FC2ブログ

◇ ほくほく線まつだい駅は周囲は松よりも杉だらけ。

犬山にゃん太郎

ほくほく線松代駅1番線

ほくほく線「まつだい駅」は、駅前が「道の駅」になってることもあり、休憩、買い物、トイレなどで車は、バイクが駐車あり、松代駅の入り口を
撮ろうとしたが、バイカーがずらり、何度も撮っているので今回は撮らなかったのホーム風景中心。こちらは十日町方面1番線ホーム。

松代駅2番線

(犀潟、直江津方面)2番線ホーム、1番線から2番線へ地下通路とになる。右コンクリート壁の後ろが階段。

松代駅2番線改札口

その階段を登り、右へと出ると南口、改札口のスイングドア2重は、ここだけ。何度も書いているけど、ほくほく線の改札口のスイングドアの開ける時
さして力は要らないけれど、しっかりドアフレームを押している適度な抵抗感の心地よさ、ほくほく線の駅ではいつも感心するのだが、

松代駅に下り電車到着

この改札口は2重で私にとっては開け閉めは2重の喜びでもある。
撮っていると下り電車到着、ほくほく線は正直どのくらい本数が走ってかじっくり見たことがない、一応ローカル線、ほとんどが無人でもあり

下り電車

運行本数は少ないだろうと思うのだけど、ほくほく線の駅撮影中は結構の割合でやって来る。ちなみに電車のライトが点灯しいる方が
進行方向なる(どこの鉄道会社も同じ)。

下り電車発車



松代駅と草間彌生のアート

南口にある草間彌生氏のアート、眺めるだけで作品のタイトルはなと云うのか調べたこともない。タイトルなんてどうでもいい見てどう感じるか。
自分のタイトルをつけるなら「まつだいに(ちょっと不気味な)花咲く」。その向こうが南口と2番線、右が1番線と隣の建物が道の駅まつだい。

松代駅1番線改札口前

まつだい駅の1番線待合室。初めて「まつだい駅」を訪れた時、道の駅のデカい建物も駅なのかとビックリしながら、駅構内へと進むと
「ありゃあ、職員がいるのか?」とそんな雰囲気にちょっと足が引けたが、いるならいるで入場券買えばだったが、この先進んでも無人に
「すげえなあ。」と感心、でも実際には道の駅まつだいの大きい建物の建てる時に駅も一緒に造ろう、てな駅の造りである。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.