FC2ブログ

◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 猫の細道

犬山にゃん太郎

尾道猫の細道

せっかくロープウエイで千光寺山の頂上から下りてきて「やれやれ。」なのだが、尾道の山手地区はそう簡単には問屋は卸してくれない。
地上まで降りて戻ってきても、また坂道を登るのである、そんな坂があちこちここも、ここかあとたくさんある。

猫美術館(当時)

その一つが、「猫の細道」なぞと名前がついた坂道があったら、気になり足の疲れも忘れ坂道を登っていくのである。

艮神社脇の猫の細道

「長江一丁目3」の標識の裏側は、艮神社(うしとらじんじゃ)、その上空見上げれば千光寺山ロープウエイが通過するのである。

猫の細道

「ほー。」感心しながら登って行くと、「うへえ。」こんな所にこんな場所があったのかと、尾道の奥深さ、また坂の階段の多さにうなりたくなってくる。

猫の細道(坂道)

記憶では、そんな時に買い物かごをぶら下げたおばちゃんが、「ふうー。」息をつぎながら、慣れたもんだと云わんばりの足取りで登って行った。

猫道俯瞰

ジブリ作品に出てきそうなこの雰囲気は我が新潟にないし、滞在中の京都にだって見ない、初めて見るはずなのにどこか懐かしいような
光景に、なんなのここは?と不思議な気分になってくる。

文学と猫の融合の坂道

尾道「文学のこみち」と「猫の細道」の融合なのかと、しかし細道のプライベート立ち入り禁止感ある雰囲気も、尾道の山手地区を歩いていると、
それが徐々に消えて「こんな所にもこんな場所が。」と気になって奥へと進んでいくのだけど、体力は縦横無尽に登ったり出来るほど体力はないのだ。

招き猫のいる猫の細道

だいたい、この時点で尾道の散策は半分、見ると所ために体力は残しておかねばだった。しかしこんな階段を目の前したら気持ちは引き返せない、
「この先を行って引き返すぞ。」と決めてもまたその先が気になる、奥へ奥へと迷宮に足を踏み入れるしまうのであった。

尾道に888体放たれた猫(園山春二氏)

園山春二氏の尾道に放たれた猫、888体あるらしい。素通り気味のような旅人にとっては到底888体なんて見つけられないだろうが、
ここ猫の細道で、数体見つけただけで満足ってもんだ。
そして尾道の山手地区に出現する本物の猫たちは、普段の街で見る猫とは同じだけれど、どことなく警戒心はなく、人馴れしている。
階段にいたり、屋根にいたり、木陰にいたりとこちらを見ながら様子を見てはお気に入りの人物が通ったら「にゃあ~」となくのかもしれない。
私場合、人慣れしているのかと、近づけば逃げた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
mee

犬山にゃん太郎さん、こんばんは。
都会の路地、古都の路地、田舎の寂びれた路地、、、犬山にゃん太郎さんは新潟だけじゃなく、いろいろな土地の路地裏を撮っているので、とても楽しく拝見しています。
私も雰囲気のある路地が大好きなので、街歩きでも旅先でも有名所よりはちょっと外れた道にワクワクします^^
私も若い頃、尾道行きましたよ。石段が多くて細い路地が続く景色は探検してるかのように楽しかったです。
でも犬山にゃん太郎さんが撮影した場所は行きませんでしたので、こんな素敵な小路があったんだと、もっともっと色々な場所を歩けばよかったと後悔ですT_T
とても素敵な路地風景をありがとうございます!

  • 2020/06/05 (Fri) 23:06
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: meeさん こんばんは

昔から路地とか自分は好きだったと思います、周りにはそんな人間はおらず、話もならない。
むしろ誰もいないからどこか寂れたような路地、迷路が路地が気になるが「オレおかしいの?」と思ってました。
それがカメラが趣味になり、何を撮っていいのやら?で色々なブログを訪問して
「オレは、こんなのが好きだった。」と気づき、偶然見つけるのではなく、こちらから見つけにいくようになりました。
そこまでの行動はカメラが趣味になったからなのですが、しばらく時間がかかりました。
綺麗な自然風景も良いのですが、自分的には裏路地が好きというか合っているようです。
なので尾道は、僕にぴったりな街でした。
しかし、今回再編集と共に場所確認Google street viewで確認すると今は無くなった景色もあり
ともかくセーフだったと感じてます。

  • 2020/06/06 (Sat) 00:36
  • REPLY