FC2ブログ

◇ 「会津日和」とお気に入りのお寺にて

犬山にゃん太郎

法用寺狛犬と本堂

ここ雀林の法用寺では、参拝した証なのか、名前を書いた紙を朱色の壁に貼るようである、しかし剥がれ後が汚いのでか「こちらへ」って
具合にボードがある、いつもそれを見るたび僕はまた「忘れた~。」と思うだけど。

雀林天台宗法用寺本堂

貼られた紙には参詣した団体名と参拝者名があるので、僕の場合は1名なので貼っても「この人ひとりだよ。」なんて後でつぶやかれるもなあの
仕方もないかの「忘れた~」である。

本堂と池

季節、年代わるなので剥がされたベンガラの板壁が痛々しく感じる、無人のお寺ってもあるのかもしれないが、我が新潟県あちこち寺を

ベンガラ色の本堂

周っているけれどこんな光景は見たことがない、無人でいても参拝して貼り紙を張るくらいここのお寺は霊験あらたかなのだろうか思う。

三重塔から法用寺本堂



会津美里雀林法用寺

本堂裏の意加美神社からの境内と三重塔、そして会津盆地風景。
この風景に僕は「会津日和だな。」と天気の変わりすいのに雲ひとつも顔を出すことなく、ずっとこの日は青空だった。
カメラを始めてからたまたまここを知った、”いい所だなあ。”の発見もその時は時間がなく下見ちらみ程度の滞在時間だったので再びの
訪問が冬の晴れ間、こんなお天気だった。ずっと青空は続きその日も「会津日和」、でもそれも新潟同様に冬の晴天は長続きしないが、
時々そんな日が必ずあるのだと、カメラを持つように改めて「あるんだなあ。」とわかった。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.