FC2ブログ

◇ にゃん太郎は、見た! なにこれ?!の衝撃があったの巻

犬山にゃん太郎

駅舎裏

この光景を見た時、私は「なにこれ?!」の衝撃、思わず「にゃん太郎は、見た!なにこれ?!の衝撃があったの巻」だなと、タイトルが浮かんだ。

くびき駅舎の裏側

頭なのか、目ん玉なのか、はたまたUFOかと驚きに目が飛び出た、上越市頸城区 (くびきく) 、ほくほく線(北越急行)「くびき駅」駅舎の裏側。

ほくほく線くびき駅

「くびき駅」は何度か訪れているのだが、いつも駅は正面から、だいたいこの駅舎の風貌で「なんだこれ?」の衝撃に満足共にどれどれと
駅舎の中に入っていくから、気づかなかった。でもこの日、裏側も駅舎の裏へとまわったら想像していた光景とは全く想定外の光景があったのだ。

待合室からの改札口

ここ「くびき駅」に、初めて訪れた時、田んぼに囲まれた未来的な駅舎の形状に「なんじゃこりゃ?」と衝撃、そして中へと恐る恐ると入ると
無人駅だったのにまた驚き。ここは改札口である、どこか美術館の入場口のような、切符もぎのおねえさんが居そうだけが無人。

ホームへの連絡路

田んぼ中の駅にこんなコンクリート打ちぱなしの建物があっていいのか、それも無人、ここを訪れると(他、ほくほく線沿線駅も)この贅沢感に
いつも訪れニヤリとしながらホームへ。

上り方面ホーム出入り口

上りホーム出入口にはスイングドア、何度も書いているけれどこの開け閉めドアの重さ抵抗が絶妙なのである、開けたことないとわからんだろう。

上り方面ホーム風景

駅は上りと下りのホームがあるが、基本ほくほく線は単線である。通過待ち、追い越しなどで駅が複線化されている。

上りホームと下りホームと上越風景

こちら上りホームに出入口にはスイングドアがあるが、下りホームの階段登り口にはスイングドアがないのは、上りは主に通過電車用なのかと。

下りホームの待合室前

とはいえ、スイングドアがない下りホームだけど、階段を上ったホームにはしっかり待合室がある。

上越市ほくほく線くびき駅

円盤型?手前の建物はトイレ、右側奥は上の下りホーム、飛びだしているのは待合室。
三角屋根に、白い外壁と青い線が、ほくほく線沿線の(ホームの)駅舎パターン。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 4

There are no comments yet.
hotter

「くびき駅」駅舎の裏側、凄い!!
インパクトあり過ぎ! こんな駅、初めてです。

  • 2020/09/19 (Sat) 11:46
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: hotter さん こんにちは

自分も驚きました、いつも表だけ見て満足していたのですが
たまたまというか、偶然というか、裏はどうなってんだ?と思い周ってみると
w(゜o゜)w オオー !! なくらいのインパクトがありました。
これからはまた訪れると裏も周ってみるようになるかもですね。

  • 2020/09/19 (Sat) 12:21
  • REPLY
アイハート

あら~!
裏はこんな風になっているんですか?知りませんでした。
人間、、、表しか見ないものですね~。

この駅は良いんですよ、駐車料金が要りません。
ホクホク線で出掛ける時、1泊すると直江津駅駐車場は1000円もします。
湯沢へ行く時は、ここで車で来る人達が落ちあって翌日まで(駐車)しても無料です。
でも、電車で出掛ける機会は減りましたね。
何年か前まで、東京方面へ行く北陸の人達のメッカだった湯沢。
駅なかショッピング大好きでした。

  • 2020/09/19 (Sat) 22:07
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: アイハートさん こんばんは

なるほどそれでわかりました、駅前に意外な車の多さ、その中で「上越」ナンバーになんだこれ?と初めて見ました^^
同様に、大池いこいの森、うらがわら、虫川大杉、ほくほく線大島、松代も無料でおけるようですが
そちらからだと地理的条件はくびき駅なんでしょうかね、犀潟はダメですね。
ともかくこういうのをサービスっていうのでしょうねえ。

新潟県内あちこち駅を周ってますが、ほくほく線は観光客というか鉄ファンが訪れているのが一番多い、
それも出入り自由、駐車場無料ってことも要因のひとつですね。
それくらい面白い沿線、鉄道ですもんねえ。北陸の人には申し訳ないですが、北陸新幹線以前が良い時代だったのではと。

本当の初めてのくびき駅を訪れた時はw(゜o゜)w オオー !! って驚きでした。

  • 2020/09/19 (Sat) 23:03
  • REPLY