FC2ブログ

◆ 漁港の赤い扉の小屋

犬山にゃん太郎

赤い扉の小屋



たぶん今は使われなくなった漁師小屋の中

松塚浜漁港の赤い扉の小屋、中には何が入っているのだろう?と気になったが、隣の棟の小屋の扉は外れて中は丸見えだった。
のぞいてみると「そうだよなあ。」番屋だもの網だわなあと納得した。


漁港裏の雪風景

「なんだか海ばかり来ているなあ。」と気がつく、考えると海辺は雪が少ないから出掛けやすいし、時にモンスター級にもなる波を求めていくのかもしれない。


以前載せた漁港の雪のない頃の風景

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 10

There are no comments yet.
懐古ist

本格的に「日本海の男」になりつつあるわけですね。
この番屋に居着く日も近いかと(笑)

この三枚はうち的にはおおいにツボです。
海育ちの私のことですから、こういうのって余計にそそられてしまうのです。
しかし、一枚目の画になりようといったらこの上ないですね。
この扉の赤は絶妙な色合いですし、まるで何かの目印みたいにかけられてる洗濯物!
この中に禁断の恋など隠されていやしないかと妄想逞しくしましたが・・・
そりゃそうですわね、網ですよね、しかも散らかってるし^^;
ちょっと期待した私がバカでした(笑)
それにしても、中の荒れた様子まるで潔いお化け屋敷って感じですね。
三枚目は前回記事と見比べさせてもらいましたが、雪のある方が落ち着きます。
どうしてだろう?
草の茂みが少ないことはそうなんですが、やはりこれも雪の白の力なんでしょうか。

犬山にゃん太郎
懐古istさん こんばんは

春になったら海風景から街、新緑の頃は山ですから
たぶん、エセ「日本海の男」ですよ(^^ゞ

あの扉の赤は地味で渋くて目に入ると気になってきますよよねえ、
そして脇には洗濯物、、、これだけで静物画のような感じがして来ました。
雪もプラス要因になっているでしょうか。

あちこち海岸を走るとこんな風景によく出会います、
そして気になって見えるモノはのぞいたりして、懐古istさんは海育ちならお分かりでしょうが
中を見たら「なーんだ」って感じですが、置かれ方はめちゃくちゃではなく
すぐに漁に出れるような置かれ方してますね。
それこそ男の整理術的な感じがしてきます。

そんなところをのぞいたり、写真撮ったり、裏側まで入り込んだり
ちょっと怪しいですよねえ(笑)
そのうち、不審者というよりも「関係者以外立ち入り禁止」にでもなったら
こんな写真も貴重になるのでしょうが、原因を作ったのが僕だったりしてたら何だか嫌ですよねえ(笑)

  • 2013/01/26 (Sat) 02:40
  • REPLY
みちこ

ああ、この小屋、いいですね。
描きたくなります♪
真ん中と左と、ドア2つあるのでしょうか?
できたらドアが開いてる状態がどんな感じか、
知りたいところです。

  • 2013/01/26 (Sat) 07:25
  • REPLY
モズライト

こんにちわ 1枚目質感が様々で 色が褪せて三角のトタンの所のトタンも
すごい具合で見どころ満載。ドアに棒がさしてあるのは あれはドアが内側に
行かないように?よくわかりません。あの四角い穴は猫用なのかな~
丸見えな小屋・・・シッチャカメッチャカ(新潟弁 めちゃくちゃ)です
にゃん太郎様 海辺多いですよね 山のほうもひとつ宜しく(笑)って
自分が行かないものだから にゃん太郎様に期待したりして
 それにしてもいい写真でした~。

犬山にゃん太郎
みちこさん こんにちは

この小屋、絵画の方が写真より合っているかもしれません、
撮っていてそんな感じがしました。

扉は真ん中の赤いのものだけでした、
締めてある以上、盗難、見られてはまずいものがはいっているのかもしれませんね(笑)

何度も行ってますが、漁のない日、漁の終わった午後とか、
こんな小屋の中で、網の修理、道具の点検、準備なのど作業したりしているようで
男の隠れ家的に雰囲気があります。
たぶんの赤い扉の奥もひょっとしてそうなっているかもしれません^^

  • 2013/01/26 (Sat) 12:36
  • REPLY
犬山にゃん太郎
モズライトさん こんにちは

目の前が海へとつながる川なのでかわかりませんが
しっかりした建物はこのうらには数軒ありますが、地盤が高いです。
そんなものに比べると小屋なので簡易的なつくり、
目の前の川風だとかに晒されて建物は傷みやすい、
扉が鍵がかかっていても風だとなにかの勢いで開いてしまうんでしょう。

また、こんなだからこそ目には止まったんでしょうが、
猫の穴までは気がつきませんでした、、、たぶんそうだと思います。
男の隠れ家ような作業場ですが、それゆえにか作業中に横に猫でもいた方が癒しにもなりますもんねえ。

山は期待しないで下さい、昨年冬に山へ行って痛い思いしているので懲りてますので
雪が融けるまではせいぜい先日のUPした雪化粧した麓どまりですね。

  • 2013/01/26 (Sat) 12:50
  • REPLY
りら
犬山様

三枚目のお写真

01-10(木)00時05分アップ
漁港の裏風景  一枚目のお写真と同じ被写体ですよね
まだ あの頃は 緑が見えていました
今回のお写真には 緑がありません
土が少し見えていましたが 今回のお写真は雪で覆われています
ほんの少しの期間でこれだけ 変わる景観
この地の天候の険しさを知ることが出来ます

同じ被写体 少し期間をおいてのご撮影
二枚のお写真が 多くのことを語っています

犬山にゃん太郎
Re: 犬山様・・・りらさん こんばんは

あちこちと出掛けられる様ならいいのですが、
雪が降ってくると行動も制限される、、、活動的な人もおりますが
どうも冬は、僕は行動に関しては自重気味であります、
ゆえか同じような光景がそろいやすいです(^^ゞ

本日も、「遠征」でもと予定してましたが、お天気崩れ近場ばかり、
道路にまかれた消雪剤で車は真っ白、、、洗車でもとスタンドの洗車コーナーに入ると
気温が低すぎたのか、使用はストップでありました。

天気を気にしないで出かけられるまでは、あと2月(ふたつき)くらいかかりましょうかねえ(ToT)/

  • 2013/01/26 (Sat) 22:36
  • REPLY
kozoh55
今度は

北海道の「ニシン番屋」のようであります。
小樽、小平などに大きな木造の番屋があり
ニシンが撮れて取れて仕方なかったころの
建物なんですね。
雑に置かれているように見えて、
でも、全てがルールどおり
そんな気もしました。
お晩です、犬山にゃん太郎さん。
またお邪魔します。

  • 2013/01/26 (Sat) 23:50
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 今度は・・・kozoh55さん こんばんは

北海道の「ニシン番屋」見てみたくなりました。
全然違う場所で同じような景色を見って不思議な感覚になりますよねえ。
気がつくと、「あ、ここは〇〇〇だった!」みたいな。

でも、基本的な北国の番屋なのでしょうかねえ。
最盛期はもう過ぎて、それなりに立派だったのが修繕されながら
時間が経過したような風景ですね。

人間もこんな感じでシブくありたいものですねえ^^

  • 2013/01/27 (Sun) 00:08
  • REPLY