FC2ブログ

◆ 火灯窓(かとうまど)

犬山にゃん太郎

耕雲寺の火灯窓




耕雲寺の山門の仁王さん

お寺といったらこの窓、「火灯窓(かとうまど)」と云うらしい。
カメラが趣味になって何でも勉強になることが多い、以前なら気にはなっていも聞き流していただろう。

この日、ずっと気になっていたお寺があって今度こそ行ってみようと思って車に乗った。
高速道路を飛ばせは4,50分だろうが、別に急ぐこともないので下道で行ったのだけれども、途中から前の車をどこまでも後をついて行く形なった。

ざっと計算で30km以上、その車の後ろを走っていただろうか、見れば前の車は女性の運転で乗車は1人だった、そこそこにスピードも出してくれるので後ろを走るのも走りやすかったのだが、段々と走れば走るほど同じコース、一本道とかではなく曲がる所だって30kmである、色々あるだろうにずっと一緒というか同じ。
僕は思った、「前の車は女性だ、バックミラーを見ているだろう同じ車がずっと後ろを、くっついてきている?」などと思われないだろうかと。

そしてやっとそろそろ僕は右折だなあと思ったら、前の車も右折、僕は急がないとはいえ一旦に車を停めて間をおけば良いのだが目的地にはそこそこにたどり着きたいし、そんなに前の車が同じ方向へと走るはすがないだろう、と思いつつも「まさかに僕のこれから行こうとするお寺も同じだったりて。」と、お寺の駐車場で顔合わせ、これっは前の車は女性だしこちらは男、変に誤解されてもななあと段々に僕は「やばいなあ。」と思えてきたのだった。
そしてやっと30数kmは走って僕は最後の右折するところで、前の車は左折のウィンカーを出した、それを見て何だかホッとしたのである。

■ 村上市・耕雲寺

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 23

There are no comments yet.
香月 りら
犬山にゃん太郎さん

火灯窓
神社仏閣によく見ることが出来ますよね
上部は円形のアーチを描いています
木材の火灯窓
白の漆喰の壁に似合います

二枚目のお写真
火灯窓の中は どのようになっているのでしょうか
ミステリアスな感じがします
お手数ですが お時間ある時 教えて頂けると嬉しいです

犬山にゃん太郎
Re: 香月りらさん こんばんは

お寺で見る火灯窓、改めて意識してみると
なんでこんな形なのかと思ってしまいますね。

ここの村上市の耕雲寺に到着してお寺を見て回ると
火灯窓あたりには午後の光がさしていて、建物が優しく見えてきました。

寺院の建物なので素材は木材ですが、雨、風、雪に晒され金属云う所の錆びのような感じの表面になってました。
こんな光の当たり方でこんな風に見えるは僕には「萌え~」であります^^

2枚目はどこでもある三門の仁王さんで「あうん」の「あ」の仁王さんですので反対にはもう一体「うん」の仁王さんがあります。

  • 2013/05/29 (Wed) 01:23
  • REPLY
nanaga2

おはよーございます。残念、同じお寺で、美女との運命的な出会いがあったかも♪緻密な描写なのに、柔らかい表現で素晴らしいと思います。

AzTak

火灯窓、如何にもお寺さんに来た感じがして良いものですねえ。
こうしたものはお寺さんの特有のものだと思っていたのですが、江戸東京たてもの園の農家や三渓園の合掌造りの家にもあったりして、驚きました。豪農さんたちが真似をしただけなんでしょうね。

こんなふうに枯れた感じになっていると、本当に落ち着けますね。
ベンガラを塗りたくるのは嫌だけれども、何か目立たない防腐剤を塗らなくて大丈夫かなあと思うくらいです。

次席家老 

火灯窓ですか。初めて知りました。
夜,この窓にかすかに明かりがともって,
ゆらゆら揺れてたら・・・,
肝試しに最高ですね。

きっと前を行く女性,不審者だと思って,
逃げ出したんじゃないですか?
心当たり,あります?(笑)

タケ

犬山にゃん太郎さん、おはようございます。

お寺によくある、あれ、火灯窓って言うんですね!勉強になりました♪

見知らぬ車と一本道で同じ方向に・・・あれは、どちらのポジションに居ても気不味いですね(^^;

運転しながら変な気疲れも出ちゃいますし・・・
目的地が同じだったなら妙に運命的?なもの感じますが(*^^*)

りさ

あ〜!
ありますあります!!
車乗ってるとずっと一緒という(^m^)
ずっと一緒だと変な気になっちゃいますよね(^^;)
目的地で鉢合わせしても気まずいしで(笑)
無事に目的地が違う所で安心ですね(^^)

  • 2013/05/29 (Wed) 11:15
  • REPLY
犬山にゃん太郎         
Re: nanaga2さん こんにちは

お寺で運命的な出会いになる前に、不審者で通告されたりして(><);ジェ

朽ちたというか、長年の雨風、雪に晒されて作られた侘び・寂びのような火灯窓に
柔らかく光があたる木の質感いいですよねえ、僕はたまらなく好きというか写真に納められたこと自体が嬉しいのですよね^^

  • 2013/05/29 (Wed) 12:34
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: AzTakさん こんにちは

何でか知りませんがどうしてこんな形なのか、
デザインといえばデザインですが、豪農の家にあったら、窓だけ真似ても家とのバランスも取れないでしょうから家全体からの設計とからになると思うのですがそうなると流石に金もってるなあとなってきますね(笑)


ベンガラも良いのですが、どこかに書きましたが、こちらはベンガラよりも圧倒的に
こんな木の質ままの建物が多いので当たり前の風景ですが、雨に濡れたあとは実にいいですよ^^
トタンの錆にも萌えなのですが、木の質のこんな風景も萌えであります。

  • 2013/05/29 (Wed) 12:42
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 次席家老さん こんにちは

カメラを始める前は、ただ見ている風景で、
時折いいなあとは感じていてもそれで終わってました。

それがカメラ持ってからは、
いろいろな物を撮る事で改めてなるほどなあと
思える、勉強になることが増えましたねえ。

以前はこんな風景は大して気にしてなかったのですが、
最近では萌え~って感じで、見つけるといいなあ写真撮ってますわ。



  • 2013/05/29 (Wed) 12:48
  • REPLY
AGA

知りませんでした。火灯窓。。。 

見たことあるような。。。無いような?

過去の自分の写真見てみます。


  • 2013/05/29 (Wed) 13:06
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: タケさん こんにちは

僕も知りませんでした、ブログのタイトル考えている時に
「この窓はなんていうのだろう?」と調べてしましました、
カメラは風景・モノを撮るだけでなく色々な知識も増えていくものですねえ。

運転で変な気疲れってありますよねえ、前の車が遅かったら抜いてそれで終わりだったのでしょうが、
そこそこ速度でこちらなイライラ感をまったくなかったのでずっと後ろに走っていたんですが
改めて逆だったらと思うと、、、ちょっと「何?!!!」って思ってしまいますよね。

  • 2013/05/29 (Wed) 13:06
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: りささん こんにちは

りさささんの場合は、女子ですからねえ、
「何この人?」警戒しますよね。

まあ、車ならこれ済みますが、歩行は時々参ります、
ホント偶然なのですが、同じ方向へと歩いたりしていて
あれはもっと気を使う。

りささんの場合、猫撮影のかえり際、猫の追い掛けありそうですねえ^^

  • 2013/05/29 (Wed) 13:14
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: AGAさん こんにちは

「火灯窓」日本人なら必ず見ているはずですよ、お寺、お城などで
ですが、名前まで知っている割合は少ないと思います。

だいたい、窓の名前以前に、こんなお寺の窓について誰かと話なんてしたこともないですもんね。
僕だって知ったばかりですわ(^^ゞ

  • 2013/05/29 (Wed) 13:27
  • REPLY
みちくさ

あ、火灯窓って言うんですね。
確か毎年アジサイを撮りに行くお寺で見たような。
中には仁王さまがいらっしゃします。
今年も行く予定ですので良い勉強になりました。
なにげなく見てましたが今度から友達に
「これって火灯窓って言うんだよぉ」なんて自慢げに言いますww
ありがとうございました。

.napo.
こんばんは

火灯窓と言うんですね。
「なんでだろぅ?」と思ったので
しっかり検索してみました。^^
昔の人はうまいこと名前をつけるんですね。d^^*

犬山にゃん太郎san、運転お疲れ様でした。
せっかくの撮影、気疲れしちゃいましたね・・・

☆かえで☆彡

火灯窓っていうのですね。
私も鎌倉のお寺まわりをしていて
いつも気になっていた窓です。
なんだかスッキリしました^^;

実は私も運転中に同じような思いになることがあります。
私の場合は逆ですが・・・
信号待ちや運転中に無意識のうちに
ミラーを見ていて。
あれって気になりますよね~。

犬山にゃん太郎
Re: みちくささん こんばんは

> あ、火灯窓って言うんですね。
僕も、ブログに載せるの調べて初めて知りました。
過去に何度も京都・奈良・鎌倉などの寺周りしているのに
知ったのは一昨日でしょうかねえ(^^ゞ

写真の趣味って勉強になりますねえ、
そしてあちこちブログを見て生の日本、世界を知る、
カメラが趣味でなかったら詰まらん飲んだれくれオヤジになってましたね(* ̄m ̄)ププッ

  • 2013/05/29 (Wed) 22:38
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 鍵コメさん こんばんは

300% 嫌な思いはありません、気にしないで下さい。
むしろ、マジありがたかったですよ~ (^^)v

  • 2013/05/29 (Wed) 22:42
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: .napo.さん こんばんは

> 火灯窓と言うんですね。
自分自身も勉強になってます、一昨日までは「お寺のへんてこな窓」だったのに、
そんな名前があったとは、「火灯窓」とか云われると
いかにもお寺の明かりが洩れてきそうな雰囲気ですよねえ、、、、もっとも昼間は見れませんが(笑)

車、逆もありますねが、若い自分は負けん気一杯なので降り切ろうしていたはずですが、
今は、後ろに着かれたら車を脇に停めて先にやるようになりました。
無論、、、、そのあと仕返し追い駆けるなんてことはしませんよ(* ̄m ̄)ププッ

  • 2013/05/29 (Wed) 22:48
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: ☆かえで☆彡さん こんばんは

僕も何度も鎌倉・京都・奈良なのでお寺まわりして
火灯窓は見ているのに、名称は記事を書くのに一昨日知ったばかりです(^^ゞ
これもカメラが趣味であるがゆえですかねえ、だいたいにお寺まわりしても
変わった形の窓は気になっても、
「これがお寺なんだ!」と疑問すら思い浮かんでこなかっかたです。

車の同方向が同性ならまだいいのですが、女性を男が後になると
今は「ストーカー」なんて言葉が当たり前に云われますからねえ。
僕も学生、好きな女の子の後ろをこっそり歩いても、単なる「恋心」で済んでいた時代がなんとも懐かしいですわ(^^)v

  • 2013/05/29 (Wed) 23:02
  • REPLY
kozoh55
良く見てはいたのですが

こういった形の窓にれっきとした名前があるなんて
驚きであります。情報感謝いたします。
そういえば、そんnネーミングが似合う窓という
気がするから不思議です。
お晩です、犬山にゃん太郎さん。
いつも記事で楽しませてもらってます。
火灯窓の奥には仁王像があるのでしょうね。
それにしてもドライブの件、
よくありそうな話ですし、辛いですね。
本当にほっとされたんでしょうね。
私にも同じような思い出があります。
やはり「変な人」とは思われたくないですね。
またお邪魔します。

  • 2013/06/04 (Tue) 00:05
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 良く見てはいたのですが・・・kozoh55さん こんばんは

窓の名前、僕もブログの載せるのに調べて知りました(^^ゞ
で、聞いた事がまったくない名前でした。
京都では外からも内側からでも見ていたのですが、窓の名前が何て云うかすら浮かばず、
漠然と「お寺の窓」として見ていたんですねえ。
名前を知り今度見るときには見方も変わっているでしょうか。

こういう窓を見ると、サッシの窓が味気ないようにも見えてきます。

「変な人」、昨年警察官職質を受けました、
それも街中でなく、お天気が悪く雨降りのダム、放水が激しかったので
これは~と写真を撮っていたら、偶然通りかかったパトカーが一旦は通り過ぎたのですが
また戻ってきて、「何をやってるの?」って、カメラで写真撮っているのがわかるだろうと思うのですが
とりあえず、誰も他に見えないダム、テロリストにでも思えたのでしょうかねえ。

  • 2013/06/04 (Tue) 01:30
  • REPLY