FC2ブログ

◇ トンビが舞う冬の海水浴場

犬山にゃん太郎

越前浜にトンビは舞う

ここ越前浜は、新潟県にあって「越前浜」の名称、遠いご先祖は越前の国から移り住んだことかららしい。
ここに来るといつもトンビが海風に乗って舞っている。あちこちの海辺を訪れるけれど海鳥のカモメではなく、トンビがいるっていうのは珍しい。

新潟市西蒲区越前浜

ここには「トンビに注意!」の看板はないけれど、上を見てしまう、時に数羽の群れが自分の上を飛んでいるの見てドキリすることもある。
頭のどこかで「トンビに注意!」があるからだろう。

越前浜

私は県内のあちこち海辺を訪れている、浜辺で遠浅の海は新潟(特に県北部)では珍しく、そこをあえて遠浅で砂浜の広いこの地に
定住したのは偶然ではないと思えてくる。

新潟市越前浜

ちなみに、ここから越前浜から北へ20数kmと「新潟砂丘」の地形となっていて、砂丘としては日本一らしいのだが、その上に集落、住宅、松林
そして農作物にチューリップ、スイカ、ダイコン植えられ見えている砂丘の面積は分かりにくいので、風景としての”砂丘”なら、やっぱり有名な鳥取砂丘になるのだろう。

越前浜と監視塔

そのトンビがいるからカモメがいないのか、生態系まではわからないけれど「トンビと海の関係」だと湘南の江ノ島を思い出す。
片瀬江ノ島から江ノ島まで長い弁天橋を歩いていると見た「トンビ注意!」看板を思い出す、言われてみれば空にはトンビの姿が多かった。
食べ物を持っていたりすると油揚げならぬさらわれるってことらしく、看板の文字とこと他大きいトンビを見て小心な私はビビった。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 8

There are no comments yet.
トマトの夢3

おはようございます

トンビ 珍しいですねー
人間の食べている物を奪うとか・・・
頭の上にいたら怖いですね^^:

砂丘に農作物が育つのですよね
鳥取砂丘で長芋を作られていて
先日送っていただきましたが
お味は畑の方が美味しいと思いました^^

  • 2020/01/21 (Tue) 10:06
  • REPLY
michael

こんにちは

沖に見えるのは佐渡島でしょうか、
画面から、北西の風で雲が流れ、海岸の草もなびいている
感じが覗えます、
トンビにとってはホバリングしやすい場所でしょうか、
夏は賑わう所でしょうね。

森カフェ

初めまして

鉛色の空と海。。。
冬の日本海のイメージが沸きます。
浜の様子  ナイス
今度は荒海と波の華なんか期待してもいいですか。

mee

犬山にゃん太郎さん、こんにちは。
海の砂浜も浸食されて狭くなっている地域が多い中、新潟県内でもこんなに砂浜があるところがあるのですね^^
砂丘としての「新潟砂丘」が日本一というのも初めて知り驚きました。
トンビも飛んでいるのですね。
海とトンビといったらやっぱり湘南ですね^^
湘南の海におにぎりを持ってよく行ってたのですが、ほんとトンビを気にして隠れて食べてました。
油断すると後ろからすごい勢いで取りにくるんですよ!
2度ほどパンを取られました...T_T
瞬間の衝撃も大きくて指先もジンジン痛かったです...
にゃん太郎さんもくれぐれもお気をつけください!

  • 2020/01/21 (Tue) 17:00
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: トマトの夢3さん こんばんは

普通は海辺に海鳥がいるんですが、あれも渡り鳥なので冬でいなかったのか、
トンビの存在が目立ちます、何度も訪れていてトンビの群れを見ているので
縄張りとして居ついているかのか、いずれ「トンビ注意」と看板が立つかもしれませんね。

新潟市近郊の地形は新潟砂丘が形成されているので、そこをなんとかと畑に
これが場所によっては勝手に北海道的風景だと思ってます。
砂丘地で長芋はこちらではあまり聞きません、スイカ、ダイコン、タバコ、
これらは水遣りに地下水汲んでスプリンクラーで撒いてますが、
時々車の窓ガラスを閉め忘れると ちょっとばかり大変なことになります(笑)
砂と土とでは栄養分が違う、栄養分の関係ない作物なら問題ないのかと、
そういう意味では栄養分は肥料でいいチューリップは富山県と新潟県はチューリップ生産量は多いですよね。

  • 2020/01/21 (Tue) 21:38
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: michaelさん こんばんは

お気に見えているのは佐渡ヶ島、この辺りが大きく見えます。
こんな大きく見える佐渡ヶ島も、天候により見えない時もあります。

この日の風は、冬なのに西風でした、砂浜の乾いた砂をその西風が飛ばしてました。
当然カメラにはヤバいですが、その風に乗ってトンビは飛んでました。
夏は来たことがありません、せっかく来るならカメラ!になるので
海水浴シーズンカメラを持ってブラブラして誤解されても面倒なので
海は人のいない冬ですかね(笑)

  • 2020/01/21 (Tue) 21:44
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: 森カフェさん こんばんは

初めまして、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、よくご存じで、
冬の日本海の空は鉛色、
青空が半日見れたら儲けものようなくらいお天気が悪く変わりやすい
新潟県内他県よりも圧倒的に長い海岸線です、その海岸をあちこち周ってますが
同じ新潟県でも北と南は元より場所により違うのでちょっと驚き時があります。
新潟の南部、「筒石」ここはお勧めです、新潟県は元より近県でも見ません。
それから「筒石駅」は地下駅でも有名です。

これからもよろしくお願いします。

  • 2020/01/21 (Tue) 21:49
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: meeさん こんばんは

新潟砂丘、昔はあちこちチューリップ畑があったような記憶があります。
それが今はダイコン、スイカ、ダイコンはそのまま収穫したら漬物に、
砂丘地で家が少ないのもあり漬物の工場が、あのタクワンの匂いはは強烈ですからねえ
赤塚あたりには臭いの問題も少ない、土地も安いので広い面積の工場が造れるので漬物工場が多いです。
広いと云っても、敷地は漬物樽だらけ。

湘南の海の「トンビ注意」は驚きでして、海はカモメだろうでしたが
トンビ?と不思議に思うまでもなく、上空を見て即納得でした。
普通はトンビはただ飛んでいるだけなんですが、江ノ島では トンビに油揚げ状態は驚きでした。
そのイメージがあるためか、浜辺にトンビは、その江ノ島を思い出してしますね。
食べているものを狙うってことないようですが、一応は猛禽類ですからねえ。

鎌倉、湘南に観光に行って、神社仏閣、小町通よりも、
トンビに襲われた思い出が一番ではちょっと切ないですね(笑)

しかし、トンビの襲来経験とは驚きです、
僕なんかよりも 綺麗な meeさんお手 お気をつけください。

  • 2020/01/21 (Tue) 22:05
  • REPLY