FC2ブログ

◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 山の上から愛をさけぶ~

犬山にゃん太郎

天寧寺三重塔と尾道

尾道と言えば、あちこちに有名観光スポットがあるが、尾道水道と渡船、坂の町は有名で知っていたが、三重塔があるのは、この時よりも知ったのは
数年前だった、「こんなの所もあるのかあ。」と尾道の魅力がアップした、ちなみに尾道は寺院がたくさんある、それも千光寺山裾あたりに。

千光寺参道

猫がいた、尾道の坂には猫がいるのは知っていたが、ここまで登ってきてヘバッていた私にはここの猫は、リャマ、アルパカのような
高山生物のようにも見えた。しかしそれらは観光客慣れてしているのか逃げないし、堂々していた、しかしカメラを向けると逃げた。

千光寺参道

千光寺が目の前に、想像以上だった。ちょちょいと登って、さ、さ、と下って尾道の街、水道、向島観光と予定していが、時間の経過が早かった。

尾道水道と向島

ひとまずは千光寺、これだけ遠くまで見渡せるくらい高いのである、自分の感覚ではこの分くらいの山の高さでいた。そして頂上ではない、
千光寺で参拝して千光寺山頂上へ。

石鎚山鎖修行

いつもながら階段を上り、目の前にある千光寺本堂へすぐに行かず、もったいぶるように遠回り的に石鎚山修行へ、「なるほど、ここから登れば本堂へ
出るのか?」と挑戦しようとしたが、命よりも大事なカメラをぶら下げながら鉄の鎖にぶら下がって岩山を登るなんて、私にあり得ず、足を掛けてやめた。

石鎚山から千光寺本堂

石鎚山鎖修行の岩登りをあきらめて本堂へ、そしてここがどこかで見た千光寺からの尾道の俯瞰なのかと、京都の旅をして、コースを脱して
尾道に来て良かったと思った瞬間でもある(もっとも”来てよかった”あちこちで何度も感じた)。

大師堂裏

知らない部分を発見、千光寺とそこから尾道俯瞰は知っていたが、こんな所があったんだと”訪れたみないとわからんもんだ。”だった。

千光寺展望台への文学のこみち

千光寺は頂上ではなく通過点、まだまだこの上に道は続く、あちこちで「文学のこみち」の文字を目にした、坂を登り、階段を上りヘバりなながら
文学ってのは体力がいるのか、マジ思えてきた。

山頂の大石から愛をさけぶ

千光寺山頂上にある大岩から尾道俯瞰、その石にはしっかり人が上がっているだろうスリ削りがあったが、杭も手すりもない大岩に乗りここまで
登って来て膝にガタツキの出てきている足では大岩に乗ってそこ上を歩くには、"滑って落ちたらどうしよう。"と、、、、

尾道城よりも高く

尾道を俯瞰しながら「おっかねえ~」と恐怖を感じながら内心思った。
正面には尾道城の天守閣が見える、尾道駅を降りた時に見上げていたお城が自分の目線の下にあった。それも自分の足でここまで登ってきたのだと
感動でもあり、高さに意外性を感じた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 6

There are no comments yet.
みーま
こんにちは!

尾道って、こんなにもいいとこだったんだ…とニャン太郎さんの写真に魅せられております。京都から新幹線だと簡単にいけるのもびっくりで、調べればわかるのに意外と知らないものです。若い時に一人で電車に乗ってふらふらするのが好きでしたが、お金もなく、特急がせいぜいで、鈍行電車ばっかり乗って岡山まで行きグッタリと疲れて帰ってきたのを思い出しました。歳を重ねてきて、最近は膝が痛くなったりと、元気に歩けるうちに行きたい所に行っておこうかなぁなんて思うところです…(^-^)写真を見てるうちに、こんなにいいところなら、やっぱ尾道に行って見たいなぁ…と段々と本気さが増してきました。ほんとーに素敵なところですね、行ってみたいです。
楽しませて頂き、いつもありがとうございます😊

  • 2020/06/03 (Wed) 12:28
  • REPLY
hotter

尾道は2007年桜の時期に訪問しました、懐かしい!
やたら、猫が沢山いたのを覚えています。
でも、年寄りには住みにくい町でしょうね。

  • 2020/06/03 (Wed) 13:27
  • REPLY
VIVID

岩登り、私も登りかけて「いかんいかん、カメラが・・・」
と断念しましたね(笑)

  • 2020/06/03 (Wed) 13:56
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: みーまさん こんばんは

尾道は良い所ですよね、新潟平野に住んでいる人間からして
海あり、山あり、坂あり、アーケード商店街あり、渡船、山陽本線がみんな一同にそろっている。
ずっと尾道気になっていたんですが、新潟から尾道では距離もあるし、交通手段も乗り換えたり面倒で
あきらめていたんですが、京都の旅の計画中、「あれ?そうだ尾道行こう。」的に思いつき
京都から新幹線なら2時間もあればすぐ、日帰りコースじゃんと出掛けました。
思いつきはあり、多少の下調べと、後はテレビ・雑誌で見た情報で行ったですが、
予想以上に体力消耗にもう少ししっかり調べ効率よく回れたらと思いましたが、でもこれも旅ですもんね。
ともかく、尾道は良い所です。しかし坂の上は家々は老朽化して、平地なら建て替えもあるんでしょうが
住んでいると坂は難儀なんでしょうねえ、住むなら平地へ移ったのか空き家も目立ちました、
それだけ時間が経つと、家々も老朽化共に取り壊しとかで風景も変わるかもしれませんので
行けるのでしたら、昔の尾道面影がまだ残るうちに行かれるがよいかと思います。
後は行く前に(坂道=千光寺山登りのための)体力づくりですかねえ、
ロープウエイでいったん山頂へ登ってから降りて来れば問題ないのですが。

  • 2020/06/03 (Wed) 20:05
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: hotter さん こんばんは

今に思えば、僕の行った時よりも2007年の尾道の方が「尾道~。」てな感じで良かったのではと思います。
記事を書くに際して、またGoogle street viewで確認すると当時よりも風景が変わってまして
早めに行っておいてよかったと思った次第です。

ともかく半日もあればみんな見て周れるだろうと目論んでいたんですが、全然足りず、時間があっても体力的に参ると
日帰りではなく1泊2日くらいがちょうどいいのかなと感じました。
坂を登り降りの毎日で大変ですが、その分家からの景色がいい、それはちょっと捨てがたいですね。

  • 2020/06/03 (Wed) 20:11
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: VIVIDさん こんばんは

VIVIDさんもそうでしたか、鎖を持って足を掛けたんですが
「カメラー!」というのと、ここまで登ってきても足のガクガクでやめたました。
あれほどの尾道は脚力が必要な街とは、、、侮りました。

もう一度行って見たいです、渡船もまた乗りたい、前回は向島の何もない方へ着いたので
今度は「ある方」の渡船に乗って旅てみたいです。

  • 2020/06/03 (Wed) 20:17
  • REPLY