FC2ブログ

◇ 斜日

犬山にゃん太郎

斜日



斜陽

土手を車が走っていた、これは撮らねばと車を停めてカメラを向けると、土手は思うように車が通らず、しばし通過を待った。

阿賀野川土手

いざ通過すると、”この車じゃないなあ。”と通過する車の影を見ながら見送ったりしていると、それなりの時間私はカメラを持って立っていた。
最初に見えた時に大型トラックで、傾く光が運転席越しに通過するのが見え、「これは!」だったが、その後待ったが通らなかった。

土手と斜陽

待っている間、車は道路脇駐車したが、それをよけるように通る車の運転手は”何をしんるんだろう?”というような体(てい)に見えた。
撮っている自分も、「この場所で、こうやってカメラを向けているのは、人類史上初なのでは。」と思いながら、大型トラックが通過するのを
待ったが来なかった。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.