FC2ブログ

◇ ストック整理 冬空そぞろ歩き

犬山にゃん太郎

しょうこん坂

新潟市中央区旭町しょうこん坂、招魂社跡地に残る坂道、招魂社は戊辰戦争なのでの戦死者を祀った社、新潟護国神社に移り坂だけが残る。
曇った日が続く、青空が欲しいが雪がないだけでもありがたい、こうやって街を歩きまわれるもだもの。

赤い扉の店

上古町通の赤い扉、撮っていても内部は頭部怪しくなってきたオヤジには縁のない若向きヘアーのお店。

中華店ディスプレイ

メニューを字で書かれているよりビジュアルなら「こういうのかあ。」と食欲ともに納得する。子供頃に旧大和デパート食堂前に商品サンプル風景を
思い出す、毎回色々と眺めながらも選ぶのは「お子様ランチ」だった。ちなみに東京河童橋には食品サンプル屋さんが並ぶ。

不思議の国のアリスの店

ショーウインドーのお人形、僕にとって古町通のアイドル「アリス」なんだけど、いつも目線を合わせてくれない。

権現小路

古町通の裏路地。ポスターが貼られたぶん演歌なんだろうと、申し訳ないが演歌が流れると僕は耳を閉ざすタイプなのでカラオケは地獄である。

権現小路の奥

古町通の裏の裏路地。
法音寺小路

赤い扉並ぶ裏路地。

法音寺小路

東堀通から法音寺小路へ。

白山神社

白山神社のハートの絵馬、昔は絵馬はひとつ(毎年干支で変わるが一種類)だったような、今はお願い別に分かれているようである。
神様だって整理が殺到する願掛けも整理がつくってもんだ。

白山神社一の鳥居辺り

これも時代、神社での禁止事項はせいぜい「動物引き入れ」と「エサやり」くらい、「オンラインゲーム」は神社へは参拝よりもゲームが目的、
そう考えると、スナップ撮影にやってくる僕にとっては似たようなものかと、そのたびにしっかり参拝はしている。

古町通3超願寺小路

古町通3の超願寺小路、この先を行くと東堀通を横切ると寺町通、その超願寺へ出る。

新津屋小路

本町の人情横丁にある果物屋

西堀通9

西堀通八、曜日、時間帯によるのだろうが通行量が疎ら。若い時分のナンバ通だった。

勝楽寺から広小路、真宗寺

勝楽寺境内の黄色い花咲く。

村松浜

村松浜、遠くに聖篭町の火力発電所の煙突、石油備蓄タンク、その向こうの山が弥彦山、角田山、右側が新潟市日航ビル、ネクスト21

阿賀野川土手左岸

阿賀野川土手と弥彦山、土手を走る車からの透過光を狙ったが、それを狙うには太陽の角度はまだまだ高かった。

会津美里町根岸駅

会津美里町JR只見線「根岸駅」

只見線根岸駅

やっぱりこの駅は、ススキの風景が似合う、向こうから列車がやって来たら思うだけど、ローカル線は思うように来るほど本数はない。
撮るなら、しっかり時間を確認してから、そういう時って待つ時間がなげ~んだよな。

根岸駅の駐輪場

根岸駅の駐輪場、たぶん平日ならもっと自転車の台数が停まっているのかも。

JR只見線根岸駅

権現小路

駅を撮り始めた頃、のんびり感に無人駅っていいなあと目覚めると共に、「えー!?トイレはないの?」と、ホームのはじっこで会津盆地の風景を
眺めながら用を足した。

遠望白い煙と会津若松市

会津美里町雀林から会津若松市街風景。焼却場の白煙が無風快晴を意味する。

磐梯山と会津盆地

冬場になると青空、特に快晴の日は皆無に近い、それ故に快晴の空を撮りたくなってくるだが、改めて青空バックに撮ってみると物足りなさがある
白い雲でも浮いてくれたら感じた、快晴は気持ちを心地よくさせてくれるけれど、撮影にしっかり撮るものを決めないとダメなようである。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.