FC2ブログ

◇ 五ケ浜ワンダーランドを歩く

犬山にゃん太郎

五ケ浜の柿の木

はじめは少し集落に入ったら引き返すつもりが、僕にとってはそこはワンダーランドだった、柿の木までもどこか感動気味になった。

蔵のある裏通り

引き返すつもりが想定外の奥へ進むと通りに出たものだから、僕は嬉しさ2倍になって”戻れなくなった、先だ先~。”と足が出た。

五ケ浜の裏通り

こんな所に、ってここの人たちに失礼に聞こえるかもだが、そうではなく石垣の風景に、僕の嬉しさも3段積みになった。

五ケ浜の紅葉

「紅葉まであったぜ。」、蔵に紅葉まで、ただし個人の庭、、観光地でもなく車の通りもない、見る人もいない独占的風景に「もったいない!」だった。

気になる石段

もったいないの紅葉と蔵に「う~ん。」とうなりながらまた石段発見、石段の上は人様の敷地のようだった、行けないのか、残念 (@_@。

ワンダーランドの通り



またも石段

またも石段、さっきお預けくらっただけに、通りの先へと進むよりも「ここは上ってみるしかないな。」だった。

石段



石段を上がれば

石段を上ると畑の出た。すぐそこが海辺だなんて思えないような光景だった。むしろ「熊出没」の看板がありそうだったが、ここではそれも見なかった。
普通なら害獣除けにネットとか、ありそうな畑の風景にそれらはなく、熊も猿もここでないって事なのだとビビりの僕は安心して五ケ浜ワンダーランド三昧した。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.