FC2ブログ

◇ 丘陵の駅、、、、北越急行ほくほく線「魚沼丘陵駅」

犬山にゃん太郎

魚沼丘陵駅ホーム風景

新潟県湯沢、魚沼、上越地方を走る北越急行ほくほく線、この時魚沼の青空と米の収穫の頃。

北越急行ほくほく線魚沼丘陵

「魚沼丘陵」駅、初めて数年前にほくほく線を駅撮りでまわった時、新潟の田んぼ風景にモダンな建物の駅舎が「新潟県らしくないなあ。」と
感じた、そしてモダンで立派な駅なのに、それらがほぼ無人駅なのである。

魚沼丘陵駅の階段

ローカル線の無人駅でありながら、ハイテクで待合室入口上には電車の路線の通過状況(どの辺りを走っているか)がわかるよう案内板と
その脇にはしっかり時計がある、それは電車通過の様子を見ながら隣の時計とで待ち時間が「目に見えるように」なっている。

ちょっと狭い感じの待合室

どこかでも書いたが、新潟県の無人駅(JR)には時計がない駅が多いこともあって、ほくほく線のこの設置設備に僕は実に「いいなあ。」と
滅多に鉄道を利用しない僕でも羨ましくもなってくる。

ほくほく線の改札口

ほくほく線の駅改札口特有の西部劇的なスイングドア、何度も言うけれどこれが重からず、軽からず実に絶妙な開閉具合なのである。

魚沼丘陵ホーム景

ほくほく線のほとんど駅は橋上駅のため、当然ホームから俯瞰になる、その景色は、新潟県内では上位の沿線だ思う。

六日町方面風景

六日町方面(魚沼盆地)風景、単線だけど六日町からJR線乗り入れで複線になる。

下り十日町方面

十日町方面、ここから山を抜けていくのでトンネルが多く、ここ魚沼丘陵駅を出るとすぐにトンネルに入りそのまま、次は地下駅の「美佐島駅」。

駅舎の八海山

魚沼丘陵駅ホームの風景と八海山。ほくほく線沿線の駅舎の形はそれぞれ違うが、ホームの屋根の形はこのパターン。

改札口

風景は良いくらい高さのある橋上駅で、改札口に扉もないので冬場雪が降ったらどうなるのだろうかと気になってくる。
JRの駅なら改札口前には戸があるし、除雪機だってあるのだが、この形式の良い駅では除雪はどうするのだろうかと、気になった。

熊事件

この日、JR上越線ガーラ湯沢駅前から良い景色だなあと撮った風景。
25日上越線で動物の接触事故で水上-長岡間が運行の遅延などのダイアの乱れとのニュースに、この前駅撮りで行ったがどの辺りかと観ていると
どうも良い風景だあと撮影した辺りらしかった、ちょうど鉄塔先当りで熊の親子3匹と接触事故。
詳しくは 新潟日報ニュース
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.