FC2ブログ

◇ やっぱり本堂裏(龍王殿)でも、、、、

犬山にゃん太郎

龍王殿(左側)

ここでも龍王殿周りの浜縁(はまえん)へと上がれないのような大きな賽銭箱、その向こうのガラス窓に本殿の屋根が写る。

龍王殿の彫り物

やっぱり本堂裏(龍王殿)でも、もったいぶりのブラブラ撮り、龍王殿の彫り物だって何度も見ているはずなのに、獅子はたてがみ、牙のある象まで
たてがみにこんなだったかと記憶がなし。頭の悪い脳みそに感謝、記憶力が良かったら何度も同じ所を訪れないかも、記憶が悪いゆえの感動満載(笑)

龍王殿狛犬

狛犬に角?たてがみのデフォルメ?どっちにしろ撫でてしまう頭のデッパリ、そして肉付きがいい。

鶴岡市善宝寺龍王殿

それゆえにか、頭のデカさに、獅子舞の「獅子頭」がこれかと、思えてくる。

龍王殿の本殿

龍王殿の浜縁まわりの高欄は昔は朱色してんだろうかと、時に写真を撮りにあちこち訪れると「もっと早く来てたら。」感じることが何度もある。

石垣

日当たりの悪い龍王殿まわりは例年だと、この頃なら雪が残っているのだが、今年は山形県鶴岡でも雪が少なかったということだろう。

寺紋

龍王殿の寺紋の彫刻のあるガラス窓に写る本殿の屋根。

かなり多めにあった写真ストックも、徐々に底が見えてきた。
「7都県緊急事態宣言」が出る日本、世界でも大変な状況なのだからそれもしょうがない。
最近は、撮って撮れないこともないけれど、「こんな時に撮ってていいのだろうか?」と気持ちは萌えずで、枚数はいつもよりもぐっと減ってくると
云うものである。
たぶんでも、その先はボツ的未投稿、過去の再編集を行えば、数か月は大丈夫なので、当面は年中無休予定。
※現在は山形県鶴岡編は、まだまだ移動の自由のあった時期、山形県の感染者もゼロだった時に撮ったもの。



どうか皆さんも お気をつけ、お大事に。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.