FC2ブログ

◇ プチ森の茂みの階段で行ったり来たり

犬山にゃん太郎

プチ森の中の階段

この日新潟市松浜で、私は別の場所の坂の階段を降りるつもりが、「ありや?!。」こんな所にこんな階段があったのかと発見したのに
ラッキー気分になった。

坂の降り口

周囲は茂み、「おい、おい、おい。」と平地の広い広い新潟平野にいることを忘れさせた。

さっきまでいた場所を忘れそうな森の階段

この発見にラッキー感はありだけど、何度も何度も書いた”クマとの遭遇”で、いる訳がない街のプチ森の茂みなのに、突然出てきたら
どうしようと思ったのは、トラウマってことかと、相手がクマなのにトラウマかあと、プチ茂みの中で一人ニヤついた。

松浜本町の階段



松浜本町の坂の上

階段を上った所。

プチ森で出会ったねこさん

階段を降りて終わるつもりが、そこにはねこさんがいて、その先の”ここに出るのか。”がわかると、私はその猫さんに向うように引き返し、
また階段を登るのだった。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
トマトの夢3
こんにちは♪

ここの階段惹かれますね~
おいで おいで してるみたい(笑)
行ったり 来たり…大汗かいて…いいね いいねですね^^
猫さん…
片足だら~ん 余裕ポーズで
ん? 行くんかい?
そうそう 引き返した方が身の為だニャ (=^・・^=)

残暑お見舞い申し上げます
ご自愛ください

  • 2020/08/13 (Thu) 10:57
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: トマトの夢3さん こんにちは

自分の周囲はかなりの平らな土地
なので坂、階段を見ると「おー!」となります。
カメラが趣味な今はなお更に「おー!、おー!」とそしてカメラを向ける(笑)
とはいえ、僕の脳裏に浮かぶ、これは~って坂というか、坂の街
それは京浜急行で三浦半島を目指していた時に見えた車窓風景。
角度もキツク、長々と登る階段まで見えた、「なんじゃここ。」と
さすがにここ風景には驚きはすれ、あこがれっていうものがありませんでした。
それはどのあたりか忘れましたが、そんな地形にも日本の広さを感じました。
ともかく、ただただ平らな地より起伏なる風景には惹かれるのでした。

残暑お見舞い申し上げます
省エネだとか、マスク着用だとこだわず、熱中症にはお気をつけ下さい。

  • 2020/08/13 (Thu) 13:21
  • REPLY