FC2ブログ

◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 夜の街歩き

犬山にゃん太郎

四条河原町交差点

時として、夜の風景に魅入られることがある。昼間は京都のあちこち撮り歩きして精神はヘトヘト、足はくたくたになっているのだけど、宿に着いて
窓辺の東山の風景を見ながら、「気になるよなあ、今撮らないの後悔するな。」と重い腰を上げて夜の四条河原町を目指した。

四条通

さっきまで部屋でくすぶっていたような自分もいるが、こうやって夜の京都を歩く人もいるのだ、そう館得ると出てきて良かったと思えた。

花遊小路

新京極をそのまま抜けるよりも、途中で曲がり花遊小路へ、そこを抜けて四条通りへにわか京都人になったような気分。

さらさ花遊小路

新京極に、寺町通、錦小路も歩いて、有名どころも良いのだけれど、やっぱりマイナーな京の裏路地を歩いた、ここ花遊小路。
また蛸薬師通から赤門正覚寺の裏通りを歩いて四条通へ出たりして観光客らしい姿がないのに、ここでもにわか京都人になった。

御幸町通り

以前ならバスに乗って移動しながら、バスからの街風景を見て、「あそこはどんな通り、そしてどこに出るだろうか?」と気になって所を今度は夜の御幸通りを歩いて宿まで、バスから見る京都風景よりもドカーンと自分の中に”京都”が入ってきた。

京都駅

別日の夜の京都駅、この光景を眺めながらいつも「みんな旅人だろうなあ。」と”オレもあんたも同じだよ。”って気持ちになってくる。

京都駅と京都タワー

関係ないが、昔京都タワーホテルに宿泊したことがある、京都タワー展望無料券付きで夜の京都を眺めたが、それよりも感動的だったのが
京都タワーの地下に銭湯があり、銭湯につかったからエレベーターで石鹸の匂いさせて部屋までという違和感が今でも思い出すとむず痒くなってくる。

五条と東山の夜景 午前2:55分

そんな昼、夕、夜と京都歩き周り疲れているのだろうが、夜中に目が覚めてまた目でもつむって寝ればいいのだろうが、深夜の京都の風景が気になり
どれどれと起きて撮影、今思い出したが、寝ぼけたような頭でカメラ操作、部屋の明かりを消して部屋が暗かったのもあって手間取りながらも
撮影中の目の前の深夜の京都風景に、もう1枚、もう1枚と枚数が増えたのを思い出した。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
トマトの夢3
こんばんは♪

夜の街は不思議な魅力があり
新鮮な光景に映るのでしょうね
吸い込れて行きそうです^^
深夜は怖くて歩いたことはありませんが…(^^

  • 2020/05/29 (Fri) 21:07
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: トマトの夢3さん こんばんは

夜の街、京都、一旦五条にある宿から歩いて四条河原町へ。
それまでの距離があるのですがガイドブックにも載らない京都があって
そこを右に曲がったり左に曲がったりの路地歩きがまたいいです^^
そうですね、京都とは云え見知らぬ場所、怖さはあったかも
でもずっと住宅地ですから。大声を出したらなんとかなるかと、、、、、実際はわかりませんが。
でもさすがに深夜は歩けませんわ、と云うよりヘトヘトで横になってましたミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!

  • 2020/05/29 (Fri) 22:46
  • REPLY