FC2ブログ

◇ ストック整理 藤塚浜あたり

犬山にゃん太郎

落堀川河口の堤防

落堀川にある堤防

堤防錆びたなにか?

錆びた鉄の塊は、ボラードなかそれとも灯台だったのか、四角は堤防補強の支柱なのかなんなのかわからないが、釣りをしてた頃に
外道のフグが釣れると、頭にきてこの水たまりに入れる人がいた、私はその人がいなくなるとフグを逃がした口であるが、竜宮城の招待は未だない。

堤防から海景



藤塚浜の風力発電

漂流物の多い今年、ここは海水浴場ではないのでこれらは果たして清掃回収されるかどうかわからない、ただこの風景は歴史の繰り返し。

浜辺へ

浜辺の、自分はこんな「この先に海。」の雰囲気が好きである。

海抜12.5m

藤塚浜の集落を歩く、海辺から400mのこの辺り一帯は砂丘地で緩やかな坂道が藤塚浜集落を通る、海抜12.5m。
海辺から歩いてきて坂道もあるいているだけど、「12mも登ったのか」と改めてあちこちの消火栓に書かれた数字を見て歩いた。
焼杉板の建物

藤塚浜地区にある酒造場の焼杉板の蔵のような建物、3階建て見上げるような建物は藤塚浜地区集落からしたら大きく威厳を感じさせる。

藤塚浜の酒造場

酒造場、以前はここ柵がありその柵には酒造会社の「ふじの井」の看板があった、看板越しの建物、板塀と奥に大きな欅がありお気に入りだったが
その柵がなくなり、大きな欅もなくなり、さっぱりした風景になっていた。

酒造場脇の坂道

酒造場脇の海辺へと坂道

海辺へと通じる坂道

坂道を下っていくと国道を横切り、藤塚浜の大きな駐車場にでる。

藤塚浜の不法投棄物

藤塚浜大駐車場前の不法投棄物、冬は草木が枯れて見通しが視界が開けるので丸見えだが夏になれば雑草で見えなくなる、投棄したのは
その季節か、「SUNTORY 生 BEER」の文字が投棄された古さがわかる。


藤塚浜の廃墟

その投棄物脇の廃墟、果たしてなんだったのか、海辺なので売店、机から何かの事務所、連絡所だったのか。

廃墟内部



藤塚浜のシャワー設備

藤塚浜海水浴場のシャワー設備

紫雲寺記念オートキャンプ場

冬場閉園中の「紫雲寺記念オートキャンプ場」

オートキャンプ場から海風景

紫雲寺記念オートキャンプ場のベンチ

藤塚浜海の家から

海の家にある水たまりの風景がオフシーズンを感じさせる。

冬閉店中の海の家

オフシーズンの藤塚浜海水浴場閉店中の海の家。

落堀川の土手

松塚漁港のある落堀川土手の風景からも、春はすぐそこだった。

松塚漁港漁師小屋

藤塚浜、同地区にある松塚漁港の落堀川ほとりにある船小屋、以前はこんな光景がずらりと並んでいた。
時に猫がいたりしてお気に入りの場所だったけど、現在は漁港整備で川にあった船小屋は海辺に出来た漁港へ移転でかなり消えた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.