FC2ブログ

◇ 「駅」、、、、県境の駅「大白川」駅の「雪」。

犬山にゃん太郎

JR只見線「大白川」駅

JR只見線「大白川駅」、この先只見へは雪多い山を走る。「この先は雪、注意せよ。」のホーム電柱の雪マークなのだろうか?
この時はまだ雪には程遠い秋、放置されっぱなしのような「雪」の予告標識に無人駅を感じた。

JR只見線「大白川」駅の島式ホーム

前回訪れた時は上り列車が停まっていたので、何もないホームもローカルの山岳線の駅として絵になっていた。
列車がいないとその風景は物足りなくなる。

破間川と大白川駅ホーム



ステージのようなホーム

階段を上がると平らな広いスペースは長いステージ、お立ち台のようで、ただこのままだともったいないような舞台(ホーム)でもあった。

改札口前とホーム

改札口から出て構内踏切を渡りホームへと行くのは時々見かけるけれど、改札口から出てホーム見下ろすような感じはあまりない、
何もない物足りないようなホームもここからだと「なんか良いんじゃね。」と思えてくる。

改札口前

駅名標の隣駅の「只見」の部分はシール修正、反対側の「入広瀬」の部分もシール修正とここ大白川駅を挟んで2駅が閉鎖された。

「大白川」駅ホーム風景

そんな前後の駅がなくなった新潟県境の駅のホーム風景、ちなみに新潟県の県境の駅は9つある。

破間川とホーム

当たり前に利用者がいないからなのだろう、ここは小出から只見、会津へ抜ける国道252線脇にもあり、トイレ、食事、休憩がてら
車、バイクが停まっていた。

只見線「大白川」駅

そして、ここでも建物の屋上にフェンス、新潟県下越地方で見られないけどたぶん屋根に積もった雪が風などで飛ばない、落ちないよう危険防止の
フェンスなんだろう

旧柿ノ木駅跡

前回駅撮りで只見線を訪れた時には臨時駅として「柿の木駅」があった、短いホームと小屋のような待合室があったのだが、この度も
撮っていくかと車を走らせるが「このあたりではなかった?」と眺めながらどこにも見当たらず、おかしいなあと引き返していると、「柿の木」踏切が
あるってことはこの辺りかと眺めるもすっかり草ぼうぼう状態でまったくどこだかわからなくなっていた。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
michael

はじめまして

連日、拝見しております、
鉄道のある地方の町の写真が好きなのですが、本当に行ってみたいと思う風景がいっぱいです。
大白川駅の場所はやや標高の高いところでしょうか、秋が深まった頃にこういう場所に行ってみたいです。

犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: michaelさん こんにちは

コメントありがとうございます、連日ご訪問ありがとうございます。

鉄道の駅周りは、無人駅だと訪れても時には物足りさを感じることがあります。
売店とか観光案内所など何かが併合されていると良いのですが
単なる無人駅だと余程の良い風景でないと物足りさながあるかもしれません。
僕の場合は、そこは数多くまわることで充実感を出してますが。

でも全く知られてない駅を訪れて「あ!!」と時分のツボハマると、それは大好きな駅になり
時には何度も訪れたくなります、
ここ大白川駅の2階は蕎麦や、駅を訪れて蕎麦を食べるのも良い思い出なるかもしれません。
ちなみに僕は食べたことがありません(^^ゞ

  • 2019/10/31 (Thu) 16:24
  • REPLY