FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 青森・情景  

◆ 八戸市鮫町・蕪島とウミネコさん

蕪島のウミネコと八戸港



蕪嶋神社



蕪嶋神社と八戸港



八戸線から蕪島と八戸港を望む


蕪島は、世界一のうみねこの繁殖地などもいわれ以前から行ってみたかったが、さすがに距離もあるが、新潟とは正反対のような位置のイメージで、東京へ行くようなお気軽に新幹線に乗ってと言う訳にもいかないし、ここ蕪島のためだけに来るというと思うと実現は二の次ぎ、三の次ぎような所だった。

それが朝ドラ「あまちゃん」に、今回の「八戸へいっしょに行こう」のお誘いであった、そうか「あまちゃん」の久慈と絡めて行けば良いのだと、ひらめいた。

そんな蕪島に段々近づくとウミネコがあちこち飛ぶ光景が見えてきた、蕪島の鳥居を目の前にすると「ここかあ~」と嬉しさが込上げてきたが、神社の鳥居の脇には「ウメネコのフンに注意してください」ということでビニール傘が何本も置いてあった。

僕はうわさで知っていたので、なるほどと納得しつつ傘を一本選んで神社の階段を登ったが人懐っこいウミネコばかりで、近づいても逃げやしない。
かと言ってフン除けに傘を差しっぱなしなので片手撮影でうまく撮れないもどかしさ、、、望遠レンズも持ってきたがさすがに使えなかったし、来てみたかった割には僕は段取りが悪かった。

まだまだピークはないようでそこそこのウミネコと子供のウミネコはいたが、まだまだ最盛期ではなったようである。


関連記事

Newer Entry◆ 八戸、哀愁の魚屋のおやじ

Older Entry◆【駅シリーズ】JR八戸線「鮫」駅の風景

 

Comments
Edit犬山にゃん太郎さん
二枚目
階段を仰視でのご撮影
三枚目
階段を俯瞰でのご撮影
この階段と鳥居また周りの景観の魅力を
表現すべき 撮影時 考慮されたことが想像に及びます
ウミネコとの出会いも旅の良い思い出になられることでしょう
Edit
こんにちは♪

どのお写真もとっても素敵です(^^)
いい風景ですねぇ、ここに行きたくなりました!!

1枚目のウミネコの顔が「ここは俺の縄張りなんだよ」
って言っているようで、堂々としたモデルぶりがあっぱれです(笑)
ウミネコとかカモメとか好きです♪
傘を差しても行く価値はありですね。
Edit
確かに傘をさしながらの撮影は結構大変でしょうね。
蕪島に行くと決めたら、私だったら、ポンチョとカメラカバーとを持参で行くと思います。
啼き声は可愛いんですが、あれだけの数がいると…
子供の頃は、かもめと混同していました。両方居たものですから。
EditRe: 香月りらさん こんにちは
ここは繁殖期のピークに凄い数なるらしく、動画でも見たことがあります。
当然撮影どころか、島の上にある蕪嶋神社までいくのも鳥のフンの爆撃には注意ですが、
ウミネコは渡り鳥ですから東京から北上してここまで来ているものもいるときいてます。

そんな話を聞くようになってから、一度は行ってみたいなあと思うようになりました。

が、当日は雨に風、ちょっと傘はあると行っても参りましたわ w(゜o゜)w じぇ!
EditRe: Mikaさん こんにちは
ご存知のよう一昨年に震災時、津波でここ周辺を全部覆いました。
蕪島の周り、奥に見える八戸港とたぶん島の周りではいろいろ建っていたのではなかろうかと
おうような形跡もありました。

なるほどなあと島の上から眺めていたのですが、やっぱり傘をさしているとけろでも
フン攻撃がきになりそうそうに退散でありました。
PCでユーチューブなどで見ているとフン攻撃には心配ありませんもんねえ^^

とはいえ新潟で同じような位置で撮影すると必ず逃げられます、こんな風に撮れるのはやっぱ
日本一の繁殖地で有名で人が行くからからなのかもしれませんね。
EditRe: AzTakさん こんにちは
傘は、安い透明のビニール傘でして、雨が上がり、周りに障害物のない島でありちょっと風が吹くと危うくなりなります。
当然大事なカメラを持っているとかと思うと覚悟はしていても「やばい!」とカメラを手で覆っている自分がいました^^
ポンチョとカメラカバーですかあ、本格的ですねえ^^
やっぱり撮るのなら飛んでいるところでしょうか、見上げることが多くなるので傘よりもポンチョがいいかもしれませんが、とんでもない想定外ことが起りそうなくらいの数が、上横、下にいますよ^^
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >