FC2ブログ

◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 正面橋を渡って

犬山にゃん太郎

鴨川(正面橋)

鴨川の左岸には、そこそこの人が歩いているし、夜中はわからないが朝早くから散歩、通勤時間帯になると勤め人、また京都はエコ推進なのか
自転車が結構多い、そして通勤(出社)ゆえに遅刻しないようにと速度は早い、のんびりモード観光客はその朝の時間帯には驚くと思う。

耳塚

正面橋を渡り、豊国神社を目指す。「ここが耳塚かあ。」と小学校から学校で歴史を学んできて、教科書の中の話は遠い所お話だったが、
それが目の前に「これかあ。」だったが自転車なのでやや素通り気味だったが、「やっぱり耳が埋まっているのだろうか?」だった。

豊国神社の国宝門

少しは太閤秀頼の金運を分けてもらおうかと、そしてここはやっぱり国宝の唐門でしょう、撮ったりスリスリしたり、国宝に触れるんですぜえ。

豊国神社境内

豊臣秀吉にあやかりたいのか千成ひょうたんの絵馬が、たわわにぶら下がる。

豊国神社

やっぱり有名どころの賽銭箱を見るとみんないくら入れてるだろう?気になり中をのぞくのだが。せいぜい100円の自分が中にある10000円札を
見たら、入れた人は同じレベルの人間ではないなあと思えてくる。

方広寺の梵鐘

ここにも自分の知っている歴史があった。「これかあ。」と歴史本の中の写真と、ドラマに出てくる「国家安康 君臣豊楽」の徳川側のいちゃもんが
これかあと、急に関係なかった歴史が身近になってくる。

京都国立博物館

古都京都なのに近代建築の建物を見てまったく違和感がない、むしろ何やらカッコいいなのである。この前は寺院造りの三十三間堂なのである。

養源院

俵屋宗達の象が見たかったが、いつも三十三間堂は寄るに今度、今度とやっと来れた。

真言宗養源院

残暑残る、朝8時には30度にまでなった。私は当然半袖だったが、女性は暑くないのかと紫外線から体を守るためか一枚服で羽織っていた、
この時私は三十三間堂(蓮華王院)の南大門を、需要文化財の門を普通に車が通る光景に「えー。」だった。

正面橋から納涼床風景

松原橋
やっぱり京都鴨川に来たら京都~てな納涼床風景、そこで飲むならここで缶ビールを飲んでも同じじゃねえと、小市民の私は思うのだった。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.