FC2ブログ

◇ なんとなく白い風景

犬山にゃん太郎

越路丸



信濃川の越路丸



アヴェニューブレストン

結婚式場、祭日だというのに鉄門は閉まっていた。お天気はまあまあ良いのに結婚式で使われていないのはもったいなとあと、
鉄門越しで眺めていた。家に帰って調べたら仏滅だった。

上大川前通10

秋であり、太陽の角度が低くなったのはわかるのだけど、”昼下がり”と聞いて何だか怪しげに萌え~って気分なのに、1時半で太陽はこの角度、
光も弱々しい、暑さでクラクラするくらい真夏に歩いたのを思い出した、光が弱いよりも強力がいい。太陽にスッポン精力剤でも飲ませたかった。

上大川前通11

ここの郵便局ある上大川前通は誰も歩いてなかった、ひ弱な光でもそれが差す郵便局の光景に目を引いた。「いいねえ。」とシャッターを
切りながら、一応は金融機関、誰も歩いていなかった所でカメラを向けるオレて怪しくないだろうかと思った。事件があれば真っ先に僕が浮かぶ。

萬代橋の東詰め階段

萬代橋東詰めの階段、真ん中自転車用なのだろうが、僕はいつも階段と斜路があると、アキレス腱を伸ばすようにいつも斜路を歩く。

同じ晴れでも、夏場のそれと違ってきた、昼なのに太陽の位置は夕方のような角度にいる、「今時期ってこんな角度が低かったか?」
ひょっとして今年は違うんじゃないだろうかと、SFのような事を考え人に聞いても光の弱さまで気にしていなかった。
「そうか、そうだ。」僕自身もカメラを始める前は光の強弱なんて気にしたことがなかった。

ともかく冬場に向けて太陽光が弱くなってきて、また冬の鉛色空の日々が続くのかと思ったら、明るい風景を撮っていた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.