FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 山形・情景  

◇ 駅の階段で「1」か、「2」かと、人生の選択のように迷う。そして「きらきらうえつ」

JR羽越本線砂越駅ホーム

山形県酒田市、JR羽越本線「砂越駅」ホーム風景、奥に見えている山は鳥海山。

砂越駅連絡橋階段

待合室から跨線橋の階段をを上がり島式ホームへ降りるが、僕にはここで迷いが生じた、それは「1」か「2」か、どっちれでもホームへ
出れるのだけど、1か2か、右か左か、それは人生のこれから進む道の選択のように悩みながら階段降りるが決まらず、窓から写真撮ったりして

砂越駅の二つの跨線橋

時間を稼いで間をおいたけど、結局は明確にこっちというのが決められず、何となく出たは右から出た。

跨線橋

駅はあたらしくなっているけれど、ホームとそして跨線橋は年季もの、昔あちこちで見たこのタイプが見なくなてきた。

ホームに咲く白い彼岸花

この時季節はまだお彼岸まで早かったのもあって、ホームに咲く白り彼岸花に「早いんじゃね?」とつぶやいた。

羽越本線砂越駅

駅はまあまあ新しい、平成の駅だけど二つの跨線橋は昭和だろう。

二つの跨線橋

線路横断用の跨線橋と駅の跨線橋の二つ、今の時代は橋上駅駅が増えてきて、ついでにその横断用と駅利用者の通路を駅の中を通す
パターンが増えてきたので、こんな昭和の跨線橋風景には嬉しくなってるくる。

砂越



「きらきらうえつ」

「砂越駅」を目指し移動中に「小牧踏切」でひっかかる、停車すると自分の車の後ろに車がいないのもあり、誰にも迷惑もかけることもないなと
踏切が上がるまで写真でも撮るかと構えていたらやって来たのは新潟⇔秋田間を運行の「きらきらうえつ」だった。

「きらきらうえつ」通過中

この車体は実は僕はあまり好きではない、どことなく派手ハデすぎて落ち着かない。なのでその時は「なんだ、きらきらうえつかあ。」と
残念感ありでシャッター数枚切ったが、偶然その後で「きらきらうえつ」が9月で定期運行が終わるのだと聞いてた。

羽越本線小牧踏切

あんまり好きではないといえ、踏切にひっかかり偶然その時撮ったのが「きらきらうえつ」のだが、好きではない「きらきらうえつ」の撮影も
ラッキーだったように思えてきた。実際はこの時撮ったのが、僕には「きらきらうえつ」の最後の見納め、撮り納めとなった。

羽越本線きらきらうえつ

以前にもこの辺りの駅を撮ってると、羽越本線を走る「特急いなほ」が、もうじきラストランだと、教えてくれた人はだから撮っていると、
やや興奮気味に僕に説明してくれのを思い出した。
その時は「特急いはほ」、今回は「きらきらうえつ」、偶然なのだろうが、2度あることは3度ある、今度またこの辺り沿線を撮りに来ると
あの列車が”もうじき運行終わり”とかがあるかもしれない、、、、実際にはキハ40系があやしい。
関連記事

Newer Entry◇ 「山形県の駅」 JR羽越本線「吹浦駅(ふくら)」

Older Entry◇ 「夏空のある駅」、、、JR磐越西線「新関駅」

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >