FC2ブログ

◇ ころり三観音をまわる

犬山にゃん太郎

会津美里町「中田観音」山門

会津美里町 中田観音(弘安寺)

中田観音山門と参道

中田観音の仁王門にはたくさんのわらじ、大きなわらじがぶら下がる。

中田観音

あの野口英世も母親と並んで参拝の写真がある。JR磐越西線の猪苗代町にある「翁島駅」にその野口英世が凱旋帰省し降りた駅とある、
ということはここ中田観音へは磐越西線「翁島駅」⇒「会津若松」JR只見線乗り換え⇒「根岸駅」に降りたのだろうか想像する、

中田観音参道

それら駅を全部まわった自分が嬉しくなってくる。私的にはお気に入り会津美里町雀林が近いのでそこそこに寄る。

中田観音本堂

一度山門横に駐車したら脱輪した、”参拝に来て脱輪?!”とんでないことのように思え、参ったなあと脱輪具合を見ているとあれよあれよ
参拝者のオジサンたちが車を押してくれて脱出、この「ヘルプ」が妙にありがたかった、これも観音様のご加護。

大黒さん、えびすさん

個人的には、昔から福島の人は良い人の印象がある、あちこち訪れても温かく対応してくれる、ただ蕎麦に関しては、「水でそのまま食え」、
「箸の替りのネギで食え」とか、こうやって食べたらウマいよってことなのだろうが、その辺は私はどうも同意しかねる、どう食おうが好きじゃん。

会津坂下町「立木観音」山門

会津坂下町 立木観音(恵隆寺) 新潟から会津に入口ってこともあり、また桜が綺麗なので訪れている回数は他よりも多い。

山門と参道

ここでも山門にわらじ。私の周辺(新潟県)に、山門にわらじをぶら下げているお寺は見たことがない。

参道



立木観音本堂

茅葺屋根の本堂には8,5mの木造の立木千手観音安置。お堂の周囲には十二支の干支に合わせてご本尊を祀れている。

西会津町「鳥追観音」

西会津町 鳥追観音(如法寺) この時到着時にはすっかり山陰に入っていた。

鳥追観音山門

ここでもわらじ、この仁王門のような仁王さんの場所がひとつ引っ込んでいてその前に板場というのも、新潟では見ない。
雨降っても、雪が降っても中まで吹き込まないようになのか、雨でも雪でも安心の山門の造りに優しさも感じてくる。

参道と本堂



鳥追観音

本堂の中には抱きつき柱がある、ここを知った当時は「なんだそれは?」と不思議にも思えた抱きつき柱に、今では疑問もなく抱きつく。
ちなみにコロリ三観音には皆ある。

鳥追観音本堂

会津地方には「ころり三観音」がある、三カ所の観音様を参拝して拝めば、歳がいっても患っても寝込んで長患いすることなく、人様に迷惑を
かける事もなく「ころり」といく、いわば「ぽっくりと死ねる」と安楽往生すると言われている、10数年前までまったくしらなかった。

親に「連れってくれ。」言われ存在を知り、それ以降連れて行くことは何度もあるが、一度に3ヵ所まわることがなった。
その一度に3カ所まわるについて私はちょっと深く考えてしまった、「自分の親は個別にまわっているのに、それより若い自分が3ヵ所
一度にまわる」、そして「そんな親でもしてないのに自分は欲深いのか」と思いつつ、そして最後によく考えると「オレもそんな歳になったのか」と、
ちょっとばかり複雑な心境でもあった。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.