FC2ブログ

◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 東山区 深夜+ワン

犬山にゃん太郎

東山から月昇る

京都市東山区の夕景。奥には京都女子大学、右手前に豊国神社の屋根、工事中だった京都国立博物館辺り。

五条と鴨川俯瞰

深夜2時07分、暑さと旅先の慣れない布団で夜中に目が覚めた、頭の中でふと「今を撮っては?」と浮かび、どうしようかと迷いながら
”今じゃないと撮れないし”で、三脚にカメラをセットした京都の深夜の街風景、たぶん京都風景がそんな気持ちにさせたのだろう。

東山区家並み夜景

午前2時16分。 
この時間でも意外に明るい、深夜とはいえ室内の灯りもあるのだろうが、街頭、マンション、アパートの階段廊下、駐車場の照明でそこそこ明るかった。

清水寺三重塔の見える東山夜景

これが 午前2時48分 深夜なのに撮影に夢中になってきて三脚設置したカメラを別のカメラに交換までやった。
正面に清水寺の仁王門と三重塔、うっすら清水の舞台のある本堂も見える、拝観料も払わずこうやって見れるのが小さいけれど特別指定席ようだった。

京都市東山区夜景

別日、午後10時30分 
窓辺に三脚を立てて清水寺を望遠で狙う、普段の京都を歩いて京都を感じるのも良いけれど、部屋から酔っ払いながら有名な清水寺を撮っていると、

清水寺三重塔

午後10時35分
それは京都に住んでいるようでもあり、その目の前に光景に「やったね!」と儲けたようでもあり、不思議な気持ちだった。手前は国道1号線。

五条と東山区夜景

午後9時30分 10階からの東山風景、それも夜景であるけれど、それ以前にこの高さからガラス窓なしに撮れるはここの泊まって大正解だった。
高層マンションの住むってのはこういうことなのかと、プチ実感でもあった。

夜の京都の街も撮りたいと思い三脚も持って行ったけれど、結局は朝早く起きて夕方暗くなるまで撮り歩きで、宿に帰るとヘトヘト、そこから
カメラと重い三脚を担いで歩いて四条河原町まで歩くのは「今日は疲れたので明日だな。」と、そのパターンで結局は持って歩かなかった。
その間三脚は部屋に立てぱなし、物掛けになったり、干し物を掛けたりで本来の役割はしてなかった。それでもベランダに出て早朝、夜、
そして夜中と撮影をした。これだって京都の街の夜景よりも貴重なのではビルの上か東山方面を俯瞰した。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
みーま
京都の夜景、いいですね!

こんな素敵な夜景だったのか…と。4年もいたのに、暑くて眠れない夜、何やら悪い夢ばかりでうなされたりすることはよくあったのになぁ、とこれまた勿体無いことだったなぁ〜と。それにしても、ライトで浮かび上がった三重の塔は格別な感があります…。この造形から感じられるなんとも知れない郷愁なのか愛着なのか、上手く表現出来ませんが、いつまでも見ていたいような気がしてくるのは私だけなのでしょうか…。訳もなくまた、魅入ってしまいました、素敵な写真、いつもありがとうございます😊

  • 2020/05/27 (Wed) 21:18
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: みーまさん こんばんは

この夜景は特別ですね、高い所かの風景なので見れる場所は限定的。
予約を入れてどの部屋になるかわらなかったですが、ついて部屋に入るとびっくり
「ここかよ~(^^)/ヤッタネ」でした。そして眺めたら「あれ、あそこは、あっちのあれは」と有名神社仏閣
部屋から京都駅、京都タワーも見え、本当に本当に満足でしたが、朝、昼、夜とその京都風景までも見えました。
もっとも昼はいませんでしたが。
そんな昼間よりも、深夜の清水寺が見える、東山の霊山観音、八坂の塔まで見える。

ともかくカメラで撮ったのは記録でしかすぎません、部屋にいながら有名観光地が見える、
それもテレビを見てCMの合間、風呂があり、朝起きて歯を磨きながらと生というか臨場感の風景
観光であり、観光ではない京都味わいにも満足でした、、、、でも4年住んでいた方がぜったいに良い思いますよ。

  • 2020/05/27 (Wed) 23:41
  • REPLY