FC2ブログ

◇ センチメンタルに花が咲き

犬山にゃん太郎

サバンナのような福島潟風景

平地のサバンナのような光景とその向こうの山を眺めんながら、「さっきまであの山の向こうにいた。」とちょっとばかりのセンチメンタル気分。

福島潟風景



オレンジのユリ

福島潟にある雁晴舎の戸の向こうにユリが並ぶ、毎年来ているがユリなんて咲いていたか?

福島潟雁晴舎と百合

近くまで寄ると、「そこ、そこ、、、、」と後ろから声が聞こえる、それ以上前に出るな花が植わっている言わんばかりの「そこ、そこ」に
なるほど、今年植えたのだなと推察した。もっとも自分はそこまで無神経なく立ち止まって撮り始めると「そこ、そこ。」で言葉は終わった。

福島潟雁晴舎

雁晴舎の室内、普段は囲炉裏に火が入っている、茅葺屋根なので燻す必要もあるらしい、今は夏場で囲炉裏もいらなず、その囲炉裏には
フタが覆われていた。「そこ、そこ」と声を掛けたオジサンは左にある縁側で誰かと閑談しながら潟を眺めていた。

福島潟とユリ

一面の黄色い菜の花風景も終わり、緑だけでは寂しいと言わんばに植えたのだろうかユリ。

ユリの向こうに遊ぶ子供

撮り始めると、虫網を持ったこどが前を通り過ぎた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
michael

こんにちは

>さっきまであの山の向こうにいた
時間の経過には不思議なものがあります、「現在だ!」と思う瞬間も1秒経てば
もう過去で止めておくことが出来ません、1時間後の未来も嫌でもやってきます^^;

虫取り網を持った子供、今は見かけませんね、
竿が竹じゃないのが今風ですが、懐かしい少年らしい姿です。

犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: michaelさん こんばんは

さっきまでいた、見ていた風景に、遠い思いがするときがありますよね。
あと、旅に出て家に帰っても見慣れた家なのにどこかよそ様のような感じがあったり。

時は止めておくことは出来ない、それ故に時々「あんときこうしていたら。」とか
そんな場面が、、、それが突然に浮かんで来たりして。

虫取りしている子供たち見ることがありませんか、
オレも昔やった、「こうやってやるんぜ。」と教えたくなる時があるんですが
今の世の中、気軽に子供にも声をかけられない、、、、変な時代になったもんですわ。

  • 2020/07/29 (Wed) 20:47
  • REPLY