もあと何度みれるのかとそんなことを思い
そして雨ではちょっとばかり寂しい月末ですわ、
終わりも夏ってーーーって感じで暑くあって欲しかった。

今はこのような風景を撮りまくりひたすら冬の為のストックへと
励まなければなりませんが、秋の空がそこに来ていると思うと
ちょっとばかり焦りもある今日のこの頃です。

そういう言う意味で、沼垂の町の再発見は今年は貴重でありました。
過去にも何度も通っている、そして歩いているつもりでしたが、
見えてなかったんですねえ。
森を見て気を見ず、そんな風にこの街を見てましたわ。

楽しいですねえ、こんな街の散策、観光地でもなく
普通の普段の町を撮ってあるくのは楽しい。

そう思って歩いているところに目の前に日傘のバアサン、
絵になり過ぎて撮らないではいられませんでした^^
EditRe: AzTakさん こんにちは
「〇〇小路」と名のつく路地はいくつもあります
ご指摘のようにここは広い方であります、
逆にこんな所に名前まで付いて人が通っているのかと
思えるようなと路地もありますが、
それは今現在だから云える事であり、
過去には今の光景とは違うそこはそこなりの隆盛の頃があったんだと思います。

そう思うと小路も擬人化して考えると十分人間に通用すようなとこがありますね。

だからか僕は、路地がすきなんでしょうかねえ。
Edit
こんばんは。
にゃん太郎さんの「いいなあ」だった光景、お写真からもよくわかります。
とてもいいお写真ですね。
おばあさんは、「あら?」と思いましたが、プチストーカーだったんですね。
良いモデルに出会えてよかったですね。^^
EditRe: いろもりカラスさん こんばんは
日傘の風景いいですよねえ^^
昨年京都鴨川の川原から四条大橋を日傘の行列が並んで渡っていく光景を
撮り損ねて以来時々あの撮れなかった悔しさがよみがえることがあります。

雨傘と日傘ではやっぱり光景が違います
そんな日傘の夏がそろそろ終わるのだろうかと思うと
ホント悲しくなってきますわ(ToT)/~~~

そんな夏の「いいなあ」の時でありました。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >