FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、 ど~こかでえ~♪ 只見線「上条駅」

JR只見線上条駅

JR只見線「上条駅」。

只見線上条駅

駅の風景を目にして、何年振りかの駅はずなのに、”ついこの前”のようで長い時間が感じられなかった。

上条駅のホーム

今で段々なくなってきた枕木を使った柵の光景にも、「そうだった。」と何となく落ち着いてくる光景だった。

上条駅とホーム風景

色々な思いで駅舎に近づく、この日は暑い日だったのに、待合室は戸はみんなしまっていたので無人駅だなあと思いながら引き戸を開けようと
中をのぞくと男性が一人いた。人がいたのと、暑くないのか、そしてこの人は本数の少ない只見線なのでどれだけ待っているのだろうと思った。

シマシマポールは、雪とかの

バツが悪いようで僕は頭を下げて、待合室を撮ると直ぐに出た、やっぱり暑くても戸を閉めた。
仕方ないのでホームへと、このシマシマなポールはなんだろう、他の駅では見たことがない、豪雪地帯でもあるので雪に関係があるのだろうか。

上条駅ホーム風景



上条駅

どうも気になる、「暑くないのか?」と何度も駅の待合室眺めては中の男性のこと思った、この日は僕は汗を拭きふき、途中でそのタオルハンカチを
何度も汗を拭いていたので洗ったくらいの日である。

上条駅出入り口

駅の境界線が、どこだかわからないが、改札口もない駅のホームだという境界線もないこんな光景に開放感のようなものを感じつつ
僕はまた、子供頃にどこの駅なのか記憶にはないけれど、懐かしさを思い出すような雰囲気でもあった。

駅出入り口



国道脇のソバ畑

上条駅への途中に見つけた、ソバ畑。ガードレールがあるのは国道のすぐ脇、あえてガードレールを入れて道路脇感を出したかった。

僕は年がバレそうだけど、「上条」というと反応的に思い出すのが、この曲。
そして市川崑監督演出の中村敦夫 ストップ & ゴー シーンが実にカッコイイだなあ。 

関連記事

Newer Entry◇ 「夏空のある駅」、、、JR磐越西線「新関駅」

Older Entry◇ 「駅、Station」、ここは撮りたかったふたたびの「入広瀬駅」

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >