FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 異人池のドッペり坂

どっぺり坂



異人池の坂

新潟市中央区異人池にある坂・・・・”異人池は地名で、そこにある坂をトッペリ坂という”。

わかりづらいが2枚目、桜の木の向こうの建物は、昔イタリアン・レストランだった。1階はカフェ&ストアーで、2階がイタリアン・レストランだった。
1階のストアーにはイタリア製の洒落た小物とか売っていて、眺めているだけでも楽しかった、ワイン・オープナーを買った。

2階のレストランでは、店員さん同士(日本人)はたぶんイタリア語での会話だった。
〇〇パスタセットを頼むと、「〇〇ケレ~ノ」、「〇〇ミケ~レ」のような語尾をつけてオーダーを厨房にイタリア語が飛んだ。
デザートも「本日のデザートからお選び下さい。(日本語)」云われ、選ぶとやっぱり「△△ケレーノ」とやっぱり厨房へオーダーを出した、
新潟らしくないカッコいい店だなあと、人にはお勧めの店ってことで「いいよ」と云っていた。

けれども、いつの間にやらお店はなくなり、今はパーマ屋さんになった。

あのイタリア語の飛ぶ店が、忘れられずここを通るとまた元の戻ってないだろうかと必ず建物を見る僕であった。


関連記事

Newer Entry◆ 祭の日、遠くで祭囃子が聞こえる

Older Entry◆ 夏、いつもの通りが違って見える時

 

Comments
Edit地名からして
魅力的ですね。
お晩です、犬山にゃん太郎さん。
「異人池」「トッペリ坂」
うーん、言葉を聞いただけで
いわれを調べてみたくなります。
「異人坂」ならああそうか、
東大の外人教師がここを下って
上野にいっていたのかあ、など
想像が出来ますが、、
私もにゃん太郎さんにとっての
このイタリア料理屋さんの様な
忘れられないお店があったりします。
仙台の八本松という街にあった
美味しいたこ焼き屋さんが、
ご主人のごつい顔が、
いつも目の前で焼くたこ焼きの味が
忘れられません、でも今は無いのですね。
30年前の話ですから。

にゃん太郎さんに教えていただきました
野毛のハーモニカ横丁に
先日、ついに行ってきました。
嬉しい、楽しい街との出会いとなりました。
記事が読んでいて自分で楽しくなるような
記事を書くことが出来ました。
新しい街並みとの出会いを下さって
改めて感謝いたします。
またお邪魔します。
EditRe: 地名からして・・・kozoh55さん こんばんは
地名って時々、ぐっと来る時ありますよね。
その名前を聞いただけでそこへいってみたくなるような、
ドッペり坂はそれなりに知られているので時折カメラを持って撮影しているのを見かけます。
ここ数年は、写真右ビルに中国の領事館になってその前には警察官が警備、
カメラを持ってぶらぶらするのも怪しい目で見られているようなあんばいですわ。

イタリアンレストラン、今ほどは当時はパスタなど食べていなかったので
こじゃれた雰囲気の店が気に入っていたのですが、
時代と共に、最近では休日の食事で僕でもパスタを作るようなりましたので
そんな訳でもないですが、お客さんが減って閉店したのかと
失って初めて知るありがたさであります。

kozoh55さんは僕よりもずっとマニアックなお店に寄っていられるので
イタリアンレストランのような体験が多いのでは思います。

そうですが、野毛ハーモニカ横丁へ行かれたんですか、
関東には面白ところが多いですよねえ、
僕はわざわざ新潟から新幹線で出掛けるのに比べて
いつでもそんな街へといけるkozok55さんが 実に羨ましいですわ。
Edit犬山にゃん太郎 さん
異人池は地名でしたか
池の名前だと最初思い 池はどこに写っているのだろうと探してみましたが 
見つかりませんでした
記事を拝読して 理解に及びました
一枚目 階段の上から俯瞰撮影された
お写真 とても素敵です
右手の建物にある緑
左手煉瓦の建物
階段下にある 一本の木も印象的です
その遥か彼方に見えるビル群
さらにその上にある明るい空
全てに 魅了されます
Edit
異人池の地名が気になり、調べてみたら、カトリック教会が関与していたようですね。神父が井戸を掘ったら、水が勢い良く噴出し池になったとか。
時は流れ、池も埋められ、地名を残すのみになった。ちょいと粋な地名で、住民の誇りなのかもしれませんね。

イタリアンレストランは成功して、別なところに移っていったのかもしれませんね。我が近所にも自由が丘グリルという小洒落た食べ物屋さんがあったんですが、成功して新丸ビルに引っ越して行きました。
EditRe:香月りらさん こんにちは
昔はツインタワーの教会が見え、そこには池があったとされますが、
今は教会は残っていうるものの、池は埋め立てられ住宅地になってもうありませんが、
地名だけは残っているようです。
一度聞いたら忘れられないような地名ですから、
今風な地名するよりもずっと印象が残る響きですよね「異人池」。

明治に長い間徳川幕府によっての鎖国が開放されたのが函館・横浜・長崎・神戸・新潟の港。
ご存知ように新潟以外は超有名な港であり観光地にもなってますが、
その共通点が港と坂、その坂こんな異人池の坂でありましょうかねえ。

撮ってるときは変わらなくても、時間が経つと街の風景は変わってますね。
EditRe: AzTakさん こんにちは
流石ですね、調べられるなんてヽ(^。^)ノ
一度聴くと忘れずらいような地名ですもんねえ、
地名は残ってますが、池がどの辺にあったのか歩いてますがわかりません。

異人池に限らず、このあたりは昔の新潟市の一等地のようなところ、
この辺に家でも粋な都会人のようなあんばいですね。

イタリアンレストランは、ネット調べましたがわかってません。
潰れたのか、移転したのか、店名が同じならネットでひっかかるのですが
それもないので、店名が変わったのかもわかりません。

なんでもそうですが、失って初めてわかるものってありますよねえ、
僕に出来るのそうなる前に写真撮っておくくらいでありましょうか^^
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >