FC2ブログ

◇ 「駅」、県境の駅「土樽駅」

犬山にゃん太郎

JR土樽駅

新潟県と群馬県の県境の駅、JR上越線「土樽駅(つちたる)」、今回は2度目、山の何もないような駅だから誰でもいないだろうと訪れると、
人がいた。前回も県境の駅見物もあるのかだけど、谷川岳があるので登山者の姿もあった。しかし、どういう訳かたまたまか、男ばかりだった。

JR上越線土樽駅

JRの車が止まっているのは、この日あちこち駅でJRの職員が電車通過時間を調べていた、車がこのSUVタイプなのは、豪雪地ってことか。

改札口からのホーム風景

改札口を出ると。

土樽駅跨線橋と上りホーム

土樽駅上りホーム、その先に見えているのが谷川岳だけ山々、遮るように橋が見えているのは関越自動車道。

土樽駅跨線橋を渡る

サンルームのカラス張りのような跨線橋は、山陰になってるけれど比較的明るく気持ちがいい。

土樽駅下りホーム

跨線橋を渡り下り方面ホーム、実はここホームは2重になっていて、かつてのホームの内側に新しくホームを造り直した、上越新幹線通開通以前は
在来線の真ん中を駅通過用の線路があったが、新幹線開通で特急なくなり、その通過線路利用してホームが造られた。

土樽駅改札口

県境の駅であり、職員が駐在しているようだけど、こう見えて無人駅である。

土樽駅待合室

人は写ってはいないけれど、この時二人いた、一人は山、一人は僕と同じように駅が目的のようだったが、撮る訳でもなく眺めるだけ。
僕もカメラが趣味なて撮るようになったけど、その昔はあんなように「へえ、こんななんてんのかあ。」と眺めるだけった自分を思い出した。

下りホームと土樽駅ホーム景

無人駅ですぜ。

土樽駅

新潟県と群馬県を通る上越線、「土樽駅(つちたる)」は新潟県の県境駅、その次の駅が群馬県は「土合駅(どあい)」になる、通常は5km位、
せいぜい10kmも行けば次の駅へと着くのだけど 「土樽駅」と「土合駅」の場合、三国峠越えの国道を行けば70km、谷川岳の下を直線で走る
高速道路利用でも50km近くあるので、土樽駅まで来たらちょっと群馬県に1駅でも足を突っ込むようんい寄るかは、ちょっとばかり山々は高過ぎるのである。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.