FC2ブログ

◆ お寺の窓

犬山にゃん太郎

善寶寺、竜王殿窓と本堂の瓦



善寶寺、竜王殿の窓



本堂と竜王殿の渡り廊下

山形県鶴岡市の善宝寺の窓、

石段を百段くらい登った本堂のその裏にある、竜王殿の窓。
何度も来ているが、自分にとって印象的だったのは東日本大震災後の参拝だった。震災の被害こそなかったが東北の被災地現状をTVなので観ていて、毎日の続く余震でちょっとばかり気持ちに落ち着きもなくなり毎日もやもやとした気分がたまっていた、気分転換というか僕が出来るのは募金と東北の訪問だというので、加茂水族館とここへと来た記憶がある。

国道7号線を北上して行く途中に山形県に入ったとたん、さっきまで何でもなかった普通のガソリンスタンドの前には行列で並んでいた。
そんな光景を見て「俺はこんな時わざわざガソリンを使って来てよかったのか?」と思っていたけれども、ここ善寶寺に着いて手を合わせたら、なんだか気持ちが楽になった記憶がある。
他にもそんな人が多かったのか、手を合わせている風景を見ているといつもより手を合わせているのが長いのではないのかと、なんとなくそんな感じがした。
普段でも音楽など流れてはいないが、この時は音楽が消されようなとあきらかに無音なんだという雰囲気があった。
善寶寺山門と石段

そして今年この日初めて竜王殿の裏山から、「貝喰みの池(かいばみのいけ)」へと行ってみた。
あの一時期「人面魚」の流行った池である、足音か人影を見ると餌をくれるのだろうかと鯉が寄ってきたが、誰も見ていないことをいいことに、
餌を投げる振り、エアー餌やりをした、数十匹の鯉は本来は水面にあるであろう餌をパクパクと探しいたが、やがて「どうも餌がないようだ。」と判ると消えていったが、後ろにいた鯉は状況がわからず、僕のエアー餌やりで「どこだ、どこだ。」と騒いでいたが、やがてはそれらも「このオヤジは駄目だ。」とわかるとそれも姿が消えた。

そんなエアー餌やりのあと竜神堂の裏へと廻ったら、明らかにそこは聖域だった、写真は撮ってはまずいというか撮れい雰囲気があった。
と、ここまでで書いてエアー餌やりはまずかったなあと思ってきた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 6

There are no comments yet.
香月 りら
犬山にゃん太郎さん

二枚目のお写真
門扉でしょうか・・・
透かし彫された寺紋
そこから 望む 景観
感性の凝縮感じます

犬山にゃん太郎
Re:香月りらさん こんばんは

このお寺、僕にとっては珍しいような窓があります、近場のお寺にはあんまりありません。
当然この竜王殿の中は見えませんが、ガラスには本堂の屋根瓦が写っています。
これは意外とそのまんま見るよりも、こうやって間接的に見るが好きです。
そして、こんな光景を見ると「遠くまできたなあ。」といつも思うのです。

毎年今頃来ているのですが、今年は雪は融けていて何も残ってません、昨年来た時はまだまだ雪があり、
工事改築の最中でありましたが、今年はみんな完成して雪もない春の善宝寺でありました。

  • 2013/05/01 (Wed) 21:39
  • REPLY
zataro50

坐禅でお世話になっている鶴見総持寺の副貫主(No2)の斉藤老師(2009年に亡くなられましたが)の自坊で、東北の古刹ですね。かって人面魚で話題になりましたが、今どうなっているのでしょうか? ぜひ一度参拝してみたいお寺でした。ご紹介ありがとうございました。

  • 2013/05/01 (Wed) 22:56
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: zataro50さん こんばんは

名前は知っておりましたが、初めて行った時はビックリでした、
京都・奈良の規模のお寺が東北にあろうとは、それも僕も車でも2時間で行ける。
凄いなあと感じつつも、山門の韋駄天・毘沙門天にはやっぱり驚きでした。
人面魚の池まで入れるとかなり広さです。
五重塔もあり、境内の雰囲気はちょっと違います。

なのでこの所、年に1度か2度は善宝寺へは参拝しております。

  • 2013/05/02 (Thu) 01:49
  • REPLY
アルケミラモリス

善宝寺の風景の数々、
とても素敵です。

にゃん太郎さんの切り口が素敵で魅入りました。
前方に続く石段や、
窓越しの風景。
わくわくしながら拝見させていただきました。

  • 2013/05/03 (Fri) 15:41
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re:アルケミラモリスさん こんばんは

僕の住んでいる新潟県を含めても大きいお寺はありまりません、
ましてここには比較的新しく造られていますが、五重塔まであります。
今時期よりも夏ですよねえ、蝉が鳴いていたりして、普段生活しているところと
雰囲気が違う、荘厳とまでいかないですが、このエリアは癒されますねえ。

ここの前のみやげ物屋さんに、”玉こん”が売っているのですが、いつも今度来たら食べよう食べようを
思っていて未だに食べたことがありません。

  • 2013/05/03 (Fri) 22:23
  • REPLY