FC2ブログ

◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 ラーメンを食う

犬山にゃん太郎

山陽本線下り電車

「山陽本線」、地元の「上越線」なんていうより、”温かそうで何か良いことがありそうな。”プラス思考になれそうな名前、そこを走る電車にも
陽が当たると如何にも「山陽本線」って感じに思えた。

薬師堂通り

中国銀行の看板、中国地方なので中国銀行で問題はまったくないのだが、私に「中国銀行」の文字がやっぱり異国を感じた、そしてその先には
尾道ラーメン朱華園があるはずと下調べして人気なんで行列が出来ているだろうと目線をやると誰もいない、休みか?と店の前まで行くと営業中。

尾道ラーメン

行列なしで、すんなり入店して信じられないと思いながらラーメンを注文する前に気になったのが店内に女子旅だろう女子が昼からラーメンにビール、
「女子がそれならオヤジもやらねば。」とビールとラーメンを頼むと、常連客はラーメンでなくみんな焼きそばのようなものを食べていた。

尾道薬師堂通り

調べると朱華園は現在は店は休業中らしい。ともかくラーメン食ってビール飲んで良い心持ちで、腹ごなしで尾道裏通りをまた歩く。

尾道絵のまち通り

太平洋側はあちこちにアーケードがある、勝手な推理でやっぱり雪なのかと、積雪の重みも加味すると相当支柱を、造りを頑丈にする必要がある。
当然建造費も高くなる。その尾道絵のまち通りのアーケード下の地面のデザインは、Google street viewで確認するとなくなっているようである。

久保一丁目

「つる幸」の看板もGoogle street viewで確認するとなくなっている。

久保1丁目

しかし腹ごなし的に散策を始めたがビールと満腹感で、疲れもあってか足取りはヘロヘロになってきた、朝5時起きだし、山登ったしと
”疲れが出たのか。”山手地区を歩き始めた頃の足取りとは明らかに、脱力感のようなものを感じていた。

米場町通り米徳

まだ尾道の路地歩きはこれから、尾道というのは山手地区は有名でも裏路地はあまり聞いたことがなく、路地好きの私しては酔いと疲れはあったが
こんな所が尾道にはあったんだあと、魅惑的な大衆食堂を見つけた。ラーメンとビール飲んでなかったらと、妙にかつ丼が浮かんだ記憶がある。。

米場町通り

「かつ丼食いたかったなあ。」とその先を歩くと石標には「米場町通り」、”いいねえ”と気になるが、先がすかーと見えているのでは、楽しみ半減で、
私は反対方向へと進んだ。

尾道市久保

なるほど、おんなところがねえ。路地好きに人間にとっては、尾道は路地の楽園のようであった。

尾道市久保2丁目

とは思っていても、それがあちこちにある、山手地区の坂道同様に全部歩きたいが、全部はまだまだ行かねばならない場所もある、その分の
体力も残しておかなければと、ずっと気になっていたお寺を目指すのだった。



関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.