FC2ブログ

◆ 神楽坂の路地の階段、別亭鳥茶屋前

犬山にゃん太郎

神楽坂 別亭鳥茶屋前



神楽坂の路地

間は開くものの、この所、東京方面に出ると神楽坂はいつも行くようになった。
これも秘密めいた小路・路地の存在なのだろう、「こんな所に、こんな抜け道があったのか~」と云わんばかりの狭い路地を見つけると「やったね!」と宝物への道を発見したような、そんな快感が神楽坂の路地にはある。

同様にやっぱり谷中などに惹かれる理由はこれだと思う。
2枚目の写真から入って右へと行くと、1枚目の階段がある、階段を登ってその先をまっすぐ行って突き当りを左、そして右へと行くと手作り靴屋のある神楽坂のメインストリートに出る。

別亭前


別亭前から大通りへと


早稲田通りの手作り靴屋

なんやかやと云って、探検心だよなあ、こんな所で迷ってみるのも楽しいかもしれない。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 14

There are no comments yet.
青山桂子

おはようございます。遠近間が凄くて動きがでていますが、、レンズのせいですか?

  • 2013/04/27 (Sat) 06:59
  • REPLY
AzTak
http://aztkhs.blog.fc2.com/

昔から開けていた場所だからこそ、こんなふうにこちょこちょと小路ができているんでしょうね。そしてそこを今の人達が粋に飾っている。それが魅力を醸し出している原因かもしれませんね。

犬山にゃん太郎
Re: 青山桂子さん こんにちは

レンズせいですかと云われると”そうです。”と簡単な答えになりますが、
過去の10数万は越える撮影枚数の経験から得たものでもあります。

青山桂子さんが、僕と同じものを使用すれば撮れとかもしれませんが、
同じような風景を発見して同じように撮れるかというとそう簡単ではありません。

写真は経験であり、撮影枚数も比例してくるでしょう、
青山さんがこれから沢山撮られて初めてわかることも、かえってわからないこともこれから出てくるかもと思います^^

とりあえずは、色々撮ってみましょう、僕は本日撮影分は全滅、そんなこともわかるようになるのは枚数をとったらからでしょうか。

  • 2013/04/27 (Sat) 19:06
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: http://aztkhs.blog.fc2.com/・・・AzTakさん こんにちは

まさに迷路状態ですよねえ、こんな所を、「あそことあそこがつながっていたのか。」、
もしくは「こんな道がこんな所に隠れていたのか。」と発見した喜びって宝の山へとつながる道を発見したような気持ちになってきます。

それもひいてはその街の文化・生活の継承からくるもの、あちこちではそんな街の衰退していく風景が多い中で
カメラを持って写真を撮れる街っていいですねえ・・・時折、カメラさえ寂しい風景ゆえに向けられない時もありますもんね。

  • 2013/04/27 (Sat) 19:16
  • REPLY
zataro50

モノクロの神楽坂風景、最高です! こういう街で飲んでみたいですね!

  • 2013/04/27 (Sat) 22:16
  • REPLY
こころ

こんばんは

秘密めいた・・・う~ん、私も気になる(笑)
行ったことないですけど、料亭にテレビに
くふふ、職人さんに
ラビリンスですね^-^

コーヒーの香りしたら、ドアをあけますね♪

  • 2013/04/27 (Sat) 22:21
  • REPLY
青山桂子

こんばんは。全滅にするなんて、もったいないですね。だめだとするのも見てみたい気がしますが、ブログを大事にしているのでしょうね?

  • 2013/04/27 (Sat) 22:57
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: zataro50さん こんばんは

> モノクロの神楽坂風景、最高です! こういう街で飲んでみたいですね!

行った感じなのですが、女性の方が多い感じで、ランチ、ディナーとか雑誌とか、
口コミで来ているのでしょうか、「ここ、ここよ。」などと雑誌に載っていたような話をしていたり、
行列の出来る店では、やぱっり女子!カップルがいても彼女の方が彼氏を連れてきた雰囲気っぽいですねえ。

この街の夜は、知りませんが、昼はやっぱり婦女子の街のようでありましたよ。

  • 2013/04/28 (Sun) 00:06
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re:こころさん こんばんは

ここの風景はドラマのロケに使われているくらい、どことなく「見捨てておけぬ」って感じの風景、
そんなラビリンス、自分のお宝のような風景がここにはあちこちありました。

てか、誰もがここで感じるのでしょうね、だからテレビだの雑誌だのに載るですね。

こころさんは、コーヒーの香りで釣られますか、なるほど。
遠くから旅人の僕は、この時コーヒーの香りよりも、ともかくばぼがぼとコーヒーが飲みたい、
質よりも量のコーヒー所望でありました(^^ゞ

  • 2013/04/28 (Sun) 00:14
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 青山桂子さん こんばんは

> 全滅にするなんて、もったいないですね。だめだとするのも見てみたい気がしますが、ブログを大事にしているのでしょうね?

ただの写真です、インパクトも何もない、ブログに載せても見る側だってコメントに困るような
そんな普通の写真です、そんなものを載せるとかえって自分の基準が下がってしまうって事ありませんか。
でも、青山さんの才能からしたら、、、たぶんないですかね(^^)v

  • 2013/04/28 (Sun) 00:18
  • REPLY
青山桂子

にゃん太郎様、こんにちは。とんでもないです。ボツ写真というか、初めてなので、機械の使い方が、わからず、作品とはいえないです。はせがわ様からは、誉められたので、安心していますが、ボツ写真はもう何枚も貯まりました。なんか、ブログが、研究室みたいになってます。クラゲ!凄い上手くとれてますね。難しいんですよね。内の父は撮ろうとしません((笑))

  • 2013/04/28 (Sun) 15:28
  • REPLY
香月 りら
犬山にゃん太郎さん

最後のお写真
「職人の手作りの靴」
手作りの靴店
見つけるのは 東京でも稀だと思います
歩いて歩いて歩いて・・・・
御褒美ですね
写真の神様からの・・・・
素敵な被写体
三方道路に存在するかのように見えます
壁にある看板
白に 黒の文字 靴が浮き上がって見えます
とても おしゃれです
素敵な切り取り 魅了されました

犬山にゃん太郎         
Re: 青山桂子さん こんばんは

写真を始めることは、挫折の始まり、壁にぶつかる事何度もあります、
本日も、また「オレ、なにやってんだか?」でありました。

今度、青山さん、クラゲを撮ってみてください、水族館の撮影は面白いし
勉強にもなります、、、、僕は挫折が多かったです。
身の回りを撮ってるうちは問題ないですが、だんだん上達してくると、
あれも撮りたいこれも撮りたくなってきます。
そこから写真の始まりですね^^

  • 2013/04/28 (Sun) 23:45
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re:香月りらさん こんばんは

僕は革靴はリーガルと決めていたくらい、足にフィットというか
リーガルの靴が足になじみ、他の靴は(気持ちが)履けなくなりました。
良い靴は、いいのだと時間しておりました。
が、この時も以前に触れて二日間22kmの歩き、これも履いていたのはリーガルでしたが、
さすがに足にはマメがいくつも出来、足に、膝に、腰にと痛みが走っていたのは良い靴でも限界があるってことでしょうねえ(笑)

そんな気分でありました、仕舞には風景なんてどうでも良いってな気持ちになったりしてましたよ。

でも、そんな中でも「これ!」って場所を見つけられるのは流石に神楽坂ですねえ、
他だったらどうかわかりませんでした。

ここの靴屋さん 外から中を覗くとそこそこ混んでおりましたよ。

  • 2013/04/29 (Mon) 00:15
  • REPLY